ホーチミン ~Ho Chi Minh~

ホーチミンから見た日本/日本人

2014.05.21 Wed連載バックナンバー

 みなさん、こんにちは。ベトナムホーチミン市に赴任してちょうど1年が経ったSaigon太郎です。

 この記事を書いているのが4月12日ですが、桜が満開の中の入園・入学式や新学期といった光景が日本のあちらこちらで目にすることができたかと思います。ホーチミンの日本人学校では、ブーゲンビリアの咲き乱れる中で入学式・新学期を迎えることになります。

 ベトナム人は、日本の春の桜の風景や、富士山の風景がとても好きです。ショッピングモールや、地方のホテルなどに行くと、壁一面に日本のどこかの桜の景色の写真が貼られていたりします。

 また、日本の国民漫画「ドラえもん」は、ベトナムでも国民的な漫画として非常に人気があります。元々キムドン社というベトナムの出版社がドラえもんの海賊版を販売していましたが、小学館との交渉の結果、キムドン社が著作権費1,000万円程度を支払うことになったそうです。しかし、話を聞いた作者の故藤子・F・不二雄氏が著作権代の受け取りを拒否し、代わりにそのお金でベトナムの子供達のための教育基金を作るようお願いし、実際に基金が発足したそうです。皆さんが知っているドラえもんの愛と友情をテーマにしたその内容がベトナム人に受け入れられているだけではなく、その作者である日本人の子供に対する慈愛に満ちた対応がベトナム人に感動を与えている為、ここまでの人気漫画になっているのでしょう。

 さらに、昔のNHKドラマ「おしん」もベトナム人が好きなドラマの一つです。こうしたことに現れているように、風景や景色などの表面上のものから、漫画やドラマなど思考・情緒・文化に及ぶまで、日本はベトナム人を惹きつける“何か”を持っているように思います。

 さて、前段が長くなりましたが、大手日系ショッピングモールも進出し、日本ブームが益々加速するホーチミンから、”海外から見た日本・日本人”をお送りしたいと思っております。

 弊社のベトナム人のナショナルスタッフにいくつか日本及び日本の印象に関して質問してみました。その回答をご紹介したいと思っています。

 

質問(1):日本や日本人の一般的な印象は?… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter