2013.03.28 Thu

連載バックナンバー

 ドイツ・デュッセルドルフに在住のSHOです。3月末だというのにこちらは、まだ雪がちらつくことが珍しくありません!東京の春が恋しく思う今日この頃です。そんなホームシックになったときには、いつも日本食を食べて元気を出しています。笑

 デュッセルドルフはヨーロッパでも3番目に大きな日本人都市であり、私の働く通りには数々の日本食料理店が軒を連ねています。
 そんなこともあり、平日のランチタイムはスーツを着た日本人ビジネスマンを数多く見かけ、ドイツにいることを忘れてしまうことさえあります。
 また、休日になるとデュッセルドルフ近郊だけでなく、オランダからも足を延ばしてラーメン、お寿司といった日本食を食べに多くの家族連れがやってきます。アクセスも良いので、ドイツ国内外の日本人サッカー選手も食事や買い物をしによくデュッセルドルフに訪れているようです。

 肝心の日本食の味についてですが、多くのお店は日本人顧客をターゲットにした日本人が経営をしているので、日本で食べるものとほとんど遜色ないと思います。特に日本のランチで食べるような定食系は非常に美味しいです。しかも、ほとんどが8~10ユーロ程度と価格も他の都市に比べるとお手頃です。個人的におすすめなお店は串亭と日向です。串亭は日本料理居酒屋さんで、ランチもディナーもやっています。焼酎や日本酒等、日本のお酒が飲みたくなった時にはよくここに来ています。日向は寿司割烹料理屋さんで、新鮮な魚を使ったお寿司屋や海鮮料理を食べることが出来ます。個人的には、海鮮丼を食べによくランチに来ています。また、ちょっと贅沢をしたい時には、ホテルニッコー内にある弁慶という日本食レストランに行きます。ここでは、定番の日本食料理からシェフがカウンターで直接提供してくれる鉄板焼き料理まであります。誰かをおもてなしししたい時などには最適です。

 そんな日本食にはまったく不便をしないデュッセルドルフですが、日本食にも負けず劣らない美味しいドイツ料理を提供してくれるお店もたくさんあります。… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。