Bizコンパス

海外特派員リポート
2016.01.11

デュッセルドルフのビジネススタイル

デュッセルドルフ ~Dusseldorf~

 ドイツ・デュッセルドルフ在住の鍋焼きうどんです。コートがかかせず寒い日が続いています。今回は、デュッセルドルフにおけるビジネススタイルについて、レポートします。

 

ドイツ人の出勤

 ドイツ人の主な出勤方法は、車、自転車です。道路には自転車専用の道があり、その道を歩行者が歩いていると、たまに自転車利用者から注意されてしまいます。また、駅には基本的に改札がなく、チケットを購入せずとも電車に乗れてしまいます。

 ただ、たまに“チケットチェッカー”が乗車しており、チケットを購入していないことがわかると数十ユーロの罰金を払う必要があるようです。車で毎日1時間かけて出勤する方もおり、ケルン方面からの出勤者は渋滞に巻き込まれ出勤が遅れることもあるようです。

 出勤時間は朝7時半-8時半頃です。朝早くきて仕事を開始し残業をせずに定時で帰社するのがドイツ人の仕事の進め方です。

 

服装や仕事中の過ごし方

 営業職はスーツです。ドイツ人のネクタイは心なしか光沢のある無地のものが多いように感じます。外回りの必要が無い方々の服装はさまざまですが、落ち着いた印象を与える服装がほとんどです。この季節はあったかそうな服装が多いです。筆記具はボールペンの利用が多いです。

 シャープペンシルや鉛筆を利用している方はあまりみかけません。個人的に日本の文房具のほうが、品質がよいと感じるものがあります。ホチキスです。日本でよく利用する手のひらサイズのホチキスをあまりみかけることがありません。いつも会議資料を作成する際に日本からホチキスをもってくればよかったと小さく後悔します。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE