Bizコンパス

海外特派員リポート
2013.11.01

デュッセルドルフの交通事情

デュッセルドルフ ~Dusseldorf~

 ドイツ・デュッセルドルフ在住のキムです。

 ドイツは9月末から急に寒くなってきました。平均気温10度くらいの日々が続いています。街ゆく人たちはダウンジャケットとロングブーツ姿で、早くも冬を感じます。今年の冬は数百年の内一番寒い冬になるそうです。外で電車を待っていると車に乗っている人がうらやましいほど寒いです。

 さて、今回はドイツの交通事情についてレポートします。

 

鉄道

 ドイツの電車はとても便利です。大きな都市間を結ぶICE、ICが日本の新幹線のような役割を果たしています。ICE、ICが通り過ぎてしまう地方都市はIRE、RE、RBが走っています。そして比較的大きな都市ではS-Bahnがもっと細かい地域をカバーしています。その他地下鉄U-Bahnと地上を走るトラムなどが張り巡らされており、交通の便はとてもいいです。

 車内は他のヨーロッパの都市と比べてもきれいです。座席は2人ずつ2列に座るシートと4人が向き合って座るものが一般的です。もう一つ面白い点は、トラムとU-Bahn以外の車内にはごみ箱とトイレがついています。壁掛けの小さなごみ箱ですが1車両に5~6箱はあります。トイレも1つの列車に2か所は設置されています。
 切符は基本的に駅に設置してある券売機か、駅周辺のキオスクで買います。ほとんどの自動券売機はクレジットカードのみに対応しています。また、改札のようなものはなく切符を買って電車にそのまま乗ります。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE