2017.05.03 Wed

連載バックナンバー

 アメリカコロラド州デンバー在住のtayamaです。

 最近は昼になると摂氏20度越えの日も少しずつ増えてきました。暑さが本格的になる前の過ごしやすい気候に移行しつつあります。

 今回は、コロラド州でのお勧め観光プランについて、レポートします。

 

定番の観光スポット

 コロラド州において、デンバーからも行きやすく定番の観光スポットといえば、ロッキーマウンテン国立公園(Rocky Mountain National Park)です。ここは、デンバーから北西の方角に向かって車で約2時間ほどで行くことができます。国立公園にはTrail Ridge Roadという東西に横切る山岳道路があり、車を途中の景観スポットで止めて、美しい景色を眺めることもできます。頂上付近の、Alpine Visitor Centerを目指すパターンが人気です。

 Trail Ridge RoadとAlpine Visitor Centerは、冬季期間は閉鎖されてしまいますが、国立公園内の他のスポットであれば冬でも行けます。(ただしとても寒いです。)私はデンバーに住み始めた8月に行きましたが、ロッキー山脈の壮大な眺めや、さまざま野生の動植物を見ることができました。日本では味わえない大自然を満喫することができます。

 また、ロッキー山脈のふもとにあるEstes Parkという街中の散策も楽しいです。レストランや土産物屋が軒を連ねていて、国立公園を一通り楽しんだ後、戻って食事をするのもありだと思います。注意点としては、しっかり水分補給をしてください。

 デンバーは標高1マイル(約1.6キロメートル)のところにありますが、そこからさらに高いところに上っていきますので、人によっては具合が悪くなる可能性もあります。無理をせず、ほどほどにエンジョイすることが大事だと思います。ロッキーマウンテン国立公園で見るべき・やるべきことは沢山ありますが、日帰りでも十分楽しめますし、Estes Parkで一泊してのんびりと見てまわるのも良いかもしれません。

 気軽な観光スポットでは、デンバーのダウンタウンが挙げられます。私は普通に車でアパートからダウンタウンに向かいますが、デンバー地域交通局(RTD:Regional Transportation District)が運営するライトレールがありますのでそれに乗って向かうことも可能です。

 ダウンタウンに着いた後は、メイン通りにあたる16番ストリートモールと呼ばれるショッピング街を基点にすれば、迷うことなく近くの観光スポットをまわることができます。主な観光スポットとしては、デンバー自然科学博物館、デンバー美術館、コロラド州会議事堂、コロラドコンベンションセンターなどがあります。

 私はいずれの場所にも行きましたが、個人的には、デンバー自然科学博物館が好みです。日本にも上野などに博物館はありますが、それよりもより贅沢にスペースを使って、広々と展示がされているイメージです。ここには、恐竜などの模型、動物のレプリカ、宇宙開発の3D映画など多様な展示があり、子供から大人まで楽しめる場所だと思います。知名度や規模の面で言えばワシントンD.Cのスミソニアン博物館などの方がはるかに上回ると思いますが、さほどの人ごみもなくのんびりと展示を見てまわれるので気に入っています。

 また、コロラドコンベンションセンターは、それ自体は大規模や会議、イベント、展示等が行われる場所ですが、建物の前に寄りかかる青い大きな熊が人目を引きます。この熊の由来等はよくわかりません(コロラドがテディベア発祥の地だから?)が、デンバーのアイコンとして、日本の観光ガイドのデンバーのページによく載っています。その他にはデンバーはアメリカの4大プロスポーツのチームがすべてありますので、フィールドに足を運んでスポーツ観戦も楽しいと思います。(アメリカンフットボール:デンバーブロンコス、野球:コロラド・ロッキーズ、バスケットボール:コロラドナゲッツ、アイスホッケー:コロラド・アバランチ)

 

個人的にお勧めのスポット

 ロッキーマウンテン国立公園やダウンタウンほど定番ではないものの、私が個人的にお勧めするスポットは、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。