デリー ~Delhi~

デリーのモバイル事情

2015.04.25 Sat連載バックナンバー

 ナマステ。インド デリー郊外の衛星都市グルガオン在住のたかです。

 日本は今年桜の開花が早かったと聞いておりますが、グルガオンでは、日中の気温が30度を超える日が続いています。これから40度を超える日も出てきて、デリーやグルガオンの生活は厳しい時期を迎えることになります。

 先日、ほぼ全てのインド国民が注目するイベントがありました。オーストラリアとニュージーランドの共催クリケットワールドカップ2015です。インドにはプロのクリケットリーグがあり、最も年俸の高い選手は数十億円と言われるほど。インドの経済規模を考えると熱狂ぶりがわかると思います。インドは準決勝で残念ながらオーストラリアに敗れましたが、試合が平日だったため、多くのインド人がそわそわしながら仕事をしていました。

 下の写真は、私の会社が入っているビルの食堂に特別に設置されたパブリックビューイングの様子です。インドのファインプレーで右側の人が拍手しているのがわかると思います。凄い熱気で盛り上がっていました。驚いたのは、開催地が南半球にもかかわらず、インドとオーストラリアの試合の観客7割はインドサポーターでした。オーストラリアは今回のワールドカップで優勝するほどの強豪国なのですが……インドのクリケット熱とオーストラリアにいる印喬の数の多さの凄さがわかると思います。

 もう一枚の写真はレストラン前にあったパネルで、パネルを回してインドが当たればピザ一枚無料、というもの。既にインドが負けた後だから、中途半端に壊れ寂しそうに置かれていました……。

 今回のテーマ「モバイル事情」について書きたいと思います。一言にインドの携帯事情と言っても奥が深いので今回はポイントを絞ってレポートしたいと思います。

 

通信エリア

 インド独特の携帯システムはインドを「サークル」と呼ばれるエリアに分割し、サークルごとに自社で通信インフラ(鉄塔、電波塔等)を持つ企業を制限されている点です。インドは国土が広いので1つのキャリアでインド全土を自社インフラでカバーしているわけではありません。

 つまり、サポートしていないサークルに入ると、ローミングされるのです。同じインドなのに隣の州に行くとローミングされ、電話の単価が異なる、なんてことがあります。

 

通信速度… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter