Bizコンパス

海外特派員リポート
2013.09.30

大連の食事情

大連 ~Dalian~

 中国、大連市に在住のKです。

 中国と言えば上海や北京が有名かと思いますが、今回は、大連とその食事情について、私から紹介したいと思います。
 まずは大連について。大連の場所は中国でもかなり北寄りです。

大連

  北朝鮮と北京の間の赤い丸の中が大連となっております。

 近くには旅順もあり、司馬遼太郎の有名な作品、「坂の上の雲」の舞台となっている所です。大連市内にも日本が建築した建物が並ぶ場所もあり、歴史的建造物の観光には最適です。また日本語を学習している現地の方も多く、日本語が通じる場所も多いです。
 気候はとても過ごしやすく、夏でも比較的涼しいため、中国内でも避暑地として観光にきている人々も多いです。近年では、大連市においても急速に街づくりが進み、大連市内をはじめ至る所に高層マンションや商業設備が作られています。

 それでは、大連での食事情に移りたいと思います。

 

日常の食事

小豆のお粥

 ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、中国では「お粥」が主食としてよく食べられています。朝昼晩特にこだわらず、日本人がご飯を食べるのと同じです。味は様々ですが、ここで一つのお粥を紹介します。

 右の写真は、小豆のお粥です。白玉団子も入っており、日本のお汁粉と似ております。甘い物が好きな方は絶対好きになる、中国特有のお粥です。

 また、中国では野菜や果物が安く手に入ります。レストランでも多いのが野菜炒めですが、多くの料理が辛いです…(笑)
 そのため、日本人が好きそうな中華料理をもう一つ紹介します。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE