2017.04.09 Sun

連載バックナンバー

 マレーシア、サイバージャヤ在住のHewです。

 こちらマレーシアは雨季を終えRedang島を代表とするビーチリゾートも解禁となり、未だ寒さが残る国々から暖かさを求める観光客のマレーシア訪問が最盛期を迎えています。

 近年日系企業のマレーシア進出が活発になる中、同国への赴任を意識なさる方も多いのではないでしょうか。そこでやはり心配なのが赴任先での健康。健康のためにはやはりスポーツは欠かせません!そこで今回は、スポーツ大好きHewが特に日系企業の進出が著しいサイバージャヤ周辺におけるスポーツ事情についてレポートしたいと思います。

 

マレーシアの国民的スポーツ バドミントン

 マレーシアで盛んなスポーツと言えば皆さんは何を思い浮かべるでしょうか。

 ここマレーシアでは実はバドミントンが非常に人気なんです!

 マレーシアは世界的に有名なバドミントンプレーヤーである李宗偉 (Lee Chong Wei) 選手を輩出しており、オリンピックでは彼をはじめとする多くのマレーシアの選手が表彰台を飾っています。小さい頃からバドミントンに慣れ親しんでいる方も非常に多く、昨年のリオデジャネイロオリンピックの際にはスポーツバーは常に満席、店の外からもテレビを覗き込む人がいるぐらい、国民に愛されているスポーツです。

 サイバージャヤにも屋内バドミントンコートがあり、会社終わりに汗を流している同僚を頻繁に見かけます。実は私も赴任してすぐ、同僚に誘われバドミントンに参加したのですが、未経験者であった私は歯も立たず、コテンパンにされた記憶があります。日本と比べても経験者が多いように感じられ、上達するにはこの上ない環境です。

 また、こちらではラケットの種類も豊富、かつ安価で購入することが出来るため、未経験者の方でも気軽に始めることができます。ぜひ一度同僚とのコミュニケーションも兼ねてチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

近年競技人口の増加がみられるボルダリング

 サイバージャヤにはボルダリング専用の巨大な施設があり、若者を中心に男女問わず果敢に挑戦しています。日本ではビルの一室のような比較的狭い空間で行われることが多いですが、マレーシアではロープを使い高くまで上るスタイルがメジャーです。この施設以外にも、ショッピングモール内に併設されていることも多々あります。

 自前でハーネス(命綱を付ける胴紐)やクライミングシューズなどを持ち込んで趣味として楽しんでいる方も多くいらっしゃいますが、施設でのレンタルも可能で、講師によるレッスンを用意している施設もあるため、初心者の方でも安心して始められますね。

 腕、肩だけでなく意外にも脚もよく使う全身スポーツです。クライミングウォールに併設されているトレーニングゾーンでは筋肉隆々のお兄さま方を目にすることも出来ます。赴任を機に肉体派サラリーマンを目指して見るのも良いかもしれません。

 

社会人定番のゴルフもマレーシアならお手軽に!… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

連載記事

Bizコンパス編集部 海外リポーター

Bizコンパス編集部 海外リポーター

世界各国で暮らす海外リポーターの最新生活事情をお伝えいたします。