Bizコンパス

海外特派員リポート
2015.06.22

バルセロナのお酒事情

バルセロナ ~Barcelona~

 Hola!!<オラ> (こんにちは!!) スペイン、バルセロナ在住のMikeです。

 スペインには毎年数えきれないほどのお祭りが開催されます。サン・ホセの火祭り、牛追い祭りなどは日本でも有名ではないでしょうか。6月にはこちらにいる日本人の方が主催で日本文化を紹介するためのお祭りもバルセロナで開催されます。お祭りで友人や家族と飲むお酒はまた格別ですよね。今回はバルセロナのお酒事情についてレポートしたいと思います。

 

お酒はどこで飲む?

  一番身近なお酒を飲む場所は、バルと呼ばれる酒場です。バルセロナには本当にたくさんのバルがあり、町を歩けば簡単に見つけることができます。そのほとんどは日本のスポーツバーのような機能も備えていて大画面のテレビが設置されています。FCバルセロナの試合がある時は、みんなでバルに行きビール片手に応援をします。

 バルセロナでは店内での喫煙が認められていないため、多くのバルには屋外のテラス席が設けられていて喫煙者はテラス席でお酒を飲みます。防犯の観点で屋外に自動販売機が設置されていないため、タバコの自動販売機もバルの中にあります。

 ワインなど少し高級なお酒を飲むときはレストランに行きます。バルほどではないですが、観光地だけあっておいしいレストランがたくさんあります。

 

スペイン人とお酒

 日本ではお酒は20歳から飲むことができますが、スペインではどうでしょうか。州によって微妙に法律が違いますが、なんと飲酒は16歳から可能です。ただし、お酒の購入は18歳から可能になります。年齢確認にはNIE(Número de Identidad de Extranjero)と呼ばれる身分証明書を提示します。

 日本と違い自分のペースで飲み続けるので、一度にたくさん飲むことは珍しいです。また、日本のように「飲み放題」という形式のお店がないことも一因だと思います。消費量はそれほど多くありませんが、体質的にはスペインの人はお酒に強いと思います。昼食を外で食べると午後からも仕事がありそうな人がワインやビールを飲んでいるのを目にすることが多いです。

 また、以前小さな床屋さんに行った時の話ですが、理容師さんがビールを飲みながらお客さんの髪を切っていました。私自身もビールを飲んでいる理容師さんに切ってもらったのですが、… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE