Bizコンパス

海外特派員リポート
2015.09.03

バルセロナのビジネスパーソンの1日

バルセロナ ~Barcelona~

 Hola!!<オラ> (こんにちは!!) スペイン、バルセロナ在住のSmithです。

 スペインでは例年に比べ、暑い日々が続いています。そんな中、バルセロナでは最大のお祭りであるメルセ祭がもう少しで開催されます。巨大人形のパレード、カタルーニャ伝統の“人間の塔”など人々はメルセ祭を楽しみにしながら、まだまだ続く夏を目一杯楽しんでいます。

 さて今回はそんなバルセロナからビジネスパーソンの一日について、レポートします。

 

朝食

 スペインは食事の時間が他の国々とは少し違います。一般的に14時~16時頃に昼食を食べ、20時~22時頃に夕食を食べます。これはシエスタ(13時~16時は昼休みで昼寝などをする)の文化が影響しており、シエスタ中に昼食を食べるため、必然的に夕食も遅くなったのです。

 朝食は日本等と同様、出勤前の7時~8時に取るのが一般的ですが、そうすると昼食までに時間があいてしまいます。そこでスペインでは11時頃にオフィスで第二の朝食を食べます。そこではサンドイッチやコーヒー等を食べている光景をよく目にします。

 

さまざまな出勤方法

 バルセロナでは公共交通機関が発達しており、メトロや鉄道、バスやトラムがありますが、日本のような満員電車になることは滅多にありません。時間帯によっては混んでいる線もありますが、頻繁に次の電車やバスが来るので、人が多ければ無理して乗らずに次の電車やバスを待つのが一般的です。会社にもよりますが、フレックスタイムを採用している会社が多いこともラッシュアワーが少ない一つの要因かもしれません。公共交通機関が発達していますが、車やバイク、自転車で通勤する人も非常に多いです。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE