Bizコンパス

海外特派員リポート
2014.12.11

バンガロールのおすすめ観光プラン

バンガロール ~Bangalore~

 インドのバンガロールに在住のSugi8です。

 インドといえば40度を超える灼熱地帯をイメージされる方も多いと思いますが、私の住むバンガロールは標高920メートルの高原にあるため、一年を通して快適な気候です。また、バンガロールはマイクロソフトやシスコといったグローバル企業の多くが大規模な拠点を構えていることから、市内には欧米系やアメリカ系の人々の姿も目立ちます。ある意味、「インドらしくない」地域といえるかもしれません。

 バンガロールは首都デリーのインディラ・ガンディー国際空港国から飛行機で2時間半~3時間弱で、ベンガルール国際航空へ到着します。日本からですと、直行便がないため、ニューデリーやムンバイなどで乗り継ぎが必要になります。

 今回は、インドにおけるおすすめ観光プラン(2泊3日)について、レポートします。

 インドの観光地といえば、北部にあるタージマハルが有名かも知れません。ただ、実は南部にも魅力的な寺院や遺産があり、多くの観光客を集めています。今回私が御紹介する「マイソール」も、そんなインドならではの魅力があふれる都市のひとつです。

 マイソールはバンガロールと同じカルナータカ州に位置する、人口80万人ほどの都市です。バンガロールから約150kmほどの距離(東京―宇都宮間と同じくらい)ですので、私はいつも車をチャーターして約4時間かけて向かいます。勿論、電車や長距離バスで行くことも可能ですが、インドでは公共移動手段におけるスリ等の軽犯罪が横行しているので、タクシー等を手配することをおすすめします。

 さまざまな観光名所があるマイソールですが、ここでは特に私がおすすめする2つの寺院を御紹介したいと思います。まず1つ目が、「マイソール宮殿」です。マイソールといえばこれ、というぐらい定番の観光名所であり、周辺には観光客をターゲットにした屋台やお土産屋さんが軒を連ねます。まずは典型的な観光地を、とお考えの方は1日目にマイソール宮殿を堪能するのもありかもしれませんね。こういった寺院は一般的に、夕方の4時か5時には閉まるため、お昼ごろに行くのが定石ですが、この宮殿を訪れるなら、昼ではなく夜がおすすめです。その理由は「ライトアップ」。週末限定、夜7時ころから宮殿全体が約5万個のライトによって金色に照らされます。

 2日目には、よりインドらしさを感じられる、地元の人が集まるような場所はいかがでしょうか。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

Bizコンパス編集部

Bizコンパス編集部

SHARE