Bizコンパス

IT戦略を語る
2019.07.02

金融をサービスとして再発明するゲームチェンジャー

株式会社Finatextホールディングス CEO 林良太 氏

 金融インフラをクラウドで提供する「BaaS」や、手数料ゼロの株取引アプリ「STREAM」を提供し、金融業界に波紋を起こし続けるFinatextホールディングスのCEO林良太氏がIT戦略を語る。

 

金融サービスのUXとフェアネスの問題を何とかしたい

――御社のミッション「金融をサービスとして再発明する」の意図を教えてください

 金融サービスを利用して「楽しかった」という体験ってあまりないですよね。かつ、特定の分野に限られるかもしれませんけど、金融ってWin-Loseの世界だと思っているんです。そういう意味で、金融業界のUXとフェアネスの問題を何とかしたいという思いを込めて「金融をサービスとして再発明する」というミッションを掲げました。

 問題を招いた原因は、金融機関が規制に守られていたことと、規制を言い訳にしてユーザー体験を後回しにしてきたことにあると思っています。今、インターネットが普及し、コミュニケーションコストや隠れていた情報格差がゼロに近づいたことで、多くのユーザー、特にデジタルネイティブやミレニアル世代は「これっておかしいのでは?」って気付きはじめています。だから、僕らはきちんとユーザーに向き合い、その疑問をフェアかつ使い勝手のいいサービスを提供して解決しようとしているのです。

――そのサービスを実現するために開発したのがBaaSですか

 日本の金融機関がユーザーファーストのサービスを提供できない理由は大きく2つあります。1つは、経営層の思考が硬直化している問題、もう1つは膨大なシステム開発コストの問題です。

 特に重要なのが後者の問題です。たとえば、証券会社を立ち上げるにはシステムの開発コストが10億円以上かかります。しかも、法的制約があるし、開発できるベンダーも限られるので、システムはどれも似通ってしまいます。それが証券会社の差別化が手数料だけになっている理由です。そうじゃなくて、もっと尖ったサービスや、ものすごく使いやすいサービスにお金と時間をかけるべきだと思っています。

 その世界をつくるために、僕らは金融インフラをクラウドで提供するBaaS(Brokerage as a Service)を開発しました。インフラはBaaSで提供するから、金融サービスをはじめたい企業は、その上で最高の操作性、今までにない訴求方法のサービス開発に専念してもらいたいんですよ。

――BaaSの上に多様な金融サービスがアドオンされていくイメージですね

 BaaSに乗るサービスとして、僕らはコミュニティ型株取引アプリ「STREAM」という自社サービスをはじめました。その理由はBaaS上でサービスを展開するプレイヤーに対して、「なぜFinatextグループの子会社スマートプラスが開発したBaaSを使うのか?」という説得力が必要だと考えたからです。だって、普通に考えたら、大手ベンダーのプラットフォームを使ったほうがいいに決まっていますよね。僕が経営者でも「この会社で大丈夫なのか?」って考えますよ。

 でも、大手ベンダーは自分たちで証券会社をつくりませんよね。だから、僕らは自らBaaS上に証券会社をつくり、成功させてみせる必要があったわけです。もう1つの理由は、事業を運営しながら、そこで発生する課題をBaaSにフィードバックし、プラットフォームを強くすることにあります。

――BaaSを使えば、資本要件の低いスタートアップでもアイデアひとつで新たな金融サービスをはじめられますね

 アイデアと実装力があればできます。金融は資本要件が大きい世界ですが、今までより圧倒的に低いコストで参入でき、固定費もさらに下げられるはずなので、もっと競争が起きやすくなるでしょう。これからは手数料で勝負するのではなく、ユーザーにどんな付加価値を提供できるかで競争する時代になると思います。

 

株式委託手数料ゼロの株取引アプリ「STREAM」

――なぜ「STREAM」は、株式委託手数料ゼロを実現できるのか教えてください… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

林 良太(はやし りょうた)
東京大学経済学部卒。ドイツ銀行ロンドン投資銀行本部機関投資家営業、ヘッジファンド勤務を経て 2013年12月Finatextを創業。

◎情報収集方法
人、本、サービスを使うを3分の1ずつ
◎コミュニケーション方法
その人ができること、得意なことにフォーカスする。減点方式ではなく加点方式でものを考える
◎ストレス解消法
筋トレ、ランニング

株式会社Finatextホールディングスについて
■ 事業内容 金融事業プラットフォーム及びビックデータ解析プラットフォームの開発
■ 設立年月 2013年12月27日
■ 本社所在地 東京都千代田区麹町3丁目6番地 住友不動産麹町ビル3号館 6階
■ 資本金 約80億円(資本準備金含む)
■ 従業員数 150名(2019年06月現在)
■ 業種 金融業
■ ホームページ

https://finatext.com/

閲覧ランキング

金融をサービスとして再発明するゲームチェンジャー

1

金融をサービスとして再発明するゲームチェンジャー

株式会社Finatextホールディングス

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

2

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

日本ロレアル株式会社

グループ初のCIOがサンデンのデジタル化を加速する

3

グループ初のCIOがサンデンのデジタル化を加速する

サンデンホールディングス株式会社

SHARE

閲覧ランキング

金融をサービスとして再発明するゲームチェンジャー

1

金融をサービスとして再発明するゲームチェンジャー

株式会社Finatextホールディングス

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

2

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

日本ロレアル株式会社

グループ初のCIOがサンデンのデジタル化を加速する

3

グループ初のCIOがサンデンのデジタル化を加速する

サンデンホールディングス株式会社