Bizコンパス

IT戦略を語る
2018.11.29

データドリブンで保険ビジネスに新たな価値を創出

メットライフ生命保険株式会社 執行役員 チーフデータオフィサー 中山 雄大 氏

 メットライフ生命保険は、デジタル活用を経営戦略のひとつの柱として、ビッグデータを活用したデータドリブンなビジネスを目指している。同社CDOを務める中山氏が先進のデータ戦略を語る。

 

データ活用力が生命保険ビジネスの競争優位に直結する

―― 生命保険業界を取り巻く市場環境の変化について教えてください

 そもそも保険ビジネスは、物事が起こる確率を求めリスクを定量化するところから始まります。従来、その定量化は人が行っていましたが、昨今ビッグデータや機械学習が進化して高確度の予測と、今まで対象外だった物事のリスクの定量化が可能になり、ビジネスの領域が広がりました。その中で業界にさまざまなプレイヤーが参入し、新しいイノベーションが起きつつあります。

 今、保険業界は変化の真っ只中にあるといっていいでしょう。どこの保険会社も、データをしっかり整備し、今まで見ていなかったデータを集め、それらを解析し、新たなビジネスを起こせるか、日々考えている状況です。

―― これからはデータ活用が競争優位を導く時代になるのでしょうね

 今、生命保険業界では、データを詳細に解析すれば、お客さまがどのような商品に興味を持たれているのか、その確度はどれくらいなのか、ある程度予測することができます。ご契約後も、保険請求やクレームなどのデータを分析することで、商品やサービスがお客さまの期待通りに受け入れられたのかなどを把握でき、次の商品・サービス開発に生かすことができます。

 また、海外関連会社の事例ですが、最近急速に普及しているオンデマンド配車サービスのデータを解析することで、これまで交通の便が悪く土地活用が停滞していた地域の潜在価値を理解できるようになりました。これは、データドリブンで新たなビジネス拡大のチャンスを見つける取り組みのひとつです。

―― 御社のように各国・地域のデータを持っていることや、グローバルでビジネスを展開していることは、やはり競争優位につながるのでしょうか

 そうだと思います。わかりやすい例をひとつご紹介しましょう。メットライフは、アメリカにもアジアにもデータサイエンスのチームを持ち、それぞれ違うユースケースを蓄積しています。シンガポールの現地法人は、最新の技術を使って自動化を進めた、今までにない新しい保険を8月下旬に現地で実験的に売り出しました。これは妊娠によって高血糖状態になる妊娠糖尿病と診断されれば保険金を支払うもので、画期的なのは、加入者が請求手続きをしなくても保険金が支払われることです。産婦人科医院や医療記録の電子化を専門とするスタートアップ企業などと協業し、診断結果を安全に転送・管理する仕組みを構築しています。加入希望者がスマートフォンのアプリを使って申し込めば、妊娠糖尿病と判明後に自動的に保険金を受け取れます。グローバル企業として、こうした他国での新しい取り組みや学びなどを、いち早く日本をはじめとする世界各地で共有し、商品やサービスに応用していくことができるのは、強みを生かした競争優位性のひとつだと考えています。

 

あらゆる業務をデータドリブンに変えていく

―― チーフデータオフィサーの役割を教えてください

チーフデータオフィサーには、3つの役割があります。1つ目はデータ解析です。これはデータサイエンティストチームが、データを解析し価値化することが目的です。2つ目は解析に必要なプラットフォームの開発です。データアセットをつくるチームが社内外のデータを集め、すぐに解析できるようなデータプラットフォームを用意しています。3つ目はデータガバナンスです。データ保護が最も重要な役割ですが、それとは別に、データは組み合わせるほど価値が高まるので、組み合わせやすいようにスキームやルールを統一するべく各部署を巻き込みながら推進していきます。

― データ活用がもたらすメリットには、どのようなものがありますか… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

中山 雄大(なかやま たけひろ)
1989年九州大学大学院情報システム学専攻修了後、富士ゼロックスに入社し、同社総合研究所やパロアルト研究所にて自然言語処理、情報検索、WEBデータマイニング等の研究に従事。2001年よりNTTドコモに在籍し、ビッグデータグループのディレクターに就任。2016年よりAXA生命保険に在籍し、データ戦略の立案と実行に責任者として従事。2018年2月、メットライフ生命保険に入社し、以降現職。

◎情報収集方法
社外の人と会って情報交換。学術論文を読む。
◎コミュニケーション方法
部下との会話はフレンドリーに
◎ストレス解消法
クロスカントリー(マウンテンバイクで山を走る)

メットライフ生命保険株式会社について
■ 事業内容 生命保険業
■ 設立年月 1972年12月11日(営業開始:1973年2月1日)
■ 本社所在地 東京都千代田区紀尾井町1番3号
■ 資本金 2,226億円(2018年3月末)
■ 従業員数 8,724名(2018年3月末)
■ 業種 保険
■ ホームページ

http://www.metlife.co.jp/

関連キーワード

IT戦略を語る その他の記事

顧客満足度No.1を目指し金融ビジネスにITを活用

株式会社セゾンファンデックス

自販機で収集したビッグデータがビジネスを変える

株式会社JR東日本ウォータービジネス

医療分野のテクノロジーを1.0から2.0へ

ボストン・サイエンティフィック ジャパン株式会社

2020年を目標にメインフレーム撤廃へ

三菱エンジニアリングプラスチックス株式会社

閲覧ランキング

SHARE

関連記事

GoogleとNTT Comが語り合うDXへの期待と展望

2017.12.13

「NTT Communications Forum 2017」に登壇!

GoogleとNTT Comが語り合うDXへの期待と展望

ビジネスリーダー500人に聞く!DXへの取組み実態

2017.06.07

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第1回

ビジネスリーダー500人に聞く!DXへの取組み実態

グローバル企業のWebサイト運営の課題を解決するDXP

2018.09.05

戦略的Webサイトを目指す企業が知っておくべきこと第3回

グローバル企業のWebサイト運営の課題を解決するDXP

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

2019.10.23

いま求められる“顧客接点の強化”第23回

人手不足で高離職率、コンタクトセンターの“現実”を変える切り札とは

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

2019.10.16

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第22回

「Flexible InterConnect」はマルチクラウドの課題を一掃する

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは

2019.10.11

セキュリティ対策に求められる新たな視点第7回

DMG森精機のOTセキュリティの取り組みとは

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

2019.10.04

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第21回

NTT Comが推進する「Smart World」とは、どんな世界なのか?

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

2019.10.02

IoTを活用してビジネス価値を創造する第3回

国内初!ピジョンのベビーテックさく乳器、開発奮闘記

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

2019.09.13

いま求められる“顧客接点の強化”第18回

実用レベルに達したAIを活用する「顧客接点DX」の未来

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説

2019.08.23

デジタルトランスフォーメーション最前線

なぜ日本でDXが進まないのか? 企業が陥る「あるある」を解説

閲覧ランキング