東北6県で生活協同組合事業を手掛けるコープ東北で、基幹システムおよび物流システムの統合ならびにネット戦略を統率する常務理事の河野敏彦氏にIT戦略を語っていただいた。

 

流通分野の技術革新をリードしてきた生協のシステム戦略

―― 事業の概要を教えてください

 現在、コープ東北サンネット事業連合の会員数は東北6県9生協で、2017年度の実績は総事業高2,417億円、組合員総数176万世帯となっています。そのうち店舗の事業高が約7割、残り3割を共同購入と個人宅配が占めています。

―― テクノロジーの活用について、どのような方針をお持ちですか

 生協の共同購入はシステム産業そのものですから、テクノロジー活用には昔から積極的でした。そもそも共同購入は、OCR注文書の開発、デジタルピッキングシステム、温度管理システムという3つの技術革新により、安心・安全な商品の大量供給を実現しているのです。

―― 組織内に生産技術部門をお持ちなのですか

 そういう部門はありませんが、多くの先輩たちが技術史に名を残す革新的な仕組みをたくさん開発してきました。OCRの注文書をつくったのは神奈川の部長さんですし、1986年に開発したデジタルピッキングシステムは、今や、2秒に1箱という日本一速いピッキングを実現しています。さらに、2011年にはベルトコンベヤからローラーコンベヤ方式に変更し、処理能力を1.5倍に高めました。

―― 河野さまもさまざまな開発に携わられたそうですね

 システム部長が一番長いのですが、EOS(自動発注システム)からネットショップまでいろいろやってきました。物流でも、新しい技術をどんどん採用しました。超低頻度用ピッキングシステムの「ジャングルカート」も、わからない名前で呼んでいたので、ネーミングは私がしました。これは、マテハンメーカーさまとの共同開発ですが、このシステムは生協以外にも広く普及しています。

 

大胆な物流統合プロジェクトを推進し効率化とコストダウンを実現

―― 9生協をつなぐ物流統合プロジェクトについて教えてください

 まず2011年に、共同購入向けの冷凍品のセットセンター(顧客単位で注文品を箱詰めする物流施設)を仙台に統一し、そこから6県へデリバリーする仕組みをつくりました。6県に分散するより、1カ所に集中して設備投資した方が、セットできる品目数も増やせ、セットの精度や鮮度も上がり費用対効果を高められるからです。従来、発泡スチロールのシッパー(箱)にセットしていた冷凍品を1軒ずつビニール袋に入れてプラスチック箱で運ぶ方法に変えたことで、容積を25%減らし、集約配送のコストを低減しました。

 次に取りくんだのが、常温商品用ドライセンターの統合です。2015年にオープンしたCTDC(コープ東北ドライ統合物流センター)では、共同購入用と店舗向けの商品の横持ちをなくし、大幅な効率化を実現しています。2017年には宮城、福島、山形向けの農産品をまとめてセットする農産センター、さらに、チラシ用のセットセンターも仙台に集約しました。

 6県で、それぞれだったチラシのセットを統一したことで、セットできるカタログの種類を増やし、一番厚いカタログをさらに12ページ増やすことができました。これは厚いカタログをセットする機器を各県で導入しなくてよくなったためです。厚ければいいというものではありませんが、組合員さんに豊富な情報を提供し、さまざまな企画を提案できるようになったので、利用アップにつながると期待しています。

 また、南3県で集約した農産センターでは袋詰めまで自前で行うことで、鮮度や加工の仕方までチェックできるようになり、鮮度不良のクレームを減らす効果が上がっています。

―― これで物流統合は一段落ですか… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

河野 敏彦(こうの としひこ)
1959年青森県出身。1981年東北大学生協に入協。1984年にみやぎ生協移籍。1995年生活協同組合連合会コープ東北サンネット事業連合設立とともに移籍、システム部長に就任。2002年共同購入商品本部長、2012年物流本部長兼品質管理本部長を経て、2014年にコープ東北サンネット事業連合の常務理事、システム部管掌 兼 エネルギー事業本部管掌 物流本部長 兼 事業企画室長に就任、以降現職
◎情報収集方法
会いたいとコンタクトしてきた人には必ず会って話を聞く。シリコンバレーや中国など現地へ出かけて情報を収集する
◎コミュニケーション方法
意識的に顔を合わせ対面で話すようにする

生活協同組合連合会 コープ東北サンネット事業連合について
■ 事業内容(1)会員の事業に必要な物資を購入・加工・生産などを行い会員に供給する事業 (2)物流事業、商品媒体作成、システム共同化による開発ソフトの作成その他、会員が共同して利用する事業
■ 設立年月1995年5月12日
■ 本社所在地宮城県仙台市泉区八乙女四丁目2番地の2
■ 従業員数会員数:東北6県9生協
■ 業種流通業
■ ホームページ

http://www.tohoku.coop/

関連キーワード

合わせて読む