最先端のクラウド技術を社内ITサービスとして社員に提供し、そのフィードバックをビジネスに活かすEMCの戦略を、ITクライアント サービス マネージャーの今成達矢氏が語る。

 

ストレージベンダーからクラウドの総合ソリューション企業へ

―― 事業の概要について紹介してください

 現在EMCは、お客さまにクラウドソリューションの選択肢を提供するフェデレーション戦略を推進しています。これまで弊社はストレージもしくはバックアップソリューションの会社と思われていましたが、現在は仮想ストレージ関連の管理ソフトウェアやクラウド系ミドルウェア、マネージドクラウド、ホステッド系プライベートクラウドなどを展開するクラウドの総合ベンダーへ変革しつつあります。今の我々のミッションは、お客さまのクラウド対応もしくはIT変革のお手伝いをすることです。

―― IT部門のミッションを教えてください

 我々IT部門のミッションは、社内ITの実践を通じて会社の成長や成功に貢献することです。よく言われる言葉ですが、守りではなく攻めのITです。現代は、ビジネスのスピードが求められる時代ですので、時代に追随するだけではなく、後押しできるITであることが重要です。

―― 攻めのITを実現するための具体的な施策はありますか

 当然のことながらクラウド対応はしっかりやっています。2012年にはプライベートクラウドを構築し、社内ITをサービスとして提供しています。これを我々はITaaS(IT as a Service)と呼んでおり、簡単に言えばIT部門が社員というお客さまにサービスを提供するソリューションです。言いかえれば、IT部門がAmazonやGoogleのようなサービスプロバイダになるわけです。

 

EMC ITがEMCのファーストベストカスタマーになる

―― ITaaSを利用する各部門は使用料をIT部門に払ってサービスを使うのですね

 基本的にチャージバックモデルでサービスを展開しています。しかし、100%できているわけではなく、ポータルサイトの洗練化や課金モデルへの変革を進めているところです。

―― 社内ITのサービス化による効果を教えてください

 社内のIT変革が進むとリソースの配置が変わってきます。たとえば、インフラを運用していたITスタッフがサービスを提供する側に変わるなどの変化が起きます。私の仕事も大きく変わりました。現在の仕事のひとつとして、… 続きを読む

全文(続き)を読む

続きを読むにはログインが必要です。

まだ会員でない方は、会員登録(無料)いただくと、続きが読めます。

今成 達矢(いまなり たつや)
1964年、神奈川県出身。1988年、SI会社に入社し金融系SEとして活躍、2000年にIT部門長となる。2009年にEMCへ転職、以降現職
◎情報収集方法
日経BP、TechTarget、プレジデントオンラインなどWeb媒体
◎コミュニケーション方法
まず挨拶、積極的に声をかける、自分を語る
◎ストレス解消法
食べる、寝る、音楽鑑賞

EMCジャパン株式会社について
■ 事業内容全世界におけるネットワーク・ストレージ・システム、ソフトウェアの開発、製造、サービス、販売および保守業務
■ 設立年月1994年1月5日
■ 本社所在地東京都渋谷区代々木2-1-1 新宿マインズタワー
■ 資本金3億1千万円
■ 従業員数約1,000名 (2012年1月1日)
■ 業種情報・通信業
■ ホームページ

http://japan.emc.com

関連キーワード

合わせて読む