Bizコンパス

IT戦略を語る
2015.03.26

IT戦略成功の秘訣は、目的を最後まで見失わないこと

株式会社USEN 常務執行役員 経営企画室長 服部 浩久 氏

 有線放送のトップ企業株式会社USENの常務執行役員 服部浩久氏が、基幹システムのリプレイスにあたって求めた譲れないポイントや、プロジェクト成功の秘訣を語る。

 

システムは、何でもかんでも一元化すれば良いというものではない

―― 御社の事業概要についてご紹介ください

 創業は1961年、音楽配信事業をメインに事業を展開し、今年54年目を迎えました。スピーカーやアンプなど音楽配信事業に直接関係する周辺機器の提供はこれまでも行ってきましたが、近年ではインターネット回線、監視カメラなど、業務店のお客さまが必要とするさまざまな商材を総合的にご提案する店舗支援ビジネスを強化しています。

―― 御社のIT戦略を教えてください

 我々の主たる事業である音楽配信事業は、今までさほどITを必要としなかったので、戦略的なIT活用の例は少ないです。ただ、社内の業務効率化や、拠点間の情報集約、社員間のコミュニケーション円滑化などに関して、昨今ITの重要性が増してきたと感じています。

 現在、全国150の拠点に、営業と工事・施工をする部隊が約1,800名います。5、6年前まで各拠点の業績情報はエクセルでまとめさせ、毎日メールで送らせており、その150のエクセルの入力・集計を手作業でやっていました。それに加えて、決裁や稟議等の社内書類も全部紙でしたから、本当にアナログな会社だったと言えます。そうした状況を改善するため、業績管理のシステムや顧客管理のCRMを自社で内製し、これを基幹システムと連動させる仕組みを構築しました。

―― 基幹システムは、どのような仕組みを採用されているのですか

 2000年に構築して14年間使い続けてきたシステムを、今年の1月にリプレイスしました。実は、過去に何度もリプレイスには失敗しており、今回ようやく長年の懸案を解消することができました。ソフトウェアがかなり古いバージョンであったため、最新バージョンにアップデートし、ハードウェアやミドルウェアも刷新しました。ロジックもいくつか入れ替えましたが、基本的には大枠は変えず植木鉢を入れ替えたイメージです。

―― 150のエクセルを毎日入力する必要はなくなりましたか

 今は、拠点ごとにウェブで入力させ、リアルタイムにデータを収集できるようになりました。その部分は、別にサブモジュールをつくって基幹システムと連携させています。なぜシステムを分けたのかというと、デイリーの営業情報は速報性が重要であり、精度100%の数字である必要はありません。精度90%で良いのです。一方で、基幹システムは請求・入金管理など、100%の仕組みでなければいけませんから、これと90%の仕組みを完全連動させるのは無理があると考え、データを早く取ることに特化したサブシステムを構築したのです。

―― 正確性よりスピードが求められる情報とは、たとえばどんなものですか

 請求データは1円でも間違ってはいけないので、100%でなければいけません。入金管理も100%でなくてはいけません。一方、営業活動の予測などは、1週間前の100%の数字より、90%でも構わないのでとにかく最新の数字が必要なんです。日々の数字がわからなければ、月末までの営業戦略を立てられないからです。私は、情報の粒度や質に合わせてシステムは全く別にするべきだと考えています。そこを欲張って何でもかんでも一元化しようとするから、みんな失敗するんですよ。

 

システム構築に必要なのは、ほんとうに必要な機能・こだわるべきポイントの見極め

―― 先ほど、植木鉢を入れ替えたイメージ、とおっしゃっていましたが、経営環境は日々変化し、ニーズは多様化し続けています。そうした市場変化に追随する柔軟な仕組みも必要だと思いますが、その点で工夫していることはありますか

 たしかに、世の中の情報をしっかり吸い上げて柔軟に対応することは必要です。しかし、今回はあえて多数あったカスタマイズの要望をほとんど入れずにリプレイスを完了させました。もちろん、それには理由があります。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

服部 浩久(はっとり ひろひさ)
1974年、奈良県出身。1998年、株式会社インテリジェンスに入社。その後独立し、パッケージソフトを開発・販売する企業を創業。2009年に当時の社長に請われて株式会社USENへ参画、その後入社し2011年3月執行役員就任。2013年12月から常務執行役員に就任し、以降現職。
◎情報収集方法
IT系専門誌より幅広い情報を提供しているサイトや媒体、雑誌等を利用。イベント、セミナー等に参加
◎コミュニケーション方法
先に相手の役に立つ
◎ストレス解消法
仕事のストレスは仕事でしか解消できないので、仕事で成果を出す

株式会社USENについて
■ 事業内容 音楽配信事業、業務用システム事業、ICT事業、その他事業
■ 設立年月 昭和39年9月7日
■ 本社所在地 東京都港区北青山三丁目1番2号
■ 資本金 60億円(平成26年8月31日現在)
■ 従業員数 単体 2,456人(平成26年8月31日現在)、連結 3,034人(平成26年8月31日現在)
■ 業種 情報通信業
■ ホームページ

http://www.usen.com/

閲覧ランキング

資産の可視化はキャッシュレス時代のキラーアプリ

1

資産の可視化はキャッシュレス時代のキラーアプリ

マネーツリー株式会社

CROWDとAIでスポーツの未来を変えるインフォノイド

2

CROWDとAIでスポーツの未来を変えるインフォノイド

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

個人に裁量を与える「自由主義」で事業成長を加速

4

個人に裁量を与える「自由主義」で事業成長を加速

株式会社ニューズピックス

データドリブンで保険ビジネスに新たな価値を創出

5

データドリブンで保険ビジネスに新たな価値を創出

メットライフ生命保険株式会社

SHARE

あなたへのおすすめ

IoTで熱中症防止!JALの実証実験に挑んだ現場の声

2015.12.11

いよいよ本格化!IoTはビジネスをどう変えるのか第9回

IoTで熱中症防止!JALの実証実験に挑んだ現場の声

閲覧ランキング

資産の可視化はキャッシュレス時代のキラーアプリ

1

資産の可視化はキャッシュレス時代のキラーアプリ

マネーツリー株式会社

CROWDとAIでスポーツの未来を変えるインフォノイド

2

CROWDとAIでスポーツの未来を変えるインフォノイド

株式会社ミンカブ・ジ・インフォノイド

個人に裁量を与える「自由主義」で事業成長を加速

4

個人に裁量を与える「自由主義」で事業成長を加速

株式会社ニューズピックス

データドリブンで保険ビジネスに新たな価値を創出

5

データドリブンで保険ビジネスに新たな価値を創出

メットライフ生命保険株式会社