Bizコンパス

IT戦略を語る
2014.10.02

ITを活用し、「マンションの、その先へ。」

株式会社 大京 グループ情報システム部長 数原 保一郎 氏

 ライオンズマンションで知られる大京は、事業構成を転換し生まれ変わろうとしている。変革の核となるIT戦略についてグループ情報システム部長の数原保一郎氏に伺った。

 

事業環境の変化に伴い、ITの重要性が増している

―― 御社の事業戦略と市場における強みを教えてください。

 大京といえばライオンズマンションで知られていますが、近年はライオンズマンションの分譲販売会社のイメージを転換しつつあります。現在、大京グループは、ライオンズマンション・サーパスマンション・一戸建てなどを販売する不動産開発事業、マンション管理・居住者向けサービスを行うマンション管理事業、主に中古マンション・賃貸を取り扱う不動産流通事業、ビル・施設管理を行うビル管理事業、そして修繕工事・リフォーム工事を請け負う工事事業を展開しています。10年、20年前までは、マンション販売が売上高の7~8割を占めていましたが、前期決算で初めて不動産開発事業の売上高が全体の半分以下になりました。

 当社は、2005年にオリックスと業務提携したことを機に、「フローとストックの両輪経営によるグループ力の強化」を掲げて事業を展開してきました。その取り組みが実を結び、ようやくフロー中心の会社からストックが半分を超える事業構成に変わることができたのです。

 現在は、用地仕入、建物の企画、建築、販売、管理、さらに賃貸、仲介という一連のサイクルに加え、住宅設備関連サービスやリフォームも展開しており、お客さまのライフステージに合わせた住生活に係わる一連のサービス・商品を提供できる会社になりました。それが近年の大きな変化であると同時に、我々の強みでもあると思っています。

―― 事業構成の変化を受けて、ITの活用法も変わりましたか。

 これまでグループ各社が使っていたシステムは、マンションを購入されたお客さま、仲介のお手伝いをさせていただいたお客さま、受託管理するマンションにお住いのお客さまなど、お客さまの情報を個社別に管理するツールに過ぎませんでした。現在、これらの情報に横串を通し、グループ全体の視点でデータを一元管理する「グループ統合顧客管理システム」の構築を進めています。来春、統合作業が完了しますが、グループ会社であれば、どの会社からでもグループが保有する顧客情報を共有できるようになり、さまざまな角度から分析や将来予測が可能になります。これにより、新たな事業、新たなサービス、新たな商品の開発と提供が加速すると考えています。

 さらに、今後は入居者の方を対象とする物品販売事業をより強化したいと考えています。住宅設備はもちろんのこと、お米や飲料水など生活用品の取り扱いを始めており、このサイトをさらに充実させる取り組みを進めています。

 システムを整備するだけではなく、それを活用する環境づくりにも取り組んでいます。まず幹部社員にiPhoneを支給し、そこからイントラネットや社内の各種情報にアクセスできる環境を整備しました。それに加え、モバイルパソコンを使って外出先からデータの蓄積や資料の共有・作成ができる仕組み(シンクライアント)を導入しました。さらに、電話網をIP化して携帯電話に内線を転送できる環境を整備しました。こうしたシステムを整備することで、お客さまの多様なニーズに対して迅速かつ柔軟にお応えできる環境づくりを行っています。

―― 入居者への付加価値の高いサービスは、新たな収益基盤につながる可能性がありますね… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

数原 保一郎(かずはら やすいちろう)
1963年、鹿児島県出身。1986年、大京観光株式会社(現、株式会社大京)大京入社。営業部に配属され全国をまわり、2008年4月グループ営業推進部長、2010年10月、グループ情報システム部に異動し、現職。
◎情報収集方法
ベンダーとの情報交換、セミナー等への参加。社内情報はもっぱら現場を歩いて収集。
◎コミュニケーション方法
とにかく自分から声をかけること。
◎ストレス解消法
気が付いたらその場で何でも言うのでストレスが溜まらない。

株式会社 大京について
■ 事業内容 不動産開発、不動産販売、都市開発
■ 設立年月 1964年12月11日
■ 資本金 411億71百万円(2014年3月31日現在)
■ 従業員数 5,088名(2014年3月31日現在・連結)
■ 業種 不動産業
■ ホームページ

http://www.daikyo.co.jp/

閲覧ランキング

金融をサービスとして再発明するゲームチェンジャー

1

金融をサービスとして再発明するゲームチェンジャー

株式会社Finatextホールディングス

グループ初のCIOがサンデンのデジタル化を加速する

2

グループ初のCIOがサンデンのデジタル化を加速する

サンデンホールディングス株式会社

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

3

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

日本ロレアル株式会社

SHARE

あなたへのおすすめ

フォスター電機が舵を切ったクラウド移行の理由とは

2016.01.08

徹底解説!基幹系システムのクラウド移行第10回

フォスター電機が舵を切ったクラウド移行の理由とは

閲覧ランキング

金融をサービスとして再発明するゲームチェンジャー

1

金融をサービスとして再発明するゲームチェンジャー

株式会社Finatextホールディングス

グループ初のCIOがサンデンのデジタル化を加速する

2

グループ初のCIOがサンデンのデジタル化を加速する

サンデンホールディングス株式会社

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

3

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

日本ロレアル株式会社