Bizコンパス

IT戦略を語る
2014.06.19

戦略会計の視点でITを革新し企業価値を高める

株式会社ビジネスブレイン太田昭和 執行役員 総合企画本部 本部長 長尾 達也 氏

 戦略会計分野を核に、確固たるノウハウとコンサルティング力、先進のITで顧客の利益創出と価値向上を支えるビジネスブレイン太田昭和のIT戦略を執行役員の長尾氏に伺った。

 

顧客の利益創出と価値向上を支援する会計に特化したITソリューション

―― 御社の事業戦略と市場における強みを教えてください

 我々は、お客さまの利益創出と価値向上を追求するというコンセプトのもと、経営コンサルティングからITを活用したSI、アウトソーシングのBPOサービスまでワンストップでサービスを提供しています。我々の強みは、ITを理解する公認会計士と、会計を理解するSEが連携し、お客さまの問題解決にあたることです。我々が最も得意とする「経営会計情報システム」を構築する際には、必要に応じて公認会計士がレビューに参加し、会計視点で開発を行っています。お客さまの要求仕様をそのまま開発するのではなく、お客さまの意図するところを会計視点で読み替えながら、ベストなシステムの構築をご支援しています。また、情報システム部門にアプローチする一般的なIT企業と異なり、経理部門や企画部門など、経営に近い部門とのお付き合いが多いところも我々の強みになっています。

―― 近年、グローバルビジネスをサポートする事業を強化していますね

 弊社の主要なお客さまである製造系企業の多くは、アジア圏への進出を重視した戦略を掲げています。この流れに合わせて我々も海外へ進出し、お客さまの利益最大化を支援することを目指しています。

 

日本から見えないグローバル連結会計の課題

―― グローバルビジネスを展開する企業が、会計面で抱える課題について教えていただけますか… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

長尾 達也(ながお たつや)
1953年生まれ、埼玉県出身。1977年日立ソフトウェアエンジニアリング(現 日立ソリューションズ)入社、2003年にグループ会社のコンポーネントスクエアで代表取締役就任、本体に戻った後、2012年にビジネスブレイン太田昭和入社、現在に至る。
◎情報収集方法
米国発のコアなIT情報サイト「InfoQ」を活用。
◎コミュニケーション方法
飲ミニケーション。
◎ストレス解消法
少年サッカーを12年ほど教えていたが、今はゴルフにはまっている。

株式会社ビジネスブレイン太田昭和について
■ 事業内容 経営およびシステムコンサルティング、ビジネスシステム開発など
■ 設立年月 1967年8月
■ 本社所在地 東京都港区西新橋1-2-9 日比谷セントラルビル 21F
■ 資本金 22億3,349万円(2014年3月)
■ 従業員数 428人<単体>/848人<連結>(2014年3月)
■ 業種 情報・通信業
■ ホームページ

http://www.bbs.co.jp/

閲覧ランキング

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

1

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

日本ロレアル株式会社

音楽にはビジネスを変える力がある

4

音楽にはビジネスを変える力がある

ユニバーサルミュージック合同会社

RFIDの全店導入でBEAMSが変わる

5

RFIDの全店導入でBEAMSが変わる

株式会社ビームス

SHARE

あなたへのおすすめ

中国との遅延を解決した濃飛倉庫運輸のクラウド環境

2014.12.24

事例に学ぶグローバルビジネスを支えるクラウド環境第4回

中国との遅延を解決した濃飛倉庫運輸のクラウド環境

閲覧ランキング

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

1

グローバルと日本の美をハイブリッドに融合

日本ロレアル株式会社

音楽にはビジネスを変える力がある

4

音楽にはビジネスを変える力がある

ユニバーサルミュージック合同会社

RFIDの全店導入でBEAMSが変わる

5

RFIDの全店導入でBEAMSが変わる

株式会社ビームス