Bizコンパス

IT戦略を語る
2014.01.09

アジア発の産業ガスメジャーを目指す大陽日酸

大陽日酸株式会社 執行役員 管理本部 経営企画部長 小林 邦裕 氏

 産業ガス分野の国内トップメーカー大陽日酸は、アジア発の産業ガスメジャーを目指し海外展開を加速。同社の経営戦略とIT活用について経営企画部長の小林邦裕に聞いた。

 

国内に軸足を置きつつ海外展開を加速

――御社の事業概要を教えていただけますか。

 私どもは産業ガスを扱う会社です。産業ガスについてさまざまな区分はありますが、わかりやすく申し上げると、鉄鋼や金属加工、化学産業向けなどトラディショナルな一般産業ガス分野。半導体を製造する工程で使われる特殊ガス分野。もうひとつは、病院に酸素や麻酔用ガスなどを供給するメディカル分野。大きく色分けすると以上の3分野で産業ガスを供給している会社です。

――産業ガス業界を取り巻く市場環境について教えていただけますか。

 半導体分野は特にそうですが、国内の事業環境は壁に直面している感があります。アベノミクスやオリンピックなどの期待要素はありますが、今後も日本の工場が中国や東南アジアへ進出するトレンドは変わらないでしょう。このような経済環境下で、変化に迅速・柔軟に対応するため、今後は軸足を日本に置きながら海外展開のスピードを加速する予定です。

――海外展開を加速するための事業戦略について教えていただけますか。

 2014年3月期の決算発表と同時に中期計画を発表する予定のため、本日はお話しできる範囲でご紹介させていただきます。まず、今後の基本方針ですが、先ほども申し上げた通り海外での事業比率を伸ばすことです。現在は国内70%海外30%の比率を、国内50%海外50%まで可及的速やかに拡大します。現実的に考えれば、その達成はおそらく2020年頃になるでしょう。ただし、今後のM&A等により、この時期は早まることも考えられます。
 この新たな経営プランに伴い、会社の中でさまざまな変革がはじまります。まず国内で展開している製品の価格を海外市場でコンペティティブな価格に作り替える作業が必要です。コスト削減による価格の低下ということだけではなく、製品のダウングレードなどを考えなければならない。しかし、これは大変難しいことで、常に最新、最高級の技術を追いかけて開発を続けてきた従来の発想で実現できるものではありません。したがって、それを実現するためにイノベーションが求められます。そこで来期よりグローバルイノベーショングループを立ち上げたいと考えています。多国籍軍のイノベーショングループを組織し、世界で戦える商材を生み出すとともに、海外へ展開する仕掛けをつくります。
 もうひとつ大切なことは、海外プレセンスの充実です。今までは、すでにビジネスが展開されているエリアへ日本の社員を派遣しており、その目的は現地のガバナンスにとどまっていました。しかし、今後はその殻をやぶらざるをえません。既出のエリアではマネジメントの現地化を進める一方、未開拓エリアへの進出は、セールス、マーケティング、ビジネスデベロップメントまですべて日本人の手で切り拓くことを考えています。国内シェアナンバーワンというステータスを投げ出し、社長以下全社員一丸となって新たなチャレンジに取り組む決意です。
 これに加え、グループ全体の構造改革やM&Aにも積極的に取り組んでいく方針です。詳細な数字や具体的なプランについては、2014年5月に発表させていただきます。

――産業ガス業界について教えていただきたいのですが、資源小国の日本企業が海外の産業ガスメジャーと、優位性を持って競争することは可能なのでしょうか。… 続きを読む… 続きを読む

続きを読むには会員登録が必要です

小林 邦裕(こばやし くにひろ)
1961年長野生まれ。1985年に日本酸素に入社、千葉京葉支社で経理を担当後、新橋本社で財務、米国駐在、会長秘書、米国現地法人マネジメントを経て2013年7月より現職。
◎情報収集方法
紙媒体は一切使わない。新聞も本もデジタルで購読。デバイスはすべてApple。
◎コミュニケーション方法
上には言いたいことを言い、下には決して怒らない。イコールの精神で社内では誰とでもタメ口。
◎ストレス解消法
ストレスを感じたことはない。言いたいことは言うのでストレスはたまらない。

大陽日酸株式会社について
■ 事業内容 酸素・窒素・アルゴン等各種産業ガス、LPガス、医療用ガス、特殊ガスの製造販売および溶断機器・材料、各種ガス関連機器、空気分離装置の製造・販売
■ 設立年月 1918年7月19日
■ 本社所在地 東京都品川区小山1-3-26 東洋Bldg.
■ 資本金 270億39百万円(2013年9月末現在)
■ 従業員数 1,386名(単独)
■ 業種 製造業(化学)
■ ホームページ

http://www.tn-sanso.co.jp

SHARE

関連記事

“日本をもっと健康に”を追求!タニタの新しい挑戦

2016.08.17

デジタル時代のビジネス創造を考える第4回

“日本をもっと健康に”を追求!タニタの新しい挑戦

閲覧ランキング