企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

ITジャンル「クラウド」の事例記事一覧

  • テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

    国内最大の規模で技術系人材サービスを展開するテクノプロ・ホールディングスは、オーダーメイド型のトータル・ソリューションを導入し、拠点間ネットワークの最適運用を実現しました。

  • 事業と働き方の変革を支えるリコーグループのIT戦略

    リコーグループでは、2016年から国内のITシステムの基盤となるネットワークとデータセンターの再構築を推進。リコーグループがITインフラに求めた変革や導入効果について迫ります。

  • シスコに聞く、IoTで成果を出すためのポイントとは

    IoTで成果を挙げた企業が出現する一方、「最初の一歩が踏み出せない」という企業は多いかもしれません。IoT導入のアプローチ方法を、シスコに聞きました。

  • 優秀人材を確保するため、神戸製鋼が多国籍人材を雇用する切り札

    ダイバーシティ戦略を掲げ、優秀な人材確保・育成に取り組む神戸製鋼。その中には外国籍社員の採用もあり、働く現場には、言語の壁を超えるためのコミュニケーション補助ツールが不可欠でした。

  • IoTで車両事故ゼロを目指すヤシマ・エコ・システム

    自社の営業車両へIoTサービスを導入することにより、営業車の交通事故を減少させ、業務効率を向上させたヤシマ・エコ・システム。その背景や挑戦を、ひも解いていきます。

  • IoTで水処理装置を監視しサービス向上を図るオルガノ

    「純水」や「超純水」の製造装置を販売するオルガノ。同社は、水処理装置にIoTを導入しました。その背景とは、そしてどのような効果が出ているのでしょうか。

  • 企業がIoTを諦める「3つのあるある」を回避する方法とは

    IoTを始めたものの、誤った導入方法により思うように成果が出ず、途中で断念する企業が増えています。どうすれば成果が出るのか、業界のスペシャリストに秘訣を聞きました。

  • 住友商事が「Box」導入で目指す働き方改革の実現

    住友商事では、ビジネス展開のスピードを重視し、パブリッククラウドの利用を前提とした働き方改革を進めました。どのような効果が出ているのでしょうか。

  • スズキに学ぶ!インド新工場ネットワーク構築の実態

    多くの日系企業が進出を検討しているインドですが、通信インフラの安定性において課題があります。35年前にインドに進出したスズキ株式会社は、どのように運用しているのでしょうか。

  • インテックがネットワークを一元提供する狙いとは

    ITベンダーが顧客と結ぶネットワークは、各通信キャリアから調達することがほとんど。しかしインテックは、敢えて独自のネットワークを立ち上げました。その狙いはどこにあるのでしょうか。

  • 日本コカ・コーラシステムに見るクラウド活用の真髄

    日本のコカ・コーラシステムにおけるITシステム関連業務を担うコカ・コーラアイ・ビー・エス社は、グループで使われていた膨大な数のシステムを統合するためにクラウドを利用します。

  • 竹中工務店が構築したデジタル化推進のための基盤

    株式会社竹中工務店では、建設現場で扱う、全国の数百にものぼるデジタル情報の共有が課題となっていました。そのような課題を、ある方法で解決します。

  • 気象衛星観測データをクラウド提供、ひまわりの挑戦

    日本の静止気象衛星「ひまわり8号・9号」は、気象衛星観測データを世界中に提供するために商用のクラウドサービスを採用しています。気象庁にその狙いを聞きました。

  • 個別最適から標準化へ、新電元工業のグローバル戦略

    グローバルに事業を展開する新電元工業の電装事業本部では、共通のERPパッケージを各拠点に導入することにより、国内外の生産拠点を結ぶグローバルSCMを構築しました。

  • クラウド化で業務革新を推進するサンポットの挑戦

    総合冷暖房メーカーのサンポット株式会社は、基幹系システムをクラウドへ移行しましたが、その中にはクラウド化が困難な「IBM Power System」も含まれていました。

  • 三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

    三井物産株式会社は、グローバルIT基盤の刷新プロジェクトを開始しました。“自ら進化するIT基盤”のために開始したこの計画には、どのような真意があったのでしょうか。

  • ERPクラウド化を成功させたサッポログループの選択

    サッポログループマネジメントは、部門統合に伴い、オンプレミスで構築されていた基幹システムをクラウドに移行しました。同社初の挑戦はどのように成し遂げられたのでしょうか。

  • Criteoのアジア進出の基盤となったITインフラとは

    リターゲティング広告において世界大手のCriteo(クリテオ)社は、アジアでの市場拡大のために、信頼性の高いNTTコミュニケーションズのIT基盤を導入しました。

  • 盤石なITインフラとその運用体制確立を短期間に実現

    海外のビジネス環境に合わせて最適なIT環境を構築することは困難を極めますが、現在タイで新銀行の開設準備を進めている三井住友信託銀行は、ある方法で多くの課題を克服しました。

関連記事

クラウドにかかわる記事をお読みいただけます。