企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

ITジャンル「IoT」の事例記事一覧

  • 企業がIoTを諦める「3つのあるある」を回避する方法とは

    IoTを始めたものの、誤った導入方法により思うように成果が出ず、途中で断念する企業が増えています。どうすれば成果が出るのか、業界のスペシャリストに秘訣を聞きました。

  • IoTプラットフォームで工場の未来を拓くファナック

    国内外の工場の自動化を追求してきたファナックのIoTを活用した新事業「FIELD system」は、いかにして開発されたのか。そのベースには、パートナー企業との共創がありました。

  • クラウドを駆使してユーピーアールが物流に新風を吹き込む

    ユーピーアール株式会社は、荷役台「パレット」のレンタル事業を全国に展開している。同社が、RFIDを活用した「スマートパレット」を展開する上で、選んだIoTプラットフォームとは。

  • IoTとAI活用で危険を防ぐ、見守りサービス「みもり」

    株式会社ドリームエリアは、子どもを見守るためのデバイスである「みもり」を開発。このデバイスの肝となるのが、AIと「100円SIM」といいます。どのような仕組みになっているのでしょうか。

  • 日立製作所がSD-WAN導入でめざすネットワーク構想

    SDNの技術を利用し、柔軟なWANの構成を実現するサービスとして注目されている「SD-WAN」。日立製作所はすでにこのサービスを導入していますが、どのような効果があったのでしょうか。

  • “誰でも使えるIoT&AI”で社会課題に挑むビーサイズ

    デザイン家電メーカーのビーサイズでは、「Bsize BoT」という手の平サイズのロボットを開発。誰でも簡単に通信機能が使えるよう、あるサービスをチョイスしました。

  • MVNOでコスト削減と品質向上を両立させたデジタコ

    運行記録計「デジタコ」を取り扱うNPシステム開発は、取得するデータの増加により、顧客の通信費負担が増大するという問題を抱えていました。同社はあるサービスで、その問題を解決しようとします。

  • カメラ+ロボットでこだわり京漬物店の販売を支援

    初代亀蔵の直売店にて、ネットワークカメラとロボットで来店者とコミュニケーションをとる実験が行われました。どのようなメリットがあったのでしょうか。

  • 女性の仕事を応援!富士機械製造のロッカーシステム

    産業用ロボットメーカーの富士機械製造は、ネットスーパーで購入した商品が受け取れるロッカーシステムを開発しました。このロッカーにはIoTの技術が活用されていますが、どのような仕組みになっているのでしょうか。

  • “日本をもっと健康に”を追求!タニタの新しい挑戦

    体組成計など「健康をはかる」製品を世に送り出す株式会社タニタでは、計測機器とウェブサイトやアプリを用いて「健康をつくる」という新たなビジネスを開始しています。

  • 自分を知るメガネ「JINS MEME」の大いなる可能性

    JINSが開発した、装着者の心理状態をセンシングするメガネ「JINS MEME」。開発者によると、その先には大いなるビジネスの可能性があるといいます。

  • キレイを人工知能でサポートする、資生堂の挑戦とは

    化粧品メーカーの資生堂では、AIが相談を受け付けるアプリ「おしえて!ビュー子」を開発。その裏には、10代、20代前半の“デジタルネイティブ世代”を開拓する狙いがありました。

  • IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは

    IoT関連サービスを手掛ける株式会社スマートバリューは、営業車両の位置情報をリアルタイムで表示するサービスを開始。その基盤となっているのは、ある通信サービスでした。

  • IoTで熱中症防止!JALの実証実験に挑んだ現場の声

    日本航空(JAL)では、空港で荷物の搬送や積み下ろし作業を行なう「グランドハンドリング」業務のスタッフに、熱中症対策としてIoTを活用したウェアラブルデバイスの実験を行いました。

  • IoTで社員の安全を守る!JALが挑む取り組みとは

    日本航空(JAL)では、屋外で働く社員の熱中症対策として、着るだけで心拍数など生体情報の連続取得を可能にする素材「hitoe」の実証実験を開始。そのチャレンジの詳細に迫ります。

  • 大林組が目指す、建設現場での安全作業を見守るIoT

    建設現場における安全性の向上を図る大林組は、着用するだけで作業者のバイタルデータがモニタリングできるセンサー「hitoe(ひとえ)」を導入しました。

  • MVNOのサービスを利用し低価格移動体無線を実現

    タクシー業界では無線をデジタル化する動きがありますが、格安SIM「OCNモバイルONE」を使い、スマホをデジタル無線として活用するサービスが開発されました。

関連記事

IoTにかかわる記事をお読みいただけます。