企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

最新事例記事一覧

  • 短期間でITシステムの統合を実現した秘訣

    ユニキャリアは2社が統合してできた運搬機械のメーカーですが、2社のIT基盤はかなり異なっていました。そこで採用したのが「クラウドマイグレーションサービス」でした。

  • 音声・データ統合でコンタクトセンター効率化を実現

    東計電算は岩手県にコールセンターを開設。しかし東京の拠点と離れているため通信費が増えていました。そこでIP電話「Arcstar IP Voice」などを導入し解決します。

  • ITシステム統合とオフィス移転を一度に行う方法とは

    出版デジタル機構は子会社との統合に際し、新しいオフィスに移転することに。そこで「ICT移転サービス」を利用し、ITシステム統合とオフィス移転を一度に行いました。

  • セブン銀行が認めたデスクトップ仮想化とは

    コンビニのATMおなじみ「セブン銀行」では、Windows XPとOffice 2003のサポート終了の問題を、デスクトップ仮想化ツール「Bizデスクトップ Pro」を導入し解決しました。

  • 海外子会社にERPを導入するために大切なこととは

    海外子会社には、各言語や国際的な法規制にも対応したERPパッケージ「Microsoft Dynamics AX」を導入するのがお勧め。ベトナムの子会社に導入した企業の例を紹介します。

  • WAN最適化で次世代のグローバルIT基盤を構築

    世界に展開する「日揮」は、国際競争力強化のためWANの最適化を実行。NTT Comの「WAN最適化ソリューション」を導入し、運用負荷の軽減やコスト削減などを実現しました。

  • グローバルヘルプデスクでITガバナンス統一を実現

    グローバルなサプライチェーンを展開する神戸製鋼所は、各国でサポートの対応が異なっていたヘルプデスクを、NTT Comの「スーパーヘルプデスク」で統一しました。

  • クラウド移行における運用保守サービスの重要性

    世界的な光学メーカー「HOYA」は、海外子会社のITシステムが異なるITシステムで構築されていることから、NTT Comと協力し、グローバルな保守運用体制を構築します。

  • 若者をカラオケに呼び込め!スマホ集客で会員増達成

    カラオケ店「ビッグエコー」で知られる第一興商は、若年層の集客が課題でした。そんな中「スマホ集客ソリューション」を導入、月間3,000万円の売上効果をあげました。

  • フリーダイヤル、ナビダイヤルの効果的な活用事例

    ノーリツではユーザーの窓口としてフリーダイヤルとナビダイヤルを導入。震災で東日本のコールセンターが機能しなくなったものの西日本に切り替えることで対応できました。