企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

最新事例記事一覧

  • 電話分析でCS向上を図る、宅配寿司「銀のさら」

    宅配寿司「銀のさら」などを展開するライドオン・エクスプレスでは、電話受付の課題を可視化し機会損失の削減や顧客サービスを向上させるためにナビダイヤルを導入しました。

  • エキサイトが実現したカスタマーセンターの効率運営

    エキサイト株式会社では、インターネット接続サービス「エキサイト光」のカスタマーセンターの電話回線に、自動応答でコールが振り分けられる「IVR」機能が付いたナビダイヤルを使用しています。

  • 半年で実現!Mizkan Groupに学ぶITインフラ構築

    「味ぽん」で有名な食品メーカー「Mizkan(ミツカン)」グループは、M&Aによりアメリカの企業を買収。買収先のITリソースを自社環境に組み込むため、わずか半年でIT基盤を整備しました。

  • 電話受付を可視化し改善を図る三井不動産住宅リース

    賃貸マンションを運営管理する三井不動産住宅リースは、繁盛期には問い合わせの電話が鳴りっぱなしで、すべての電話に対応できていませんでした。そこで、ナビダイヤルの導入を検討します。

  • NECトーキンが構築!“持たずに使う”IT基盤

    NECトーキンは、わずか1年間のうちに、国内外の拠点を結ぶネットワークやシステムをゼロから再構築する必要がありました。IT担当はわずか3名、どのように解決したのでしょうか。

  • グローバルでのSFA統合を完遂させたNTT Com

    顧客情報や案件の進捗状況を一元的に管理できるSFA(Sales Force Automation)のメリットを最大化するには、全社で同一システムを使う必要があります。今回はNTT Comの導入事例を紹介します。

  • 鹿島建設が実現したグローバルなBIM活用基盤とは

    大手総合建設会社の鹿島建設では、海外の協力会社と同時に作業できるプラットフォームの構築を検討していました。そこで、拡張が迅速にでいるクラウド基盤を導入することを決断します。

  • グローバルにIT統合を推進する旭硝子の選択とは

    世界的なガラスメーカーの旭硝子ですが、各拠点のITシステムがオンプレミスで構築されており、コストや運用負荷の高さが課題となっていました。そこで、クラウドへ移行することを決定します。

  • 参天製薬が語るグローバル対応ITインフラの作り方

    目薬でお馴染み「参天製薬」では、世界展開を推進するに当たり、データセンターやヘルプデスクが地域別に異なって管理されている点を問題視。グローバルでのサービスレベルの統一を図ります。

  • コニカミノルタが求めたグローバルIT環境の最適解

    コニカミノルタでは、世界各拠点の販売管理のため、全世界的に同じERPが利用できるクラウド環境の導入を決定しました。一体どのように導入したのでしょうか。

  • “攻め”のIT活用を推進するためのオルビスの戦略

    化粧品販売のオルビス株式会社では、全国にある108の店舗と本社を結ぶネットワーク基盤の更改を課題としていました。そこで、運用保守をアウトソースへと切り替えます。

  • “タブレット接客”を支える三城の運用保守体制とは

    「パリミキ」「メガネの三城」などメガネ店を全国に展開する株式会社三城では、iPadを各店舗の接客に利用。セキュリティと安定性を高めるため、VPNサービスの導入に踏み切ります。

  • みずほ銀行のグローバル戦略を支えるITサポート

    みずほ銀行は2014年、法人向け海外オンラインバンキングシステムを全面的に刷新。その鍵となったのが、海外からの問い合わせにも24時間365日対応できるグローバルなヘルプデスクの導入でした。

  • 東洋製罐に聞く! タイ進出を円滑に進めるヒント

    包装容器の製造を行う東洋製罐株式会社では、タイ支社との通信エラーによりテレビ会議が繋がらないなどトラブルが起きていました。この問題をどのように解決したのでしょうか?

  • シヤチハタの事例に学ぶ海外拠点の通信環境最適化

    マレーシアに3拠点あるシヤチハタの生産工場では、ファイルの送受信に時間が掛かり過ぎるなど、通信に不安を抱えていました。そこで通信インフラの再構築にとりかかります。

  • フリーアドレスなどのIT活用で働き方環境を一新

    「ショップジャパン」を運営するオークローンマーケティングは、約100名の従業員を抱えるマーケティング部門を名古屋から東京へ移転。同時に社員が個別の机を持たない「フリーアドレス」をオフィスを実現します。

  • 日本軽金属に聞く!タイ進出のための重要ポイント

    アルミ総合メーカーの日本軽金属は、より事業を加速するために日本とタイを緊密に結ぶIT基盤の構築が必須となりました。納期が遅れがちなタイのお国柄もあり、同社は信頼の置けるパートナー選びを重視します。

  • 中国との遅延を解決した濃飛倉庫運輸のクラウド環境

    アジアを中心にグローバルな物流サービスを提供する濃飛倉庫運輸ですが、海外拠点と国内拠点のネットワーク遅延が問題となっていました。この問題を課題を解決したのが「グローバルクラウド」でした。

  • 大和ハウス工業のスピード経営を支えるIT基盤とは

    大和ハウス工業では、事業が発展する一方で、トラフィックの増加による通信遅延などの課題が発生していました。そこで本社・支社・支店・出張所など計300拠点を結ぶネットワークを新たに構築します。