企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

最新事例記事一覧

  • クラウドでクラウドを提供するリコージャパンの選択

    クラウドサービスを提供する企業が、自社の基盤を社外に移行するケースが増えていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。リコージャパンの事例をもとに紹介します。

  • クラウドERPの導入に踏み切ったオリバーの選択とは

    「年代物の基幹系システムが聖域化していて簡単に更改できない」という企業は少なくないでしょうが、株式会社オリバーは、オフコンで稼働する基幹系システムのクラウド化に成功しました。

  • IHIが選択したPBXクラウド化とFMCの連携

    グローバルに事業を展開する株式会社IHIでは、主要生産拠点のPBX更新を契機にグループ全体の音声コミュニケーション環境の見直しに着手。「FMC」と「クラウドサービス」を連携させる手法を選択しました。

  • クラウド化で事業拡大を成し遂げた、サン・システム

    新潟県の独立系SIer「サン・システム」では、物流管理サービスのクラウド展開を決断。低コストかつ柔軟なサービスを提供することで、大幅な市場拡大に成功しています。

  • 垣根なくつなぎ、大学の価値を守る認証基盤とは

    北海道大学では、一度の認証で複数のシステムが利用できる「シングルサインオン」など、高度な認証基盤を導入しています。その裏には、“人”という財産を活かす狙いがありました。

  • IBM iのクラウド化を実現した西華産業の挑戦

    機械系商社の西華産業は、クラウド化があまり進んでいない「IBM iサーバー」のクラウド化を実現しました。どのような手法でそれを成し遂げたのでしょうか。

  • 大林組が目指す、建設現場での安全作業を見守るIoT

    建設現場における安全性の向上を図る大林組は、着用するだけで作業者のバイタルデータがモニタリングできるセンサー「hitoe(ひとえ)」を導入しました。

  • キタムラが挑んだクラウド移行によるIT可視化とは

    「カメラのキタムラ」でお馴染みの株式会社キタムラでは、事業拡大や拠点の増加によりITシステムが複雑化し、コストと運用管理の負荷が増えていました。同社が取った策とは?

  • 他社が注目!SBI証券コンタクトセンターの取り組み

    SBI証券のコンタクトセンターでは、1日5,000~7,000件ほどの問い合わせに対応していますが、オペレーターにつながるまでの間に流れるガイダンスに、ある工夫があります。

  • 電話分析でCS向上を図る、宅配寿司「銀のさら」

    宅配寿司「銀のさら」などを展開するライドオン・エクスプレスでは、電話受付の課題を可視化し機会損失の削減や顧客サービスを向上させるためにナビダイヤルを導入しました。

  • エキサイトが実現したカスタマーセンターの効率運営

    エキサイト株式会社では、インターネット接続サービス「エキサイト光」のカスタマーセンターの電話回線に、自動応答でコールが振り分けられる「IVR」機能が付いたナビダイヤルを使用しています。

  • 半年で実現!Mizkan Groupに学ぶITインフラ構築

    「味ぽん」で有名な食品メーカー「Mizkan(ミツカン)」グループは、M&Aによりアメリカの企業を買収。買収先のITリソースを自社環境に組み込むため、わずか半年でIT基盤を整備しました。

  • 電話受付を可視化し改善を図る三井不動産住宅リース

    賃貸マンションを運営管理する三井不動産住宅リースは、繁盛期には問い合わせの電話が鳴りっぱなしで、すべての電話に対応できていませんでした。そこで、ナビダイヤルの導入を検討します。

  • NECトーキンが構築!“持たずに使う”IT基盤

    NECトーキンは、わずか1年間のうちに、国内外の拠点を結ぶネットワークやシステムをゼロから再構築する必要がありました。IT担当はわずか3名、どのように解決したのでしょうか。

  • グローバルでのSFA統合を完遂させたNTT Com

    顧客情報や案件の進捗状況を一元的に管理できるSFA(Sales Force Automation)のメリットを最大化するには、全社で同一システムを使う必要があります。今回はNTT Comの導入事例を紹介します。