企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

最新事例記事一覧

  • 介護業界に光明をもたらすビッグデータ活用

    デイサービスを運営している株式会社エムダブルエス日高は、施設利用者の身体情報などをビッグデータとして解析し、どのように利用しているのでしょうか。

  • ビッグデータがウエルシア薬局に与えた“気づき”

    ドラッグストア大手のウエルシア薬局は、筑波大学との共同研究で自社のPOSデータを同大学に提供したところ、学生たちが意外な業務改善提案を行ってきたといいます。

  • 女性の仕事を応援!富士機械製造のロッカーシステム

    産業用ロボットメーカーの富士機械製造は、ネットスーパーで購入した商品が受け取れるロッカーシステムを開発しました。このロッカーにはIoTの技術が活用されていますが、どのような仕組みになっているのでしょうか。

  • “日本をもっと健康に”を追求!タニタの新しい挑戦

    体組成計など「健康をはかる」製品を世に送り出す株式会社タニタでは、計測機器とウェブサイトやアプリを用いて「健康をつくる」という新たなビジネスを開始しています。

  • 自分を知るメガネ「JINS MEME」の大いなる可能性

    JINSが開発した、装着者の心理状態をセンシングするメガネ「JINS MEME」。開発者によると、その先には大いなるビジネスの可能性があるといいます。

  • ERPクラウド化を成功させたサッポログループの選択

    サッポログループマネジメントは、部門統合に伴い、オンプレミスで構築されていた基幹システムをクラウドに移行しました。同社初の挑戦はどのように成し遂げられたのでしょうか。

  • Criteoのアジア進出の基盤となったITインフラとは

    リターゲティング広告において世界大手のCriteo(クリテオ)社は、アジアでの市場拡大のために、信頼性の高いNTTコミュニケーションズのIT基盤を導入しました。

  • 盤石なITインフラとその運用体制確立を短期間に実現

    海外のビジネス環境に合わせて最適なIT環境を構築することは困難を極めますが、現在タイで新銀行の開設準備を進めている三井住友信託銀行は、ある方法で多くの課題を克服しました。

  • なぜVAIOはMVNO参入を決断したのか?

    パソコンのブランド「VAIO」シリーズで広く知られているVAIO株式会社は、同社にとって未知の領域であったMVNO事業に参入しました。その裏にはどんな狙いがあったのでしょうか。

  • キャスキッドソンが期限内にシステム更改できた理由

    英国のアパレルブランドCath Kidston(キャスキッドソン)は、日本国内にIT部門を持たずに、日本28カ所の店舗をつなぐPOSシステム基盤の構築に成功しました。なぜそれができたのでしょうか?

  • キレイを人工知能でサポートする、資生堂の挑戦とは

    化粧品メーカーの資生堂では、AIが相談を受け付けるアプリ「おしえて!ビュー子」を開発。その裏には、10代、20代前半の“デジタルネイティブ世代”を開拓する狙いがありました。

  • 怒涛の出店戦略を支えるコメリ流IT基盤のつくり方

    全国に1,000店舗以上も出店するチェーンストア「コメリ」。その怒涛の出店戦略を支えているのは、1年がかりの更改作業の末に生まれた情報系ネットワークでした。

  • 戦略的ビジネス展開を加速するクラウドのパワー

    コールセンター事業を行うウイングでは、自社の音声基盤のクラウド化を決断。この結果、業務の効率が3倍に向上したといいます。一体何がどう変わったのでしょうか?

  • 進取な経営を加速する三八五流通のクラウド戦略

    青森県に拠点を構える三八五流通では、自社サーバーの台数が年々増加し、費用と運用負荷も増大していました。そこで同社は、基幹系システムのクラウド化に踏み切ります。

  • JFE環境が基幹系基盤にクラウドを選択した理由

    企業における基幹系システムのクラウド移行が加速しています。JFE環境もそのうちの1社ですが、どのような背景や要因でクラウド移行を決断し、どのような効果がもたらされたのでしょうか。

  • IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは

    IoT関連サービスを手掛ける株式会社スマートバリューは、営業車両の位置情報をリアルタイムで表示するサービスを開始。その基盤となっているのは、ある通信サービスでした。

  • フォスター電機が舵を切ったクラウド移行の理由とは

    スピーカやヘッドホンなどの音響機器を世界に展開するフォスター電機は、管理の効率化や海外拠点との共通プラットフォームを作るため、基幹システムのクラウド移行を決断しました。

  • コールセンターの課題をクラウドで解決した日本郵便

    日本郵便では、これまで運営していたコールセンターの拠点の契約期限が切れることから移転を決定。PBXの扱いが課題となりましたが、クラウドを利用することで解決します。

  • IoTで熱中症防止!JALの実証実験に挑んだ現場の声

    日本航空(JAL)では、空港で荷物の搬送や積み下ろし作業を行なう「グランドハンドリング」業務のスタッフに、熱中症対策としてIoTを活用したウェアラブルデバイスの実験を行いました。