企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

最新事例記事一覧

  • 盤石なITインフラとその運用体制確立を短期間に実現

    海外のビジネス環境に合わせて最適なIT環境を構築することは困難を極めますが、現在タイで新銀行の開設準備を進めている三井住友信託銀行は、ある方法で多くの課題を克服しました。

  • なぜVAIOはMVNO参入を決断したのか?

    パソコンのブランド「VAIO」シリーズで広く知られているVAIO株式会社は、同社にとって未知の領域であったMVNO事業に参入しました。その裏にはどんな狙いがあったのでしょうか。

  • キャスキッドソンが期限内にシステム更改できた理由

    英国のアパレルブランドCath Kidston(キャスキッドソン)は、日本国内にIT部門を持たずに、日本28カ所の店舗をつなぐPOSシステム基盤の構築に成功しました。なぜそれができたのでしょうか?

  • キレイを人工知能でサポートする、資生堂の挑戦とは

    化粧品メーカーの資生堂では、AIが相談を受け付けるアプリ「おしえて!ビュー子」を開発。その裏には、10代、20代前半の“デジタルネイティブ世代”を開拓する狙いがありました。

  • 怒涛の出店戦略を支えるコメリ流IT基盤のつくり方

    全国に1,000店舗以上も出店するチェーンストア「コメリ」。その怒涛の出店戦略を支えているのは、1年がかりの更改作業の末に生まれた情報系ネットワークでした。

  • 戦略的ビジネス展開を加速するクラウドのパワー

    コールセンター事業を行うウイングでは、自社の音声基盤のクラウド化を決断。この結果、業務の効率が3倍に向上したといいます。一体何がどう変わったのでしょうか?

  • 進取な経営を加速する三八五流通のクラウド戦略

    青森県に拠点を構える三八五流通では、自社サーバーの台数が年々増加し、費用と運用負荷も増大していました。そこで同社は、基幹系システムのクラウド化に踏み切ります。

  • JFE環境が基幹系基盤にクラウドを選択した理由

    企業における基幹系システムのクラウド移行が加速しています。JFE環境もそのうちの1社ですが、どのような背景や要因でクラウド移行を決断し、どのような効果がもたらされたのでしょうか。

  • IoTで車両や運転を管理するクラウドサービスとは

    IoT関連サービスを手掛ける株式会社スマートバリューは、営業車両の位置情報をリアルタイムで表示するサービスを開始。その基盤となっているのは、ある通信サービスでした。

  • フォスター電機が舵を切ったクラウド移行の理由とは

    スピーカやヘッドホンなどの音響機器を世界に展開するフォスター電機は、管理の効率化や海外拠点との共通プラットフォームを作るため、基幹システムのクラウド移行を決断しました。

  • コールセンターの課題をクラウドで解決した日本郵便

    日本郵便では、これまで運営していたコールセンターの拠点の契約期限が切れることから移転を決定。PBXの扱いが課題となりましたが、クラウドを利用することで解決します。

  • IoTで熱中症防止!JALの実証実験に挑んだ現場の声

    日本航空(JAL)では、空港で荷物の搬送や積み下ろし作業を行なう「グランドハンドリング」業務のスタッフに、熱中症対策としてIoTを活用したウェアラブルデバイスの実験を行いました。

  • IoTで社員の安全を守る!JALが挑む取り組みとは

    日本航空(JAL)では、屋外で働く社員の熱中症対策として、着るだけで心拍数など生体情報の連続取得を可能にする素材「hitoe」の実証実験を開始。そのチャレンジの詳細に迫ります。

  • 攻め&守りで盤石のIT基盤を構築した東京海上日動

    東京海上日動では、グループの基幹システムをデータセンターに移行することを決断。最終的にNTTコミュニケーションズの施設を選択しましたが、決め手となったのは「とう道」でした。

  • クラウド化が最適解!りらいあコミュニケーションズ

    テレマーケティング事業を展開するりらいあコミュニケーションでは、コンタクトセンターの基盤にクラウドを採用しました。クラウドはオンプレミスと比べどのようなメリットがあるのでしょうか。

  • “笑声”でCS向上を図る、スパリゾートハワイアンズ

    東日本大震災の営業中止からわずか1年でV字を果たしたスパリゾートハワイアンズ。しかし、増え続ける電話応対に対応できずクレームが発生。そこで導入したのが「ナビダイヤル」でした。

  • 大手ゲームメーカーが下したクラウド移行の決断

    企業の事業活動を支える基幹系システムをクラウドで運用する企業が増えつつあります。今回はSAP ERPをクラウドに移行した、ある大手ゲームメーカーの事例を紹介します。

  • 柿安本店が考える、10年先も安心できるIT基盤とは

    創業140年以上の伝統を持つ老舗食品メーカーの柿安本店は、多事業展開で急成長を遂げた一方で、事業部門ごとに構築された複雑なシステム環境が課題となっていました。

  • 基幹系システムのクラウド化に踏み切った八光興発

    長野県に拠点を置く八光興発では、昭和40年代に導入された古い基幹系システムの作業負担が大きく、夜半まで作業に追われることがありました。そこで、システムの全面的なクラウド化に踏み切ります。