企業のIT導入事例をまとめてご紹介しております。
ソリューション導入をご検討されている皆さま、必見です。

最新事例記事一覧

  • ワーキングスペースとして注目のカラオケボックス

    カラオケボックスチェーン「ビッグエコー」を展開する第一興商では、カラオケボックスを会議室として活用する取り組みを進めています。どのようなメリットがあるのでしょうか。

  • “誰でも使えるIoT&AI”で社会課題に挑むビーサイズ

    デザイン家電メーカーのビーサイズでは、「Bsize BoT」という手の平サイズのロボットを開発。誰でも簡単に通信機能が使えるよう、あるサービスをチョイスしました。

  • IT業界の悪習を断ち切ったSCSKの果敢な挑戦

    日本を代表するSIerであるSCSK社では、時間外労働や長時間労働が常態化していました。そんな中、経営トップから残業時間の半減と有給休暇の完全取得が厳命されます。

  • ボッシュの働き方改革成功のカギはボトムアップ

    子育て・傷病者を対象に在宅勤務制度を運用してきたボッシュ。近年はそれを更に推進し、一般社員も在宅で勤務できる制度を導入しています。どのような制度なのでしょうか。

  • システムの機能向上とTCOを両立させたシャルレ

    衣料品や化粧品を取り扱う株式会社シャルレは、IT基盤の老朽化を解決すべく、高性能かつ安定性に優れた新しいIT基盤を立ち上げます。そのIT基盤とはどのようなものでしょうか。

  • MVNOでコスト削減と品質向上を両立させたデジタコ

    運行記録計「デジタコ」を取り扱うNPシステム開発は、取得するデータの増加により、顧客の通信費負担が増大するという問題を抱えていました。同社はあるサービスで、その問題を解決しようとします。

  • 働き方改革を加速させるサテライトオフィスの活用

    東急電鉄は、多様な働き方を実現するために、法人向けにサテライトオフィスを提供しています。同社のサテライトオフィスの利点とは一体どのようなものなのでしょうか。

  • 551蓬莱に見る、売れるECサイトの絶対条件とは

    大阪名物として知られる「551 蓬莱の豚まん」はネット通販も人気です。実は当初、蓬莱にはECサイトに詳しい人がいなかったといいます。どのような方法で作成したのでしょうか。

  • 三井物産の“攻めのIT”を支えるグローバルIT基盤

    三井物産株式会社は、グローバルIT基盤の刷新プロジェクトを開始しました。“自ら進化するIT基盤”のために開始したこの計画には、どのような真意があったのでしょうか。

  • 三菱電機の海外事業強化の鍵、ハイブリッドクラウド

    三菱電機グループがグローバル事業の強化を目指し、ICT基盤整備に本格的に着手しました。どういった背景や狙いがあったのでしょうか。

  • 日本郵便がクラウドを活用し海外コンサル事業を推進

    日本郵便は、長年培ってきた郵便業務のノウハウを新興国に提供しています。同社はどのような視点で、現地のIT事業者を選定しているのでしょうか。

  • カメラ+ロボットでこだわり京漬物店の販売を支援

    初代亀蔵の直売店にて、ネットワークカメラとロボットで来店者とコミュニケーションをとる実験が行われました。どのようなメリットがあったのでしょうか。

  • クラウド型PBXで実現!星野リゾートの人材活用手法

    星野リゾートでは、従業員の「働く環境」を整備するために、クラウド型PBXとナビダイヤルを組み合わせた環境を構築。この結果、多くのメリットがあったといいます。

  • 栄光ゼミナールに見るサイネージ配信の創意工夫とは

    学習塾の栄光ゼミナールでは、受講者や保護者に対し情報発信をするためにクラウド型のサイネージを導入しました。そのメリットとは一体何なのでしょうか。