Bizコンパス

IT事例ライブラリー

100社を超える企業のIT導入事例をまとめてご紹介

絞り込み結果:ITインフラ、セキュリティ・BCP対策、IT基盤の最適化、データセンター、BCP・DR対策(ディザスタリカバリ)、UPS(無停電電源装置)、ウィルス対策、サイバー攻撃・不正アクセス、セキュリティ強化、データ復旧・復元、バックアップ、ネットワーク運用保守、ネットワーク監視、ヘルプデスク

クラウド化が最適解!りらいあコミュニケーションズ

りらいあコミュニケーションズ株式会社

テレマーケティング事業を展開するりらいあコミュニケーションでは、コンタクトセンターの基盤にクラウドを採用しました。クラウドはオンプレミスと比べどのようなメリットがあるのでしょうか。

大手ゲームメーカーが下したクラウド移行の決断

大手ゲームメーカー

企業の事業活動を支える基幹系システムをクラウドで運用する企業が増えつつあります。今回はSAP ERPをクラウドに移行した、ある大手ゲームメーカーの事例を紹介します。

柿安本店が考える、10年先も安心できるIT基盤とは

株式会社柿安本店

創業140年以上の伝統を持つ老舗食品メーカーの柿安本店は、多事業展開で急成長を遂げた一方で、事業部門ごとに構築された複雑なシステム環境が課題となっていました。

基幹系システムのクラウド化に踏み切った八光興発

株式会社八光興発

長野県に拠点を置く八光興発では、昭和40年代に導入された古い基幹系システムの作業負担が大きく、夜半まで作業に追われることがありました。そこで、システムの全面的なクラウド化に踏み切ります。

クラウドでクラウドを提供するリコージャパンの選択

リコージャパン株式会社

クラウドサービスを提供する企業が、自社の基盤を社外に移行するケースが増えていますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。リコージャパンの事例をもとに紹介します。

クラウドERPの導入に踏み切ったオリバーの選択とは

株式会社オリバー

「年代物の基幹系システムが聖域化していて簡単に更改できない」という企業は少なくないでしょうが、株式会社オリバーは、オフコンで稼働する基幹系システムのクラウド化に成功しました。

IHIが選択したPBXクラウド化とFMCの連携

株式会社IHI

グローバルに事業を展開する株式会社IHIでは、主要生産拠点のPBX更新を契機にグループ全体の音声コミュニケーション環境の見直しに着手。「FMC」と「クラウドサービス」を連携させる手法を選択しました。

クラウド化で事業拡大を成し遂げた、サン・システム

株式会社サン・システム

新潟県の独立系SIer「サン・システム」では、物流管理サービスのクラウド展開を決断。低コストかつ柔軟なサービスを提供することで、大幅な市場拡大に成功しています。

垣根なくつなぎ、大学の価値を守る認証基盤とは

北海道大学 情報基盤センター

北海道大学では、一度の認証で複数のシステムが利用できる「シングルサインオン」など、高度な認証基盤を導入しています。その裏には、“人”という財産を活かす狙いがありました。

「ミュゼプラチナム」がクラウドを選んだ理由とは

株式会社ミュゼプラチナム(旧ジンコーポレーション)

美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を運営する株式会社ジンコーポレーションでは、季節ごとに変動する需要に柔軟に対応できるコールセンターを実現するため、クラウドに着目しました。

ひまわり生命が選択したシンクライアント基盤構築法

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社では、顧客情報の保護と外出先からの社内システムの利用のため、シンクライアントで利用できるモバイル環境の構築に取り組みました。

IBM iのクラウド化を実現した西華産業の挑戦

西華産業株式会社

機械系商社の西華産業は、クラウド化があまり進んでいない「IBM iサーバー」のクラウド化を実現しました。どのような手法でそれを成し遂げたのでしょうか。

キタムラが挑んだクラウド移行によるIT可視化とは

株式会社キタムラ

「カメラのキタムラ」でお馴染みの株式会社キタムラでは、事業拡大や拠点の増加によりITシステムが複雑化し、コストと運用管理の負荷が増えていました。同社が取った策とは?

半年で実現!Mizkan Groupに学ぶITインフラ構築

株式会社 Mizkan Holdings

「味ぽん」で有名な食品メーカー「Mizkan(ミツカン)」グループは、M&Aによりアメリカの企業を買収。買収先のITリソースを自社環境に組み込むため、わずか半年でIT基盤を整備しました。

多様なシステムの全体最適を実現したアサヒグループ

アサヒグループホールディングス株式会社

ビールやウイスキーでお馴染み「アサヒビール」の持株会社であるアサヒグループホールディングスでは「スパゲッティ状態」のシステム環境が課題でした。どのように改革したのでしょうか。

NECトーキンが構築!“持たずに使う”IT基盤

NECトーキン株式会社

NECトーキンは、わずか1年間のうちに、国内外の拠点を結ぶネットワークやシステムをゼロから再構築する必要がありました。IT担当はわずか3名、どのように解決したのでしょうか。

グローバルでのSFA統合を完遂させたNTT Com

NTTコミュニケーションズ株式会社

顧客情報や案件の進捗状況を一元的に管理できるSFA(Sales Force Automation)のメリットを最大化するには、全社で同一システムを使う必要があります。今回はNTT Comの導入事例を紹介します。

鹿島建設が実現したグローバルなBIM活用基盤とは

鹿島建設株式会社

大手総合建設会社の鹿島建設では、海外の協力会社と同時に作業できるプラットフォームの構築を検討していました。そこで、拡張が迅速にでいるクラウド基盤を導入することを決断します。

グローバルにIT統合を推進する旭硝子の選択とは

旭硝子株式会社

世界的なガラスメーカーの旭硝子ですが、各拠点のITシステムがオンプレミスで構築されており、コストや運用負荷の高さが課題となっていました。そこで、クラウドへ移行することを決定します。

参天製薬が語るグローバル対応ITインフラの作り方

参天製薬株式会社

目薬でお馴染み「参天製薬」では、世界展開を推進するに当たり、データセンターやヘルプデスクが地域別に異なって管理されている点を問題視。グローバルでのサービスレベルの統一を図ります。

絞り込み

ITジャンルから探す
経営課題から探す
業種から探す
従業員数から探す※記事掲載時
フリーワード検索

検索