Bizコンパス

IT事例ライブラリー

100社を超える企業のIT導入事例をまとめてご紹介

絞り込み結果:コンタクトセンター

なぜ、NTT Comは「コンタクトセンター・アワード」を連覇できたのか

NTTコミュニケーションズ

「コンタクトセンター・アワード」を連覇したNTT Com。受賞の背景には先端技術の活用もさることながら、現場を主体とした地道ともいえる改善への取り組みがありました。

コールセンターに○○を導入したら、効率が“約30倍”アップした

株式会社東名

テレマーケティングを行う株式会社東名では、AIで音声をテキスト化する「テキストマイニング」を導入。その結果、“従来の約30倍の業務効率化”があったといいます。

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

東京都福祉保健局

2018年6月に可決された東京都受動喫煙防止条例。東京都福祉保健局はこの条例の周知を図るため、AIチャットボットの導入を決めました。その取り組みを紹介します。

オットージャパンがDXで目指す、One to Oneコミュニケーションとは

オットージャパン株式会社

コンタクトセンターの業務効率化や顧客満足度向上に取り組むオットージャパン。改革を推進するカギは、「顧客接点のDX」でした。

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

株式会社ドコモ・バイクシェア

ドコモ・バイクシェアが事業展開する自転車のシェアサービスは、認知・利用拡大に伴って、コールセンターの応対稼働が逼迫。同社は、その課題にどう取り組んでいるのでしょうか。

顧客接点刷新で現場の課題を可視化したローソン

株式会社ローソン

ローソンでは顧客向けの問い合わせには電話・メール・Webなど複数の窓口を設けていましたが、加盟店向けには電話のみでした。そこで、新たなコンタクトセンターシステムの導入を検討します。

電話インフラをクラウド化し課題解決したJR西日本

JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)

JR西日本では、コールセンターの音声系設備の維持と管理に長年の課題を抱えていました。しかしクラウドを導入したことで、その課題を解決します。

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

NTTコミュニケーションズ株式会社

格安SIMサービス「OCN モバイル ONE」では、顧客の問い合わせ対応にAIを導入。問い合わせ数を約3倍に増やす一方、オペレーターによる応対件数を約6割以上削減しています。

自動回答するAIでCS向上を図るSMBC日興証券

SMBC日興証券株式会社

SMBC日興証券では、2017年5月よりコンタクトセンターにAIを搭載したチャットボットを導入しました。どのような仕組みで、コールに対応しているのでしょうか。

AI活用でコールセンター変革に挑む損保ジャパン日本興亜

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

年間で約190万コールに対応している損害保険ジャパン日本興亜株式会社では、AI(人工知能)を業務に活用するためのトライアルが始まりました。

トラスティルグループがスマホ内線化で在宅勤務実現

株式会社トラスティルグループ

法律と会計のコンサルティングを行うトラスティルグループは、在宅勤務体制を導入しました。その決断に至ったきっかけは、優秀な社員のある相談からでした。

「勘定奉行」のOBCが推進する電話サポート改革

株式会社オービックビジネスコンサルタント

サポートセンターの運営では、コール数のデータを把握することは不可欠。「奉行シリーズ」で知られるOBCは、どのような方法でコール数を把握しているのでしょうか。

戦略的ビジネス展開を加速するクラウドのパワー

株式会社ウイング

コールセンター事業を行うウイングでは、自社の音声基盤のクラウド化を決断。この結果、業務の効率が3倍に向上したといいます。一体何がどう変わったのでしょうか?

コールセンターの課題をクラウドで解決した日本郵便

日本郵便株式会社

日本郵便では、これまで運営していたコールセンターの拠点の契約期限が切れることから移転を決定。PBXの扱いが課題となりましたが、クラウドを利用することで解決します。

クラウド化が最適解!りらいあコミュニケーションズ

りらいあコミュニケーションズ株式会社

テレマーケティング事業を展開するりらいあコミュニケーションでは、コンタクトセンターの基盤にクラウドを採用しました。クラウドはオンプレミスと比べどのようなメリットがあるのでしょうか。

“笑声”でCS向上を図る、スパリゾートハワイアンズ

常磐興産株式会社

東日本大震災の営業中止からわずか1年でV字を果たしたスパリゾートハワイアンズ。しかし、増え続ける電話応対に対応できずクレームが発生。そこで導入したのが「ナビダイヤル」でした。

「ミュゼプラチナム」がクラウドを選んだ理由とは

株式会社ミュゼプラチナム(旧ジンコーポレーション)

美容脱毛サロン「ミュゼプラチナム」を運営する株式会社ジンコーポレーションでは、季節ごとに変動する需要に柔軟に対応できるコールセンターを実現するため、クラウドに着目しました。

他社が注目!SBI証券コンタクトセンターの取り組み

株式会社SBI証券

SBI証券のコンタクトセンターでは、1日5,000~7,000件ほどの問い合わせに対応していますが、オペレーターにつながるまでの間に流れるガイダンスに、ある工夫があります。

電話分析でCS向上を図る、宅配寿司「銀のさら」

株式会社ライドオン・エクスプレス

宅配寿司「銀のさら」などを展開するライドオン・エクスプレスでは、電話受付の課題を可視化し機会損失の削減や顧客サービスを向上させるためにナビダイヤルを導入しました。

エキサイトが実現したカスタマーセンターの効率運営

エキサイト株式会社

エキサイト株式会社では、インターネット接続サービス「エキサイト光」のカスタマーセンターの電話回線に、自動応答でコールが振り分けられる「IVR」機能が付いたナビダイヤルを使用しています。

絞り込み

ITジャンルから探す
経営課題から探す
業種から探す
従業員数から探す※記事掲載時
フリーワード検索

検索