Bizコンパス

IT事例ライブラリー

100社を超える企業のIT導入事例をまとめてご紹介

絞り込み結果:音声通信、ソーシャルメディアマーケティング 、IP電話・固定電話・FAX、コンタクトセンター、フリーダイヤル・ナビダイヤル、ユニファイドコミュニケーション(UC)、社内SNS・ビジネスチャット、顧客接点

コールセンターに○○を導入したら、効率が“約30倍”アップした

株式会社東名

テレマーケティングを行う株式会社東名では、AIで音声をテキスト化する「テキストマイニング」を導入。その結果、“従来の約30倍の業務効率化”があったといいます。

AI法律相談窓口をオンラインで開設、アガルートのリーガルテック戦略とは

株式会社アガルート

働き方改革関連法はじめさまざまな法律が厳格化し、企業規模を問わず適正な対応が求められる時代です。リーズナブルに利用できる“AI顧問サービス”はいかがでしょうか。

「デザイン思考」でサービス創出に挑む東北電力

東北電力株式会社

自由化による他事業者の参入など、電力競争が激化する中、東北電力では「デザイン思考」を活用したサービス創出に取り組んでいます。その手法とはどんなものなのでしょうか。

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

東京都福祉保健局

2018年6月に可決された東京都受動喫煙防止条例。東京都福祉保健局はこの条例の周知を図るため、AIチャットボットの導入を決めました。その取り組みを紹介します。

オットージャパンがDXで目指す、One to Oneコミュニケーションとは

オットージャパン株式会社

コンタクトセンターの業務効率化や顧客満足度向上に取り組むオットージャパン。改革を推進するカギは、「顧客接点のDX」でした。

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組むドコモ

株式会社ドコモ・バイクシェア

ドコモ・バイクシェアが事業展開する自転車のシェアサービスは、認知・利用拡大に伴って、コールセンターの応対稼働が逼迫。同社は、その課題にどう取り組んでいるのでしょうか。

新庁舎建設を機にPBXをクラウド化した南会津町の狙い

福島県南会津町

福島県南会津町は、新庁舎建設を機に、PBXを従来のオンプレミス型からクラウド型に切り替えました。サービス導入に至る背景とは、導入により得られたメリットとは何でしょうか。

PBX移行でBCP対策と働き方改革を進める鹿児島放送

株式会社鹿児島放送

株式会社 鹿児島放送は、新社屋の建設を機にBCP対策の一環として全社的なPBXのクラウド化を決断しました。そこには、どのような狙いがあったのでしょうか。

顧客接点刷新で現場の課題を可視化したローソン

株式会社ローソン

ローソンでは顧客向けの問い合わせには電話・メール・Webなど複数の窓口を設けていましたが、加盟店向けには電話のみでした。そこで、新たなコンタクトセンターシステムの導入を検討します。

電話インフラをクラウド化し課題解決したJR西日本

JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)

JR西日本では、コールセンターの音声系設備の維持と管理に長年の課題を抱えていました。しかしクラウドを導入したことで、その課題を解決します。

コンタクトセンターのFAQを最大限活用するAIとは

NTTコミュニケーションズ株式会社

格安SIMサービス「OCN モバイル ONE」では、顧客の問い合わせ対応にAIを導入。問い合わせ数を約3倍に増やす一方、オペレーターによる応対件数を約6割以上削減しています。

自動回答するAIでCS向上を図るSMBC日興証券

SMBC日興証券株式会社

SMBC日興証券では、2017年5月よりコンタクトセンターにAIを搭載したチャットボットを導入しました。どのような仕組みで、コールに対応しているのでしょうか。

構内PHSをスマホへ移行、時事通信社が得た効果とは

株式会社時事通信社

時事通信社ではこれまでオンプレミスでPBXを設置し、構内PHSを利用していましたが、PBXをクラウドに切り替えたことで、ポジティブな変化があったといいます。

AI活用でコールセンター変革に挑む損保ジャパン日本興亜

損害保険ジャパン日本興亜株式会社

年間で約190万コールに対応している損害保険ジャパン日本興亜株式会社では、AI(人工知能)を業務に活用するためのトライアルが始まりました。

トラスティルグループがスマホ内線化で在宅勤務実現

株式会社トラスティルグループ

法律と会計のコンサルティングを行うトラスティルグループは、在宅勤務体制を導入しました。その決断に至ったきっかけは、優秀な社員のある相談からでした。

「勘定奉行」のOBCが推進する電話サポート改革

株式会社オービックビジネスコンサルタント

サポートセンターの運営では、コール数のデータを把握することは不可欠。「奉行シリーズ」で知られるOBCは、どのような方法でコール数を把握しているのでしょうか。

クラウド型PBXで実現!星野リゾートの人材活用手法

星野リゾート

星野リゾートでは、従業員の「働く環境」を整備するために、クラウド型PBXとナビダイヤルを組み合わせた環境を構築。この結果、多くのメリットがあったといいます。

栄光ゼミナールに見るサイネージ配信の創意工夫とは

株式会社栄光

学習塾の栄光ゼミナールでは、受講者や保護者に対し情報発信をするためにクラウド型のサイネージを導入しました。そのメリットとは一体何なのでしょうか。

キレイを人工知能でサポートする、資生堂の挑戦とは

株式会社資生堂

化粧品メーカーの資生堂では、AIが相談を受け付けるアプリ「おしえて!ビュー子」を開発。その裏には、10代、20代前半の“デジタルネイティブ世代”を開拓する狙いがありました。

クラウド化というブライトンコーポレーションの選択

株式会社ブライトンコーポレーション

ホテルを運営するブライトンコーポレーションでは、経営統合や事業譲渡など経た結果、音声・データ通信が複雑化していました。そこで全面的な環境刷新に踏み切ります。

絞り込み

ITジャンルから探す
経営課題から探す
業種から探す
従業員数から探す※記事掲載時
フリーワード検索

検索