Bizコンパス

IT事例ライブラリー

100社を超える企業のIT導入事例をまとめてご紹介

絞り込み結果:人工知能(AI)、ビッグデータ、GPU、事業拡大

輸出する果物の鮮度を、IoTとクラウドでキープする!物流会社が挑戦

株式会社日新

国際物流事業を展開する株式会社日新では、生鮮食品の鮮度を保持する梱包を、IoTとクラウドで管理するサービスの開発に挑戦しています。どのような仕組みなのでしょうか。

東京都がAIチャットボットで実現する、24時間365日の問い合わせ対応

東京都福祉保健局

2018年6月に可決された東京都受動喫煙防止条例。東京都福祉保健局はこの条例の周知を図るため、AIチャットボットの導入を決めました。その取り組みを紹介します。

みずほ情報総研が目指す、環境変化に即応可能なIT

みずほ情報総研株式会社

みずほ情報総研株式会社は、海外各国の拠点のネットワークにおいて、暗号化などの各国側の要請に対応する必要がありました。同社はどのような戦略や手法で対応したのでしょうか。

テクノプロHDが選択したIT運用の最適解とは

テクノプロ・ホールディングス株式会社

国内最大の規模で技術系人材サービスを展開するテクノプロ・ホールディングスは、オーダーメイド型のトータル・ソリューションを導入し、拠点間ネットワークの最適運用を実現しました。

シスコに聞く、IoTで成果を出すためのポイントとは

シスコシステムズ合同会社

IoTで成果を挙げた企業が出現する一方、「最初の一歩が踏み出せない」という企業は多いかもしれません。IoT導入のアプローチ方法を、シスコに聞きました。

優秀人材を確保するため、神戸製鋼が多国籍人材を雇用する切り札

株式会社神戸製鋼所

ダイバーシティ戦略を掲げ、優秀な人材確保・育成に取り組む神戸製鋼。その中には外国籍社員の採用もあり、働く現場には、言語の壁を超えるためのコミュニケーション補助ツールが不可欠でした。

IoTで水処理装置を監視しサービス向上を図るオルガノ

オルガノ株式会社

「純水」や「超純水」の製造装置を販売するオルガノ。同社は、水処理装置にIoTを導入しました。その背景とは、そしてどのような効果が出ているのでしょうか。

AIチャットボットを活用し応対品質向上に取り組む ドコモ

株式会社ドコモ・バイクシェア

ドコモ・バイクシェアが事業展開する自転車のシェアサービスは、認知・利用拡大に伴って、コールセンターの応対稼働が逼迫。同社は、その課題にどう取り組んでいるのでしょうか。

企業がIoTを諦める「3つのあるある」を回避する方法とは

コネクシオ株式会社

IoTを始めたものの、誤った導入方法により思うように成果が出ず、途中で断念する企業が増えています。どうすれば成果が出るのか、業界のスペシャリストに秘訣を聞きました。

IoTプラットフォームで工場の未来を拓くファナック

ファナック株式会社

国内外の工場の自動化を追求してきたファナックのIoTを活用した新事業「FIELD system」は、いかにして開発されたのか。そのベースには、パートナー企業との共創がありました。

なぜフィデリティ投信は「AI翻訳」を導入したのか

フィデリティ投信株式会社

フィディリティ投信では、英語のレポートを翻訳し、顧客に届けるサービスを行っていますが、翻訳作業に伴う時間とコストが課題でした。この問題を「AI」で解決したといいます。

IoTとAI活用で危険を防ぐ、見守りサービス「みもり」

ドリームエリア株式会社

株式会社ドリームエリアは、子どもを見守るためのデバイスである「みもり」を開発。このデバイスの肝となるのが、AIと「100円SIM」といいます。どのような仕組みになっているのでしょうか。

アカマイが打ち明けるCDNプラットフォームの裏側

アカマイ・テクノロジーズ合同会社

アカマイではコンテンツ配信のためのサーバーを世界各地に配備し、多くのユーザーからのコンテンツ要求に対応しています。そのプラットフォームには、ある秘密があるといいます。

PFNがディープラーニング研究開発を支えるGPU計算基盤を構築

株式会社Preferred Networks

株式会社Preferred Networksは、2017年9月、国内最大級のスーパーコンピュータ「MN-1」の稼働をスタートしましたが、その構築は極めて難易度が高いものだったといいます。

働き方改革によりシスコが得た多大な効果とは

シスコシステムズ合同会社

日本は今、国を挙げて抜本的な働き方改革を成し遂げようとしていますが、創業当初から働き方改革を進めてきたシスコシステムズ合同会社は、どのような成果があったのでしょうか。

スズキに学ぶ!インド新工場ネットワーク構築の実態

スズキ株式会社

多くの日系企業が進出を検討しているインドですが、通信インフラの安定性において課題があります。35年前にインドに進出したスズキ株式会社は、どのように運用しているのでしょうか。

PBX移行でBCP対策と働き方改革を進める鹿児島放送

株式会社鹿児島放送

株式会社 鹿児島放送は、新社屋の建設を機にBCP対策の一環として全社的なPBXのクラウド化を決断しました。そこには、どのような狙いがあったのでしょうか。

インテックがネットワークを一元提供する狙いとは

株式会社インテック

ITベンダーが顧客と結ぶネットワークは、各通信キャリアから調達することがほとんど。しかしインテックは、敢えて独自のネットワークを立ち上げました。その狙いはどこにあるのでしょうか。

日立製作所がSD-WAN導入でめざすネットワーク構想

株式会社日立製作所

SDNの技術を利用し、柔軟なWANの構成を実現するサービスとして注目されている「SD-WAN」。日立製作所はすでにこのサービスを導入していますが、どのような効果があったのでしょうか。

CDN活用で事業拡大へ!NDソフトウェアの挑戦

エヌ・デーソフトウェア株式会社

NDソフトウェアは、顧客向けのダウンロードサイトにCDNを導入して効率化を実現しました。同社やサービスのユーザーには、どのようなメリットがもたらされたのでしょうか。

絞り込み

ITジャンルから探す
経営課題から探す
業種から探す
従業員数から探す※記事掲載時
フリーワード検索

検索