Bizコンパス

トレンド

中国の大学でユニコーン企業が生まれつつある背景

海外発!最新ITトレンド情報2018中国・大連

中国の大学でユニコーン企業が生まれつつある背景

中国では、大学卒業後に就職せず、起業する学生が増えている。その背景には、中国独特の大学文化がある。実際の起業の例から、その背景を読み解いてみよう。

香港では「トレラン」がビジネスを動かしている

海外発!最新ビジネス事情2018中国・香港

香港では「トレラン」がビジネスを動かしている

香港ではいま、マラソンと登山をかけ合わせた「トレイルランニング(トレラン)」が人気となっており、ビジネスとして成功を収めている主催者もいます。

こんなテレワークでは情報漏洩し放題である

こんなセキュリティ対策は機能しない第2回

こんなテレワークでは情報漏洩し放題である

働き方改革の一環として「テレワーク(在宅勤務)」が注目されているが、中にはセキュリティ対策が甘い企業もある。“情報漏えいし放題”なテレワークの例を紹介しよう。

アラブの女性達はSNSで自由を謳歌している

海外発!最新ITトレンド情報2018UAE・アルアイン

アラブの女性達はSNSで自由を謳歌している

「アラブの女性」と聞いて、もしかしたら「不自由」というイメージを持っている人も多いかもしれません。しかし、彼女たちは今、SNSというツールを用いて、新たな自由を手に入れつつあります。

Bizコンパス月間アクセスランキング 2018年4月

人気の記事がひと目で分かる!第49回

Bizコンパス月間アクセスランキング 2018年4月

Bizコンパスの人気記事をアクセス数順に取り上げる「Bizコンパス 月間アクセスランキング」。4月のベスト10はどの記事だったのか?いま話題の記事を紹介します。

日本で成功もアメリカで苦戦?ファーウェイの端末戦略

ケータイ業界の最新動向に迫る第52回

日本で成功もアメリカで苦戦?ファーウェイの端末戦略

世界3位のシェアを誇るスマホメーカーである、中国のファーウェイ。日本ではSIMフリー市場を中心に人気を博しているが、アメリカではある理由で苦戦を強いられている。

中国で「シェアエコノミー」が成長する3つの要因

海外発!最新ビジネス事情2018中国・大連

中国で「シェアエコノミー」が成長する3つの要因

中国でシェアサービスを営む企業の多くは、開始から数年で全国展開するほどの急成長を遂げている。その背景には、中国の独特な国民性も関係しているようだ。

東横INNのこだわり“全店舗同品質”とは

マルセイユでも東横INNは“いつもと同じ”

東横INNのこだわり“全店舗同品質”とは

日本のビジネスパーソンに長年親しまれてきたビジネスホテル「東横INN」。2018年5月18日にはフランスにグランドオープンするなど、世界に打って出る同社のグローバル戦略とは。

日本上陸間近、中国系モバイル決済アプリの今

海外発!最新ITトレンド情報2018中国・大連

日本上陸間近、中国系モバイル決済アプリの今

日本を訪れた中国人の感想は、2010年代前半までは「清潔」「礼儀正しい」が中心だった。しかし最近は「日本は不便」という嘆きが聞かれる。その背景には「支払い」がある。

「プリペイド払い」がインドネシアを便利にしている

海外発!最新ITトレンド情報2018インドネシア・ジャカルタ

「プリペイド払い」がインドネシアを便利にしている

インドネシアでは支払いの多くが、現金ではなくプリペイドで行われる。スマホの料金支払いはもちろん、電気代もプリペイドだ。一体どのように引き落とされるのだろうか。

アメリカで「着物ビジネス」がヒットする理由とは

海外発!最新ビジネス事情2018アメリカ・シアトル

アメリカで「着物ビジネス」がヒットする理由とは

アメリカ・シアトルでは、2018年1月に斬新な着物ビジネスが誕生し、話題を呼んでいる。「日本の価値観を押し付けない」というビジネススタイルはどうして生まれたのか。

レーシックに続く?新たな視力矯正技術「ICL」とは

「目」の最前線

レーシックに続く?新たな視力矯正技術「ICL」とは

新たな視力矯正技術として「ICL」が注目されています。眼の中にコンタクトレンズを移植するというものですが、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

携帯3社の「+メッセージ」、LINEと何が違う?

ケータイ業界の最新動向に迫る第51回

携帯3社の「+メッセージ」、LINEと何が違う?

SMSを用いた新しい携帯電話のサービス「+メッセージ」が、5月9日より始まる。LINEに対抗するサービスとして注目されているが、LINEとはどのような違いがあるのだろうか。

スターバックスの新たな挑戦は成功するか?

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第103回

スターバックスの新たな挑戦は成功するか?

スターバックスは、オフィスでもコーヒーが楽しめる『We Proudly Serve Starbucks』の展開を本格化すると発表。この背景には、同社の差別化戦略が見え隠れします。

なぜ「TSUTAYA」は「T-SITE」へ変わったのか?

田中洋が語る、世界に通じるブランディング第6回

なぜ「TSUTAYA」は「T-SITE」へ変わったのか?

「TSUTAYA」で知られるCCC社は、最近はメインビジネスを、豊かな生活を提案することを目的とした「T-SITE」に切り替えている。これはどういう意図があるのか。