Bizコンパス

ワークスタイル

あなたの会社でeラーニングの効果が得られない理由

今こそ見直すべき「映像教育」の価値第1回

あなたの会社でeラーニングの効果が得られない理由

eラーニングを導入したのに効果が上がらないのは、実は映像教育に対する理解不足や誤った先入観があるからです。ではどのような誤解をしているか等を明らかにします。

口頭で説明するよりも、文書化した方が効率が良い

仕事術としてのビジネス文書第3回

口頭で説明するよりも、文書化した方が効率が良い

直接、あるいは電話などで、口頭で情報を伝えることに比べると、文書を作成することは手間がかかります。しかし、その手間をかけることで効率が良くなることは多いのです。

英語が苦手な人こそ覚えておきたい簡単雑談フレーズ

ビジネスの現場で使えるトーク・テクニック第2回

英語が苦手な人こそ覚えておきたい簡単雑談フレーズ

英語である程度会話ができるものの、英語での雑談はどうも苦手だという人のために、会話のきっかけに使える英語フレーズをご紹介します。

1日中パソコンをしても目が悪くならない裏ワザ

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第19回

1日中パソコンをしても目が悪くならない裏ワザ

仕事で長時間、パソコンを使わなくてはならないという人は多いでしょう。しかし、いくつか注意すれば、眼精疲労や肩こりなど、かなり軽減できます。ぜひご一読を。

ジョブズに学ぶ、優れたパブリックスピーキングとは

ビジネスの現場で使えるトーク・テクニック第1回

ジョブズに学ぶ、優れたパブリックスピーキングとは

日本でも近年注目されつつある「パブリックスピーキング」のスキル。なぜ必要なのか、どうすれば身に付けられるのか、そのポイントを具体例とともにご紹介します。

「文書を作るのが苦手」なら見出しから書いてみよう

仕事術としてのビジネス文書第2回

「文書を作るのが苦手」なら見出しから書いてみよう

既に頭の中で考えがまとまっていれば文書作成は容易ですが、考えがまとまっていない場合はどうすれば良いのでしょうか。書きながら考えをまとめる方法があります。

やる気が出る朝の始め方7つ

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第15回

やる気が出る朝の始め方7つ

最初が肝心とはよく言ったもの。その一日をやる気で過ごせるかどうかは、朝にかかっています。朝起きた後に実行できる、やる気を出す朝の秘訣を7つご紹介します。

「文書化」をサボる人は、自分も周囲もダメにする

仕事術としてのビジネス文書第1回

「文書化」をサボる人は、自分も周囲もダメにする

作業手順書や作業マニュアル、指示書、依頼書と言った文書を作成する手間を掛けることは、面倒ではあるものの、巡り巡って自分やその周囲の人たちのためになります。

先方と良好な関係を保つ「お礼」のメールの書き方

意外と知らないメールの書き方講座第5回

先方と良好な関係を保つ「お礼」のメールの書き方

新規の仕事を発注いただいたときなどは、できれば直接会って感謝の意を伝えるか、電話でお礼を述べますが、改めてメールでもお礼を伝える事は良好な関係の維持に有効です。

「朝」をもっと生産的に過ごすための10の方法

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第10回

「朝」をもっと生産的に過ごすための10の方法

一日がうまくいくかどうかは、朝で決まります。まさに「最初が肝心」なのです。朝をこう変えればもっと生産的になる、そんな10の方法を紹介します。

これならカドが立たない!断りのメールの使い分け方

意外と知らないメールの書き方講座第4回

これならカドが立たない!断りのメールの使い分け方

断りのメールを返信しなければならない場合、今後も良好な関係を維持したい相手と、そうでない相手とで、メールの書き方を使い分けるようにしましょう。

ミスしてしまったその時に…… お詫びメールの心得

意外と知らないメールの書き方講座第3回

ミスしてしまったその時に…… お詫びメールの心得

メールは大変便利な連絡手段ですが、トラブルなどでお詫びしなければならない場合には注意が必要です。今回はクライアントに対する謝罪メールの書き方を見ていきましょう。

記憶力が明日から高くなる!7つの記憶法

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第5回

記憶力が明日から高くなる!7つの記憶法

進学や就職、転職、異動など、さまざまな場面で新しい知識の習得が求められます。もし「覚える」ことや「学習すること」が得意だったら? 実はコツがあるのです。

「Re:」のままで大丈夫?メールの返信マナー

意外と知らないメールの書き方講座第2回

「Re:」のままで大丈夫?メールの返信マナー

メールは、簡単な操作で返信できてしまうので、つい、安易に回答を書いて送信ボタンをクリックしてしまいます。しかし、返信には、注意すべきマナーがあります。

「もっと聞きたい」スピーチにするための4カ条

ビジネスの局面に覚えておきたい「使える知識」第2回

「もっと聞きたい」スピーチにするための4カ条

あなたのスピーチは、「まだ終わらないの?」と思われていませんか? 4つのポイントに注意するだけで、「もっと聞きたい」スピーチに大変身します。