Bizコンパス

ワークスタイル

スウェーデン初の6時間勤務導入は日本企業!?

短時間労働の国・スウェーデンに学ぶ生産性向上術第2回

スウェーデン初の6時間勤務導入は日本企業!?

スウェーデンで6時間勤務を導入する会社が増えている。6時間勤務をいち早く導入したのは、トヨタのサービスセンターであった。6時間勤務で生産性は向上するのか。

できるビジネスパーソンは夜食をとっても太らない

良い食事がビジネスの成功につながる第4回

できるビジネスパーソンは夜食をとっても太らない

忙しいビジネスパーソンは、早い時間に夕食を摂ることが難しく、夜食が必要になることも多くあります。そこで、体調を管理しながら夜食を上手にとる方法を紹介します。

労働時間を短縮!ハーバード流「集中力」の養い方

集中力は身につけられる

労働時間を短縮!ハーバード流「集中力」の養い方

目標に「労働時間の短縮」を掲げていても、実行するのは難しいもの。時間内で成果を出すために、個人の「集中力」を養う方法を紹介します。

スウェーデン流の「休憩」が短時間労働につながる

短時間労働の国・スウェーデンに学ぶ生産性向上術第1回

スウェーデン流の「休憩」が短時間労働につながる

ワークライフバランスの先進国であるスウェーデンは労働時間が短いため、オフィス街は17時で真っ暗に。短時間労働の秘訣は、伝統文化「フィーカ(FIKA)」にあります。

できるビジネスパーソンは夕食でストレスを解消する

良い食事がビジネスの成功につながる第3回

できるビジネスパーソンは夕食でストレスを解消する

忙しいビジネスパーソンにとって、業務効率を上げるためにも食事の管理は重要です。そこで、ビジネスパーソンにとって栄養バランスの良い夕食の摂り方を紹介します。

「残業短縮」は組織を強化する絶好のチャンス

今日から使える!3つの改革で変える効率的仕事術第24回

「残業短縮」は組織を強化する絶好のチャンス

長時間残業が社会問題となっていますが、残業が少なくて済むのは、仕事を効率的に進められている証でもあります。残業対策をすることは、人材発掘やチーム強化につながるチャンスと上司は捉えるべきです。

短時間で「最高の集中力」を発揮するための習慣

今すぐできる組織の改善第27回

短時間で「最高の集中力」を発揮するための習慣

「雑用をつい完璧に仕上げてしまう」、「大きな仕事には取り掛かるまで腰が重い」。そんな悩みの解決策として、仕事を「15分サイズ」にして取り組む習慣をお勧めします。

1日を「雑用」でスタートしてはいけない

今すぐできる組織の改善第26回

1日を「雑用」でスタートしてはいけない

出勤後、メールの確認など「雑用」から仕事を始める人は多いでしょうが、実はこれをやってしまうと、脳の活用効率が悪くなってしまう恐れがあります。

長い会議がサッと終わる!弁護士から学ぶ法廷戦術

延々と続く会議に終止符を!

長い会議がサッと終わる!弁護士から学ぶ法廷戦術

弁護士は法廷での時間が限られているため、効率的な議論のスキルに長けています。会議を無用に長引かせないために、ビジネスでこそ弁護士の議論スキルや戦術を応用すべきです。

時間をかけずに成功できる「スマートカット」とは

「コツコツやっても伸びない人」は必見

時間をかけずに成功できる「スマートカット」とは

短期間で成功した人には共通した考え方がある。それは常識に疑問を投げかけ、新たなイノベーションで短期間に成功へたどり着く、スマートカットという考えだ。

プレゼンはスキルやテクニックよりも「○○」が重要

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第76回

プレゼンはスキルやテクニックよりも「○○」が重要

スピーチやプレゼンが上手くいかないとき、問題となるのはプレゼンスキルでしょうか、話し方でしょうか。もしかしたら、それ以前のところに問題があるのかもしれません。

できるビジネスパーソンは「昼食」を食べ過ぎない

良い食事がビジネスの成功につながる第2回

できるビジネスパーソンは「昼食」を食べ過ぎない

仕事のパフォーマンスが高い「できる人」は、忙しい中でも上手に工夫して昼食を摂っています。その考えを取り入れて、これまでとひと味違う自分になりましょう。

プレゼンで聴衆者を魅了するには「ツカミ」が肝心

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第6回

プレゼンで聴衆者を魅了するには「ツカミ」が肝心

プレゼンは仕事を獲得するための大きな山場です。プレゼンで聴衆者を魅了し納得させるために、心理学的に何をすれば効果があるのかを解説します。

できるビジネスパーソンは「朝食」のとり方が違う

良い食事がビジネスの成功につながる第1回

できるビジネスパーソンは「朝食」のとり方が違う

仕事のパフォーマンスが高いビジネスパーソンは、日々の食事にも工夫をしているものです。朝食のとり方が、仕事のパフォーマンスにどれほどの影響を与えるのでしょうか。

脳を活性化して120%の能力を発揮する方法とは?

脳を活性化する方法

脳を活性化して120%の能力を発揮する方法とは?

脳を活性化させると、今よりも高い能力を発揮できます。さらに仕事のパフォーマンスも上げることができます。