Bizコンパス

ワークスタイル

残念な会議を実りある会議に変える7つのコツ・小技

何かがおかしい『働き方改革』第4回

残念な会議を実りある会議に変える7つのコツ・小技

これまで数回に渡って「残念な会議を減らし、良い会議を実現する」ための方法を紹介してきたが、最終回ではより実践的なコツ・小技を紹介する。

プレゼン中の姿勢が悪い……どうすれば良い?

口下手な人のためのプレゼン・スピーチ相談室第6回

プレゼン中の姿勢が悪い……どうすれば良い?

現代人はとかく猫背になりやすい傾向にあります。しかし、プレゼン中に猫背の姿勢になってしまうと、自信がなさそうに見えてしまいます。

生産性向上の鍵は「いつも通り」にメスを入れること

今すぐできる組織の改善第52回

生産性向上の鍵は「いつも通り」にメスを入れること

低生産性と長時間残業を改善するためには、当たり前すぎて疑いもしない、普段の仕事のやり方やリズムに敢えてメスを入れることが重要になります。

プレゼンに成功も、質疑応答で失敗。どうすれば良い?

口下手な人のためのプレゼン・スピーチ相談室第5回

プレゼンに成功も、質疑応答で失敗。どうすれば良い?

プレゼンは事前にいくらでも練習できますが、質疑応答は相手が何を言ってくるのか、すべてを予想するのは困難です。そんな時は、あらかじめ返答する「型」が重要です。

「効率化」において、多数派は少数派に勝てない

「日本三大奇襲」に学ぶ、弱者が強者に勝つ方法第2回

「効率化」において、多数派は少数派に勝てない

時は戦国時代、関東地方で徐々に勢力を伸ばしていた北条氏は、約10倍以上の兵力を抱えた旧来勢力と対立した。しかし北条氏は、ある策によってこの危機を脱する。

会議をダメにする「3つのロス」の防ぎ方

何かがおかしい『働き方改革』第3回

会議をダメにする「3つのロス」の防ぎ方

「残念な会議」を「実りある会議」に変えるためには、働き方改革で働きがいにも意識を向けるように、会議の無駄を省くだけではなく、会議の効果も高めることが必要である。

プレゼン中に出る「手の癖」、どうすれば直せる?

口下手な人のためのプレゼン・スピーチ相談室第4回

プレゼン中に出る「手の癖」、どうすれば直せる?

話している人の手の動きは、放っておけばプレゼンテーションの邪魔になりますが、意図的に動かすことで、プレゼンテーションをより良いにものにできます。

「残念な会議」を減らす6つのチェックポイント

何かがおかしい『働き方改革』第2回

「残念な会議」を減らす6つのチェックポイント

会議は複数人が参加するもののため、進め方によって、相当の投入資源・時間を使ってしまう。「会議」で生産性向上を実現する、うち、時間を減らす方法を紹介する。

「たばこ休憩」は法的にアリ? ナシ?

喫煙者に対する非喫煙者の不満をどう解消するか

「たばこ休憩」は法的にアリ? ナシ?

「喫煙者だけたばこ休憩が許される」「仕事をサボっている」と、非喫煙者が禁煙者に対し不満を抱いている企業は多いでしょう。この問題は、どう解決すべきなのでしょうか。

プレゼン中の表情が硬い……どうすれば良い?

口下手な人のためのプレゼン・スピーチ相談室第3回

プレゼン中の表情が硬い……どうすれば良い?

プレゼンやスピーチ中は「大事なことを言い忘れてはいけない」と表情が硬くなりがちです。しかし表情が硬いことは、ビジネスシーンではデメリットに繋がる恐れがあります。

会議が変わると働き方が変わる!そのノウハウとは

グダグダ会議は生涯3万時間を無駄に過ごすことに

会議が変わると働き方が変わる!そのノウハウとは

ビジネスコンサルタントの榊巻亮氏に、これまでの「迷走する会議」に変革を起こすノウハウを伺いました。すぐに試してみたくなる気づきが、きっと見つかるはずです。

ミスを減らしたいならむしろボーっとすべし

ミスをゼロにする脳の調整術第2回

ミスを減らしたいならむしろボーっとすべし

ミスを無くすためには、脳がスムーズに動く仕組みを整えることが重要です。箇条書き日記や大一番の前のルーティーンなど、ミスをしない脳を作る習慣を紹介します。

会議には「良い会議」と「残念な会議」がある

何かがおかしい『働き方改革』第1回

会議には「良い会議」と「残念な会議」がある

会議は複数人が参加するもののため、進め方いかんでは、相当の投入資源・時間を使ってしまう。今回は「会議」で生産性向上を実現する方法を紹介する。

こんなメモの取り方は、脳が疲れてミスが増えるだけ

ミスをゼロにする脳の調整術第1回

こんなメモの取り方は、脳が疲れてミスが増えるだけ

ミスを無くすためには、脳が整理されスムーズに動く環境を整えることが重要です。ミスを根絶するための具体的な実践方法を紹介します。

勇気を持って、スケジュールを「減らす」ための習慣

今すぐできる組織の改善第47回

勇気を持って、スケジュールを「減らす」ための習慣

やるべきこと、予定が増えてしまうと、スケジュールは複雑かつ雑然となっていきます。その悪影響を断ち切り、スケジュールを減らすことで成果をあげるヒントを紹介します。