Bizコンパス

ワークスタイル

仕事が速い人が実践しているメール術とは?

意外と知らない「メール」のノウハウ第2回

仕事が速い人が実践しているメール術とは?

「メール」には無駄な時間が含まれており、間違ったメールの送り方や返信を続けていると、ビジネスのスピードが著しく遅くなる恐れがあります。

現場がRPA導入に不安を感じている。どうすれば良い?

働き方は「ロボット」で変える第2回

現場がRPA導入に不安を感じている。どうすれば良い?

RPAを導入する際、現場から不安の声が聞かれるケースもある。そんな時、無理なく導入するためにはどうすれば良いのか。実際の事例を元に紹介する。

97%の企業が業務を5割削減、「RPA」の効果とは

働き方は「ロボット」で変える第1回

97%の企業が業務を5割削減、「RPA」の効果とは

パソコン上で様々な事務処理を人間に代わって実行するソフトウェアロボット「RPA」が急速な広がりを見せている。どのような効果があるのか、3回に分けて紹介する。

なぜ忙しい時ほど重要でない仕事をしてしまうのか

海外論文に学ぶビジネスのコツ第3回

なぜ忙しい時ほど重要でない仕事をしてしまうのか

人はやるべきことが多いほど、「タスク完了バイアス」によって、優先順位の判断を間違いやすくなります。ただし、うまく活用すれば、仕事の効率化にも結び付けられます。

AI時代を生き抜くために必要なのは「読解力」

人気ビジネス書から読み解くAIの弱点第2回

AI時代を生き抜くために必要なのは「読解力」

人間がAIよりも確実に上回っている能力のひとつに「読解力」がある。しかし、現在の中高生の読解力は非常に低く、中学生の半数以上が教科書すら読めない状況という。

「片づけ」が、毎日の思考習慣を変える

今すぐできる組織の改善第56回

「片づけ」が、毎日の思考習慣を変える

「片づけ」は不思議な波及効果を持った習慣の1つで、実践した人の多くが、自宅が片づくこと以上の効果を口にします。片づけには一体どんな意味があるのでしょうか?

日本のほとんどの企業が「死んでいる」理由

生きている/死んでいる会社の違いとは前編

日本のほとんどの企業が「死んでいる」理由

経営コンサルタントの遠藤功氏は、著書「生きている会社、死んでいる会社」で、多くの日本企業を「死んでいる会社」と表現しています。その理由の1つに「老廃物」があります。

圧倒的に仕事ができる人は「課題設定力」がスゴイ

成果を出し続ける人とそうでない人の違いとは第1回

圧倒的に仕事ができる人は「課題設定力」がスゴイ

仕事で大きな成果をあげる人と、その他大勢の人の違いは「課題設定力」にあります。成果を挙げている人は「努力と根性で数を打つ」よりも、必要な1本に集中しているのです。

正しい決断をするためには「決断しない」ことが重要

「決断疲れ」がミスを招く

正しい決断をするためには「決断しない」ことが重要

人間は決断するとき、脳内で激しくエネルギーを消耗する。そのため決断するシーンが続くと頭が疲れてしまい、生産力が低下してしまう。どうすれば回避できるのか?

生産性を向上したいなら「席替え」をすべし

海外論文に学ぶビジネスのコツ第2回

生産性を向上したいなら「席替え」をすべし

職場の生産性を上げる最も簡単な方法は席替え?強みの異なる人間を隣同士に座らせると、組織の生産性が向上するという研究結果が発表されています。

残念な会議を実りある会議に変える7つのコツ・小技

何かがおかしい『働き方改革』第4回

残念な会議を実りある会議に変える7つのコツ・小技

これまで数回に渡って「残念な会議を減らし、良い会議を実現する」ための方法を紹介してきたが、最終回ではより実践的なコツ・小技を紹介する。

プレゼン中の姿勢が悪い……どうすれば良い?

口下手な人のためのプレゼン・スピーチ相談室第6回

プレゼン中の姿勢が悪い……どうすれば良い?

現代人はとかく猫背になりやすい傾向にあります。しかし、プレゼン中に猫背の姿勢になってしまうと、自信がなさそうに見えてしまいます。

生産性向上の鍵は「いつも通り」にメスを入れること

今すぐできる組織の改善第52回

生産性向上の鍵は「いつも通り」にメスを入れること

低生産性と長時間残業を改善するためには、当たり前すぎて疑いもしない、普段の仕事のやり方やリズムに敢えてメスを入れることが重要になります。

プレゼンに成功も、質疑応答で失敗。どうすれば良い?

口下手な人のためのプレゼン・スピーチ相談室第5回

プレゼンに成功も、質疑応答で失敗。どうすれば良い?

プレゼンは事前にいくらでも練習できますが、質疑応答は相手が何を言ってくるのか、すべてを予想するのは困難です。そんな時は、あらかじめ返答する「型」が重要です。

「効率化」において、多数派は少数派に勝てない

「日本三大奇襲」に学ぶ、弱者が強者に勝つ方法第2回

「効率化」において、多数派は少数派に勝てない

時は戦国時代、関東地方で徐々に勢力を伸ばしていた北条氏は、約10倍以上の兵力を抱えた旧来勢力と対立した。しかし北条氏は、ある策によってこの危機を脱する。