Bizコンパス

スポーツ

これで万全!スタート前の「3つの準備」

タケ小山の「ベストスコアを出すための秘訣」第3回

これで万全!スタート前の「3つの準備」

「ベストスコア」を出すために必要な極意を、ゴルフ解説者のタケ小山氏が伝授するシリーズも第3回目となりました。今回はスタート前の「準備」について語ります。

高校野球の監督の座 元プロとアマで奪い合い

スポーツ界の改革を想う第2回

高校野球の監督の座 元プロとアマで奪い合い

新制度により、元プロ野球選が高校野球の指導者になることが簡単になった。しかし大学から指導方法などを学んでいる人もおり、監督の座は激しい奪い合いになりそうだ。

強い学生力士が前相撲からデビューではもったいない

スポーツ界の改革を想う第1回

強い学生力士が前相撲からデビューではもったいない

大相撲春場所を沸かせた遠藤は、初土俵から1年で大関稀勢の里を破ってみせた。しかし、同じ学生横綱の正代は、前相撲からのスタートとなった。

スタート前に心得ておくべき3つの作法

タケ小山の「ベストスコアを出すための秘訣」第2回

スタート前に心得ておくべき3つの作法

陽気あふれる4月~5月は、ゴルフをにベストなシーズン。スコアを伸ばしたいと思っている方も多いと思われますが、そのためにはいくつかの「作法」を守ることが大切です。

田澤純一 不動のセットアッパーが名をあげる日

大リーグで戦う日本のサムライ第7回

田澤純一 不動のセットアッパーが名をあげる日

上原浩治の活躍に隠れ、ボストン・レッドソックスの田澤純一が活躍している。今シーズンも疲れを知らない投球で、シリーズ連覇に向け上々の滑り出しを見せている。

川崎宗則 逆境を笑い飛ばして前に出る

大リーグで戦う日本のサムライ第6回

川崎宗則 逆境を笑い飛ばして前に出る

イチローを追ってメジャーに飛び込んだ川崎宗則。トロント・ブルージェイズでマイナー落ちしても沈まず、逆境こそがわが人生と、明るく前向きに野球人生を楽しんでいる。

松坂大輔、8年目のチャレンジ

大リーグで戦う日本のサムライ第5回

松坂大輔、8年目のチャレンジ

FAとなった松坂大輔投手は今年1月、NYメッツとマイナーで再契約した。2007年にボストン・レッドソックスに入団してから今季メジャー8年目。松坂の挑戦はなお続く。

中村俊輔 ニュータイプのキャプテン

サッカー界のプロフェッショナル第2回

中村俊輔 ニュータイプのキャプテン

サッカーJ1の横浜F・マリノスが、強さを取り戻しつつある。大きな転換点は、MF中村俊輔が古巣へ復帰した2010年。ニュータイプのキャプテンがチームを変えた。

嶋主将を支えるもの

東北楽天ゴールデンイーグルスの飛躍第2回

嶋主将を支えるもの

東日本大震災からの復興を野球によって引っ張ってきた東北楽天ゴールデンイーグルスの嶋基宏捕手。投手陣をリードし、リーグと日本シリーズの連覇を目指す。

正確さと生活リズム、40歳のイチローがめざすもの

大リーグで戦う日本のサムライ第4回

正確さと生活リズム、40歳のイチローがめざすもの

日米通算4,000本安打の偉業を成し遂げたイチローは、昨年秋40歳になった。米メジャーリーグの第一線で活躍し続ける。背景には、本人の死に物狂いの努力にほかならない。

アベレージスコアと目標設定スコアを知ろう

タケ小山の「ベストスコアを出すための秘訣」第1回

アベレージスコアと目標設定スコアを知ろう

陽気の良い春は、ゴルフをするにはまさにベストシーズン。そこで、TV解説でお馴染みのタケ小山氏が新連載。「ベストスコア」を出すために必要な極意をアナタに授けます。

「負けないサムライ」田中将大、活躍の鍵は

大リーグで戦う日本のサムライ第3回

「負けないサムライ」田中将大、活躍の鍵は

2014年メジャーリーグの注目は、田中将大投手(25)だ。NYヤンキースと7年、総額1億5,500万ドルで契約したが、活躍の鍵を握るのが4歳年上の夫人のサポートだ

本田圭佑が突き進む正義

海外で活躍する日本人サッカー選手第2回

本田圭佑が突き進む正義

世界屈指の名門、ACミランで背番号「10」を背負う本田圭佑(27)。苦しい日々が続くが、「自分は正しい」との気持ちを抱いて試合に臨み、着実に信頼と実績を重ねている。

上原浩治、柔と剛を持ち合わせた「雑草魂」

大リーグで戦う日本のサムライ第2回

上原浩治、柔と剛を持ち合わせた「雑草魂」

ワールドシリーズ制覇という最高の栄誉に輝いたボストン・レッドソックスの上原浩治投手。『雑草魂』を座右の銘に、逃げない強い気持ちで体調を整え39歳の今季に臨んだ。

使われない。香川真司の不安

海外で活躍する日本人サッカー選手第1回

使われない。香川真司の不安

ブラジルW杯で日本が決勝トーナメント進出するには、香川真司(25)の躍動が欠かせない。が、所属チームで香川はなかなか使われない。試合勘を取り戻しW杯に臨めるか?