Bizコンパス

スポーツ

スポーツ庁が推進、スポーツの産業化の鍵は「オープン化」

スポーツ・フロントライン第1回

スポーツ庁が推進、スポーツの産業化の鍵は「オープン化」

日本国民にとってスポーツの役割が多様化しつつある中、スポーツ政策も変化が求められています。スポーツ庁の参事官(民間スポーツ担当)付参事官補佐の忰田康征氏に伺います。

成功するFA移籍、失敗するFA移籍の傾向とは?

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第25回

成功するFA移籍、失敗するFA移籍の傾向とは?

プロ野球のシーズンオフになると、毎年のようにFAによって、実績のある大物選手が移籍する。過去のFA移籍の例を紐解くと、成否を分ける“ある法則”がありそうだ。

プロボクサー・井上尚弥の快進撃の裏にある「基礎」と「戦略」

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第24回

プロボクサー・井上尚弥の快進撃の裏にある「基礎」と「戦略」

井上尚弥の快進撃が止まらない。プロデビューから17戦負けなしで、通算KO勝利数の日本新記録を樹立した「ボクシング界の天才児」は、なぜ勝ち続けられるのか。

ニューヒロインが続々登場、日本フィギュアスケートの強さとは

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第23回

ニューヒロインが続々登場、日本フィギュアスケートの強さとは

宮原知子、坂本花織、紀平梨花……フィギュアスケート界に続々と新ヒロインが登場しているが、これは決してたまたまではない。日本には選手を育てる環境が整っているのだ。

高橋由伸監督はなぜ結果を残せなかったのか

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第22回

高橋由伸監督はなぜ結果を残せなかったのか

2015年シーズンから読売巨人軍を指揮してきた高橋由伸監督が、今季限りでチームを去ることになった。彼はなぜ監督として結果を残せなかったのか。

ウッズ復活劇が明示する「コーチ選び」の重要性

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第21回

ウッズ復活劇が明示する「コーチ選び」の重要性

ここ数年、ツアー勝利から遠ざかっていたタイガー・ウッズが、9月、鮮やかな復活優勝を遂げた。その背景には「スイングコーチ」の重要性が浮かぶ。

「経営の神様」から学んだ緒方監督流“常勝軍団”の作り方

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第20回

「経営の神様」から学んだ緒方監督流“常勝軍団”の作り方

球団史上初となるセ・リーグ3連覇を果たした広島カープ。緒方孝市監督は、選手とどのように向き合いながら“常勝軍団”を作り上げたのか。その手腕を紐解いてみる。

「困ったちゃん」大坂なおみを変えたコーチの指導法

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第19回

「困ったちゃん」大坂なおみを変えたコーチの指導法

9月に行われた女子テニスの全米オープンで優勝を遂げた大坂なおみだが、メンタルが弱く、自滅することがよくあった。そんな彼女を、コーチはどのように支えたのか。

トラックマンで丸裸!? 野球を変えるデータ解析技術

“スポーツ×テクノロジー”の最前線第1回

トラックマンで丸裸!? 野球を変えるデータ解析技術

メジャーリーグ全30球団、日本のプロ野球11球団に購入されている「トラックマン」。そこで得られるデータ解析によって何がわかるのか。ネクストベースの中尾信一氏に伺いました。

選手がミスしても叱らない、西武・辻監督の指導術

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第18回

選手がミスしても叱らない、西武・辻監督の指導術

パ・リーグで絶好調の埼玉西武ライオンズ。監督を務める辻発彦は、ミスをした選手に対しても叱らないという。辻は叱らずにどのように指導しているのか?

バド界のエース・桃田賢斗はなぜ復活できたのか

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第17回

バド界のエース・桃田賢斗はなぜ復活できたのか

違法賭博問題で出場停止処分となっていたバドミントン男子の桃田賢斗だが、復帰後は目覚ましい活躍を遂げている。奈落の底に落ちながら、大きく成長できたのはなぜなのか。

「タイブレーク」導入で高校野球はどう変わるのか?

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第16回

「タイブレーク」導入で高校野球はどう変わるのか?

今年の夏の甲子園では、延長13回からノーアウト1、2塁でプレーする「タイブレーク」というルールが導入された。この新ルールは、高校野球をどのように変えるのか。

スーパーラグビーの惨敗が日本代表にもたらすものは

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第15回

スーパーラグビーの惨敗が日本代表にもたらすものは

スーパーラグビーに参戦した日本チーム「サンウルブズ」は、3勝13敗という惨敗に終わった。2019年のラグビーW杯に向け不安な結果だが、一方でポジティブな要素もある。

西野朗が実践した、短期間で成果を出すマネジメント

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第14回

西野朗が実践した、短期間で成果を出すマネジメント

サッカー日本代表の2018年W杯は、ベスト16敗退で終わった。開幕直前に監督に就任した西野朗は、限られた時間のなかで、どうチームをマネジメントしていったのか。

危険タックル問題に見る「指導者のあるべき姿」とは

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第13回

危険タックル問題に見る「指導者のあるべき姿」とは

5月は日大アメフト部の危険タックル問題がマスコミを賑わせたが、この騒動からは、逆説的に「理想的な指導者のあるべき姿」が見えてくる。