Bizコンパス

モバイル

サムスンはAI搭載の新型Galaxyで信頼を取り戻せるか

ケータイ業界の最新動向に迫る第36回

サムスンはAI搭載の新型Galaxyで信頼を取り戻せるか

「Galaxy Note 7」の相次ぐ発火事故で、顧客の信用を大きく損ねてしまったサムスン電子。3月に発売された新型モデルで、失った信頼を回復できるのだろうか。

ソフトバンクとヤフーが連携を深める裏に「EC」あり

ケータイ業界の最新動向に迫る第35回

ソフトバンクとヤフーが連携を深める裏に「EC」あり

Yahoo!ショッピング買い物をすると、ソフトバンクユーザーにTポイントを5~10倍付与するキャンペーンが行われているが、この協力関係の裏には「EC」の存在がある。

高耐久スマホ”TORQUE”はなぜ手堅い人気があるのか

ケータイ業界の最新動向に迫る第34回

高耐久スマホ”TORQUE”はなぜ手堅い人気があるのか

アウトドアでの利用に耐える堅牢性を備えた京セラのケータイシリーズといえば「TORQUE」。米国など海外でも人気だが、その理由はどこにあるのだろうか。

親はコントロールできている?子供用ケータイの今昔

ケータイ業界の最新動向に迫る第33回

親はコントロールできている?子供用ケータイの今昔

「キッズケータイ」など子供向けのケータイ端末が登場してからしばらく経つが、現在のスタイルに至るまでには紆余曲折があった。

「iモード」がモバイル/ネット業界に与えた影響とは

ケータイ業界の最新動向に迫る第32回

「iモード」がモバイル/ネット業界に与えた影響とは

昨年末、NTTドコモは「iモード」対応の携帯電話の出荷終了を発表した。実はiモードは、携帯電話やインターネット業界に大きな影響を与えたことをご存知だろうか。

“強固なファン”が集まる格安SIM「mineo」とは

ケータイ業界の最新動向に迫る第31回

“強固なファン”が集まる格安SIM「mineo」とは

ケイ・オプティコムが手掛けるMVNO「mineo」(マイネオ)が好調だ。ユーザー同士が交流するサイトや通信量を分け合う独自サービスが、強固なファンを生んでいる。

音楽聞き放題「Spotify」のビジネスモデルとは

ケータイ業界の最新動向に迫る第30回

音楽聞き放題「Spotify」のビジネスモデルとは

年末から本格的にサービスが開始された、音楽ストリーミングの「Spotify」。有料でも無料でも音楽が聞ける同社のビジネスモデルはどのようなものか。

新たに割り当てられる電話番号「020」とは何か?

ケータイ業界の最新動向に迫る第29回

新たに割り当てられる電話番号「020」とは何か?

総務省は1月、携帯電話向けとして「020」から始まる電話番号を利用する制度改正を実施した。しかし、なぜ「020」という番号なのだろうか?

圧倒的な安さの「格安SIM」注意すべきポイントとは

ケータイ業界の最新動向に迫る第28回

圧倒的な安さの「格安SIM」注意すべきポイントとは

ここ最近急速に人気と注目を高めているMVNO。俗に「格安SIM」と呼ばれているこのサービスだが、「安さ」裏に何か落とし穴はあるのだろうか。

NTTドコモの「一括648円」スマホの狙いとは

ケータイ業界の最新動向に迫る第27回

NTTドコモの「一括648円」スマホの狙いとは

NTTドコモが2016年12月に発売した、一括価格「648円」のスマホ「MONO」が大きな話題を呼んだ。同社がMONOを投入した狙いはどこにあるのだろうか。

次世代の通信方式「5G」は、「LTE」と何が違うのか

ケータイ業界の最新動向に迫る第24回

次世代の通信方式「5G」は、「LTE」と何が違うのか

次世代のモバイル通信方式として標準化が進められている「5G」。日本では2020年の商用化が検討されているが、実現には技術的にも社会的にも課題がありそうだ。

各キャリアが大容量プランを提供する狙いとは?

ケータイ業界の最新動向に迫る第23回

各キャリアが大容量プランを提供する狙いとは?

ケータイ各社が、20GBの高速通信容量のデータ定額サービスを、従来よりも安い価格で提供し始めている。その狙いはどこにあるのだろうか。

ケータイ各社が「中価格帯」に力を入れる背景

ケータイ業界の最新動向に迫る第22回

ケータイ各社が「中価格帯」に力を入れる背景

ケータイ各社は、高機能・高価格なハイエンド製品よりも、機能と価格を抑えたミドルクラスの製品に力を入れているようだ。家電イベント「IFA2016」から分析する。

月額500円~の格安SIM「LINEモバイル」が狙うもの

ケータイ業界の最新動向に迫る第21回

月額500円~の格安SIM「LINEモバイル」が狙うもの

9月よりサービスを開始した、月額500円からのMVNO「LINEモバイル」。なぜLINEは、アプリだけでなく通信サービスを提供するのか?その狙いに迫る。

ケータイ3社の夏モデル、その戦略はどう変化した?

ケータイ業界の最新動向に迫る第20回

ケータイ3社の夏モデル、その戦略はどう変化した?

携帯電話大手3キャリアの夏ラインナップは、機種数を絞るキャリアと、維持するキャリアに二分された。各キャリアはどのように市場を意識し、戦略を打っているのだろうか。