Bizコンパス

ビジネス

部下のストレスの原因は、ほとんどが「上司」である

アンケートから読み解くビジネスの課題

部下のストレスの原因は、ほとんどが「上司」である

いくつかのアンケート調査によれば、会社員が職場で感じているストレスの最も大きな原因は「上司」といいます。部下は上司のどこにストレスを感じているのでしょうか。

大塚家具、久しぶりの最終黒字計上も前途多難なワケ

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第104回

大塚家具、久しぶりの最終黒字計上も前途多難なワケ

5月11日、大塚家具は9四半期振りに最終利益が黒字になったことを発表。ですが、財務分析を行ってみると、決して手放しで喜べる状況にはないことがわかります。

何をどうやって売るか?を決める「4P」の考え方

安部徹也のMBAエッセンス講座第6回

何をどうやって売るか?を決める「4P」の考え方

マーケティング戦略では「誰に売るのか?」を決めた後、「何を、いくらで、どこで、どのようにして売るのか?」という『4P』を決めるプロセスが重要になります。

「指示待ち」「リスク回避」傾向の部下をどう変える?

今すぐできる組織の改善第55回

「指示待ち」「リスク回避」傾向の部下をどう変える?

自分で考えて動く部下は、上司にとってはありがたい存在ですが、中には「指示待ち」「リスク回避」傾向の部下もいます。そんな部下にはどう指導すれば良いのでしょうか?

ボスニア紛争を深刻化させたPR会社の“仕事”

「フェイクニュース」の時代を生き抜く第3回

ボスニア紛争を深刻化させたPR会社の“仕事”

戦争報道の裏では、しばしば国際世論を誘導する印象操作が行われる。セルビア人を一方的に悪玉に仕立てたボスニア紛争の報道を事例に「国際PR戦略」の威力と代償を紹介する。

なぜインド人は世界中のIT業界で活躍しているのか?

世界の人材育成最新事情

なぜインド人は世界中のIT業界で活躍しているのか?

Googleもマイクロソフトも、CEOを務めるのはインド人である。なぜインド人が世界の最前線で活躍しているのか? その背景には、いくつかの理由が考えられる。

なぜイーロン・マスクは新ビジネスを開拓できるのか

ビジネス界の偉人に学ぶ

なぜイーロン・マスクは新ビジネスを開拓できるのか

10億ドル規模の企業を4つ立ち上げ、稀代の経営者となりつつあるイーロン・マスク。彼の経歴や発言などを通して、その人物像に迫ります。

若手を短期間で育てる「見える化指導」とは

今すぐできる組織の改善第54回

若手を短期間で育てる「見える化指導」とは

新年度が始まり、新人を指導する立場にある人も多いでしょう。若手を教育する際には、短時間で具体的かつ効果的に指導できる「見える化指導」の導入をおすすめします。

IT業界の人材不足を解消する「STEM教育」とは?

企業が「売り手市場」で人材を揃える方法第2回

IT業界の人材不足を解消する「STEM教育」とは?

ITや最先端テクノロジーに必要な能力のある人材を育てる手法として、世界的に「STEM教育」が注目を集めている。このSTEM教育とは、一体どのようなものなのだろうか。

コカ・コーラ社の缶酎ハイへの挑戦は成功するか?

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第102回

コカ・コーラ社の缶酎ハイへの挑戦は成功するか?

コカ・コーラ社が日本でアルコール飲料の発売を計画しています。長らく清涼飲料水だけを販売していた同社ですが、新しい市場に参入する裏には何があるのでしょうか。

悩みや問題にぶつかった時こそ、「具体的に」動く

今すぐできる組織の改善第53回

悩みや問題にぶつかった時こそ、「具体的に」動く

仕事を続けていくうえで、どうしても悩みやトラブルは生まれてしまうものです。足をとめてしまいそうなその時こそ、「具体的」に行動することが必要になります。

「最も醜い選挙」に学ぶ、フェイクニュースの対処法

「フェイクニュース」の時代を生き抜く第2回

「最も醜い選挙」に学ぶ、フェイクニュースの対処法

1988年の米大統領選挙は、両陣営が事実無根の中傷で相手を貶めた。「史上最も醜い選挙」とも言われているが、逆にそうした中傷からどう身を守るのか、学ぶこともある。

制裁金26億円!?EUの個人情報保護法にどう対応する?

日本も例外じゃない!5月スタート「GDPR」とは何か前編

制裁金26億円!?EUの個人情報保護法にどう対応する?

2018年5月25日からEUでスタートする「EU一般データ保護規則(GDPR)」は、実は日本の企業にも大きく関係しており、違反すると巨額の制裁金を支払うケースもある。

奇襲をするなら自分のフィールドで仕掛けるべし

「日本三大奇襲」に学ぶ、弱者が強者に勝つ方法

奇襲をするなら自分のフィールドで仕掛けるべし

奇襲を成功させるには、そのタイミングとともに「場所」も重要である。奇襲を仕掛けやすい場所に敵が来れば、成功率は格段に上がる。毛利元就の例で紹介しよう。

誰に売るのか?を決める「STP」のプロセスとは

安部徹也のMBAエッセンス講座第5回

誰に売るのか?を決める「STP」のプロセスとは

マーケティング戦略を立てるためには、まずはじめに「誰に売るのか?」を決めることが重要です。今回は、顧客を特定していく『STP』というプロセスを紹介します。