Bizコンパス

ビジネス

今の若手は「やる気はあるけど2年目に辞めたがる」

アンケートから読み解くビジネスの課題第2回

今の若手は「やる気はあるけど2年目に辞めたがる」

今時の新入社員は、仕事に対するやる気は十分に持っているものの、あることが理由で2年目以降に「辞めたい」と思ってしまう傾向にあるようです。

「アホ」と戦わず、逆に味方にする方法

頭に来ても戦ってはいけない

「アホ」と戦わず、逆に味方にする方法

人気のビジネス書「頭に来てもアホとは戦うな!」によれば、意味のない攻撃を仕掛けてくる「アホ」は、正面から戦うより、○○○した方が良いといいます。

迅速な意思決定を生む、ドイツの「指揮の文化」とは

勝利の裏にあるリーダーシップ

迅速な意思決定を生む、ドイツの「指揮の文化」とは

第二次世界大戦、ナチス・ドイツ軍は当時の軍事大国フランスに対し、圧倒的なスピードで勝利を収めた。その背景には、ドイツ伝統の「指揮の文化」があった。

厳しい環境でも高い成果をあげる組織の作り方

安部徹也のMBAエッセンス講座第7回

厳しい環境でも高い成果をあげる組織の作り方

「ヒト」をどのように活用するかは、企業の業績にとって重要な課題です。人材の活用次第で、1+1が1に留まることもあれば、逆に3にも4にもなることもあるのです。

なぜ仕事ができる人はすべてを手に入れるのか?

今すぐできる組織の改善第57回

なぜ仕事ができる人はすべてを手に入れるのか?

好循環に乗り、仕事もプライベートも充実させている人がいる一方、悪循環に陥り、仕事もプライベートもおろそかにする人もいます。両者の違いは何なのでしょうか?

値下げ合戦から抜け出し「一人勝ち」する方法とは

ビジネスの問題を「ゲーム」で考える後編

値下げ合戦から抜け出し「一人勝ち」する方法とは

ビジネスには、競合他社と「値下げ合戦」をしてしまう場面が訪れることがありますが、ゲーム理論を活用することで、値下げ合戦を食い止めたり、出し抜くこともできます。

生きている会社は「課長」がひと味ちがう

生きている/死んでいる会社の違いとは後編

生きている会社は「課長」がひと味ちがう

ビジネス書「生きている会社、死んでいる会社」では、生きている会社のキーパーソンは課長と述べられています。なぜ部長でも係長でもなく、課長が鍵なのでしょうか?

「ビジネスを変える課題」はどう設定すれば良いのか

成果を出し続ける人とそうでない人の違いとは後編

「ビジネスを変える課題」はどう設定すれば良いのか

仕事が「圧倒的に」できる人は、優れた課題を設定します。しかし、 “優れた課題”とは何のことでしょうか?そして、どう設定すれば良いのでしょうか?その方法を解説します。

「働かない管理職」はゲーム理論で変えられる

ビジネスの問題を「ゲーム」で考える前編

「働かない管理職」はゲーム理論で変えられる

人間が意思決定をする際、その選択肢を数学的に分析するのが「ゲーム理論」です。このゲーム理論を用いることで、「働かない管理職」を変えることも可能になります。

効果ゼロ「なんちゃってセキュリティ」の恐怖

こんなセキュリティ対策は機能しない第1回

効果ゼロ「なんちゃってセキュリティ」の恐怖

セキュリティ対策をしているつもりでも、実際には何ら効果を出していないケースがある。今回はそんな“なんちゃってセキュリティ”で失敗した企業の例を紹介しよう。

部下のストレスの原因は、ほとんどが「上司」である

アンケートから読み解くビジネスの課題

部下のストレスの原因は、ほとんどが「上司」である

いくつかのアンケート調査によれば、会社員が職場で感じているストレスの最も大きな原因は「上司」といいます。部下は上司のどこにストレスを感じているのでしょうか。

大塚家具、久しぶりの最終黒字計上も前途多難なワケ

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第104回

大塚家具、久しぶりの最終黒字計上も前途多難なワケ

5月11日、大塚家具は9四半期振りに最終利益が黒字になったことを発表。ですが、財務分析を行ってみると、決して手放しで喜べる状況にはないことがわかります。

何をどうやって売るか?を決める「4P」の考え方

安部徹也のMBAエッセンス講座第6回

何をどうやって売るか?を決める「4P」の考え方

マーケティング戦略では「誰に売るのか?」を決めた後、「何を、いくらで、どこで、どのようにして売るのか?」という『4P』を決めるプロセスが重要になります。

「指示待ち」「リスク回避」傾向の部下をどう変える?

今すぐできる組織の改善第55回

「指示待ち」「リスク回避」傾向の部下をどう変える?

自分で考えて動く部下は、上司にとってはありがたい存在ですが、中には「指示待ち」「リスク回避」傾向の部下もいます。そんな部下にはどう指導すれば良いのでしょうか?

ボスニア紛争を深刻化させたPR会社の“仕事”

「フェイクニュース」の時代を生き抜く第3回

ボスニア紛争を深刻化させたPR会社の“仕事”

戦争報道の裏では、しばしば国際世論を誘導する印象操作が行われる。セルビア人を一方的に悪玉に仕立てたボスニア紛争の報道を事例に「国際PR戦略」の威力と代償を紹介する。