Bizコンパス

ビジネス

「過剰イノベーション」が顧客や従業員を疲弊させる

海外論文に学ぶビジネスのコツ第5回

「過剰イノベーション」が顧客や従業員を疲弊させる

イノベーションは企業の成長に不可欠ですが、行き過ぎたイノベーションは社内の実務プロセスを複雑化させ、顧客満足度の低下や従業員離れの原因ともなり得ます。

新しいアイディアを生み出す「デザイン思考」とは

デジタルビジネスのつくりかた第1回

新しいアイディアを生み出す「デザイン思考」とは

デジタルビジネスを創るときの方法論として「デザイン思考」が注目されている。「デザイン思考」がなぜ新しいアイディアを生み出すのか、その理由を3つの観点から解説する。

習慣は「感情にフォーカス」すれば続けられる

今すぐできる組織の改善第65回

習慣は「感情にフォーカス」すれば続けられる

「夜更かし」や「お酒の飲み過ぎ」など悪い習慣は続くのに、ジョギングや早起きのような良い習慣が続かない……。その背景には、「感情」が存在します。

ココさえ押さえれば分かる!決算書の読み解き方

安部徹也のMBAエッセンス講座第11回

ココさえ押さえれば分かる!決算書の読み解き方

「決算書」は、たとえていうなら“企業の通知表”。読み解くことで、その企業の問題点などが浮き彫りになります。本記事ではその読み解き方を簡単に紹介します。

なぜ「研修」は効果が出ないのか

現場の“残念な”実態を変える

なぜ「研修」は効果が出ないのか

「研修」を講じたからといって、その成果が現場に活かされるとは限らないからである。それでは、成果が出る研修とは、一体どのようなものなのか。

成長スイッチは、危機的な状況でONになる

今すぐできる組織の改善第64回

成長スイッチは、危機的な状況でONになる

「後輩がめきめきと頭角を現してきた」「同期が成果を上げている。マズイ」こんな時、人は本気になります。今のままではマズイという危機感が飛躍的な成長を促すのです。

最小のコストで最大の売上を残すオペレーションとは

安部徹也のMBAエッセンス講座第10回

最小のコストで最大の売上を残すオペレーションとは

ビジネスでは、オペレーションを効率化することでコストが削減できます。ただし、オペレーション全体ではなく部分だけ改良すると、むしろ逆効果になる恐れがあります。

人材派遣/人材紹介会社の良し悪しを見分けるには

社労士が語る、人手不足時代に人材を確保する方法第1回

人材派遣/人材紹介会社の良し悪しを見分けるには

企業が人手不足を乗り切るためには、人材派遣/人材紹介会社の助けが不可欠です。そうした会社と上手に付き合っていくためには、どうすれば良いのでしょうか?

“お前はもう死んでいる”から始める失敗しない思考法

絶対に失敗できない仕事を乗り切るには

“お前はもう死んでいる”から始める失敗しない思考法

絶対に失敗できない仕事に臨む際には、「絶対に失敗する」事態を想定し、そのような失敗が起こらないように準備する「プレモータム・シンキング」という思考法が重要です。

タイプ別に見る「習慣化」に挫折しない方法

今すぐできる組織の改善第61回

タイプ別に見る「習慣化」に挫折しない方法

人間には、それぞれ持って生まれた性格タイプがあり、タイプ毎に習慣を「挫折」してしまうパターンがあります。挫折パターンから、習慣化に成功するポイントを紹介します。

なぜ企業は賞味期限切れの戦略を選んでしまうのか

海外論文に学ぶビジネスのコツ第4回

なぜ企業は賞味期限切れの戦略を選んでしまうのか

企業の失敗の多くが、以前は有効だった戦略に旬が過ぎた後も固執することが原因といわれています。心理学観点から賞味期限切れの戦略に惑わされる理由と対策を紹介します。

「変化を恐れる組織」こそ、変化する力を秘めている

変われない会社を変える方法

「変化を恐れる組織」こそ、変化する力を秘めている

会社が市場の変化に対応するためには、組織のあり方を変える「自己変革」が必要です。たとえ変化を恐れる組織であっても、人間の本能を利用することで変革できます。

どんな環境でも結果を残すリーダーシップとは?

安部徹也のMBAエッセンス講座第9回

どんな環境でも結果を残すリーダーシップとは?

効率的な組織を作り、適切な人材を配置しても、結果を出すためにはリーダーの存在が重要になってきます。今回は、結果を残す優れたリーダーになるための方法を紹介します。

やめたいのに、ついやってしまう習慣を手放すには?

今すぐできる組織の改善第60回

やめたいのに、ついやってしまう習慣を手放すには?

ダメだと思ってもついやってしまう悪い習慣は、放置すると健康や人間関係を壊していきます。改善するためには「なぜ、やってしまうのか?」を深く理解する必要があります。

高く売りたいなら「魅力がない商品」を用意すべし

世界は「行動経済学」で動いている

高く売りたいなら「魅力がない商品」を用意すべし

人間は、ときには不合理な選択肢を選ぶことがあります。こうした行動を分析する学問が「行動経済学」です。今回は、この行動経済学を用いた価格設定の方法を紹介します。