Bizコンパス

ビジネス

ハウス食品、CoCo壱番屋買収の背景と成否の鍵

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第56回

ハウス食品、CoCo壱番屋買収の背景と成否の鍵

昨年末、ハウス食品がCoCo壱番屋を運営する壱番屋の買収に踏み切りましたが、背景には何があるのか?CoCo壱番屋の創業からの歴史を紐解きながら買収の背景と成否に迫ります。

なぜ田中将大は安定した活躍ができるのか?

世界を相手に勝つ日本人アスリート第3回

なぜ田中将大は安定した活躍ができるのか?

怪我に苦しみながらも、メジャーで期待通りの活躍を続ける田中将大投手。前人未到の記録を樹立した田中将大投手に備わる不思議な力を徹底解剖する。

複雑化する市場で成功の鍵を握るイノベーションとは

経営者が知っておきたいビジネスの話第9回

複雑化する市場で成功の鍵を握るイノベーションとは

ビジネスが複雑化する現代で、『オープン・イノベーション』の重要性が増しています。まずは「オープン・イノベーションとは何か?」その概略をお伝えしていきましょう。

上司の「ムチャ振り」は、評価を得る絶好のチャンス

悩めるミドルマネージャーたちへ

上司の「ムチャ振り」は、評価を得る絶好のチャンス

突然のムチャぶりは実力をアピールするチャンス。前向きに受け止め、期待以上の結果を残したいもの。ムチャぶりされたタスクを、整理して振り分ける方法も合わせて考えます。

優れたリーダーなら毎日考えている11のこと

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第53回

優れたリーダーなら毎日考えている11のこと

活躍しているリーダー達は、毎日どんな事を考え、何を心がけているのでしょうか。その11のエッセンスをお伝えします。

黒田加入もBクラス、広島東洋カープ低迷の理由とは

昨季の広島東洋カープに学ぶ勝てる組織 勝てない組織

黒田加入もBクラス、広島東洋カープ低迷の理由とは

困難や危機に直面した時こそ、組織のトップたちは激しい討論を戦わせてでも、組織の方向性を決定し、道筋を示すことが求められる。それを実現できる組織は強い。

自分より年上の部下にはどう対応するか?

こんなときは上司としてどうする?ケーススタディ第5回

自分より年上の部下にはどう対応するか?

年上の部下には会社という組織の中では上司・部下という役割を演じる必要があることを説明し、年齢に裏付けされた能力を引き出せるように責任のある仕事を任せましょう。

NFLのスター選手に聞く、成功するための秘訣とは

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第52回

NFLのスター選手に聞く、成功するための秘訣とは

29歳にして自分の究極の目標、スーパーボウル出場を成し遂げたアメフトのスター選手が、成功の秘訣を語ります。ポイントは自分のやっている事を信じ、周囲と共有することにあります。

「許せない人」でも許した方が自分のためになる

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第51回

「許せない人」でも許した方が自分のためになる

ストレスから解放されたい、頭もクリアにしたい。そんなあなたにぴったりの情報があります。一瞬で出来る事なのに心も体もすっと軽くなります。ぜひ試してみませんか。

社会問題を解決する企業になるにはどうすれば良いか

経営者が知っておきたいビジネスの話第8回

社会問題を解決する企業になるにはどうすれば良いか

顧客の共感を得て社会に根差した企業となる戦略の第3回目として、事業の利益を軸とした、4つのパターンに対応した適切な組織戦略を検証していきます。

倍働けば必ず結果が出る、日本電産・永守重信の原点

ビジネス界の巨匠が説く経営成功の方程式第2回

倍働けば必ず結果が出る、日本電産・永守重信の原点

永守重信は、何故会社を再建できるのか?ビジネス界の巨匠から経営を学ぶシリーズ。第3回は経営の再建王・永守重信が見せたモーレツな仕事ぶりの原点に迫る。

青学の優勝に見る、選手自身が「考える」ことの強さ

箱根駅伝を振り返る

青学の優勝に見る、選手自身が「考える」ことの強さ

箱根駅伝で連覇を達成した青山学院大学の原晋監督は、選手たちに考えることを教えてきました。考える選手たちが勝ち続けることで日本の学生スポーツが変わるはずです。

ソマリア海賊一掃の武勇伝が示すビジネスの本質とは

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第55回

ソマリア海賊一掃の武勇伝が示すビジネスの本質とは

すしざんまいの木村社長がソマリアの海賊を壊滅させたとネットで話題となっています。木村社長のソマリアでの取り組みから浮き彫りとなったビジネスの本質とは?

「いいとこ取り」しようとする企業はやがて凋落する

経営の歴史に残る名言から、ビジネスの知恵をつかむ第6回

「いいとこ取り」しようとする企業はやがて凋落する

ドラッカーは、日本企業の成長をささえたイノベーション戦略を柔道戦略と名付けました。それは、先行企業が相手にしないニッチから攻める方法です。

成功者は「NO!」と告げることをためらわない

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第50回

成功者は「NO!」と告げることをためらわない

あの経済学者も作曲家も、甘い誘いには毅然と「NO!」を突き付けます。付き合いが悪いと批判されるかもしれませんが、人間が前進するための大事な判断なのです。