Bizコンパス

ビジネス

成長する/しない人間の違いは「マインドセット」

成長を左右する最も大切なたった一つの考え方第1回

成長する/しない人間の違いは「マインドセット」

成長する人間と成長しない人間の違い。それは、マインドセットの違いである。成長の鍵を握るマインドセットとは何かを、明らかにしよう。

「あの人は運の良さだけで成功した」に潜む嘘

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第58回

「あの人は運の良さだけで成功した」に潜む嘘

運の良い人はいいな、と思ったことはありませんか。成功した人は、単に運が良かったのでしょうか。成功者と運との関係を見てみましょう。

新人育成に成功する、失敗する企業の違いとは?

「仕事は先輩の姿を見て覚えろ」ではダメ

新人育成に成功する、失敗する企業の違いとは?

せっかく入ってきた新入社員は、できればうまく育てたいところ。今回は、新人はもちろん、新人育成の担当者も同時に成長させる「OJTリーダー制度」を紹介します。

他人のミスを喜んでしまう部下にはどう対応するか?

こんなときは上司としてどうする?ケーススタディ第7回

他人のミスを喜んでしまう部下にはどう対応するか?

他人のミスを喜んでしまう部下は、他人から学ぶチャンスを失っていることを伝えましょう。何より会社で成果を上げるには他人との協力姿勢が必要であることを伝えましょう。

営業成績が悪いチームには女性がいない

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第57回

営業成績が悪いチームには女性がいない

効果的かつ効率的なチームワークはどうやったら実現できる? 実は、簡単で大きく成果が変わる秘訣があります。ある人をメンバーに加えればいいのです。

褒める?叱る?五輪メダリストコーチに学ぶ新人育成術

新入社員教育の準備はできていますか?

褒める?叱る?五輪メダリストコーチに学ぶ新人育成術

新年度のスタートは新入社員を迎える時期です。育てるための正解は、褒める、叱る、どちらなのでしょうか。スポーツ界の名コーチの指導法から、その答えがあります。

オープン・イノベーションの落とし穴に気をつけろ!

経営者が知っておきたいビジネスの話第10回

オープン・イノベーションの落とし穴に気をつけろ!

『オープン・イノベーション』にはメリットばかりでなく、当然デメリットもあります。メリットとデメリットを十分に理解したうえで自社の事業に取り入れることが重要です。

SMAPとベッキーから学ぶ、正しい“謝罪”の仕方

信頼を取り戻すための謝罪とはどのようなものか

SMAPとベッキーから学ぶ、正しい“謝罪”の仕方

問題が発生したとき、信頼を無くすか取り戻せるかは、謝罪の仕方にかかっていると言えます。SMAPの謝罪放送とベッキーの謝罪会見から、謝罪の仕方について考えます。

経営の神様、松下幸之助の「人をつくる経営」の真意

ビジネス界の巨匠が説く経営成功の方程式第3回

経営の神様、松下幸之助の「人をつくる経営」の真意

ビジネス界の巨匠から経営を学ぶ本シリーズ。最終回は、「経営の神様」松下幸之助の哲学の真髄に迫る。電化製品よりも人をつくることにこだわった松下幸之助の真意とは。

井岡一翔の“流されない心”は、才能より勝る

世界を相手に勝つ日本人アスリート第4回

井岡一翔の“流されない心”は、才能より勝る

世界最速で三階級制覇を成し遂げた井岡一翔。誰もが羨むボクシングの超エリートが語る世界で活躍するために必要なもの、それは「ちょっとした差」とその考え方にあった。

誰も知らない情報を掴む「インテリジェンス」とは

最先端の経済インテリジェンス第2回

誰も知らない情報を掴む「インテリジェンス」とは

意思決定のよりどころにするインテリジェンスという力が注目されている。この力は、じつは戦前の日本人に備わっていた力でもある。その役立て方について考察する。

「10年先も変わらないものに投資せよ」アマゾンCEO

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第55回

「10年先も変わらないものに投資せよ」アマゾンCEO

アマゾンのCEOジェフ・ベゾスが世界中の経営者に向けてアドバイスをしています。どんな事業戦略を立てれば、そして、どんなものに投資すれば良いのでしょうか?

迷走を続ける小僧寿しが生き残る唯一の条件とは?

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第57回

迷走を続ける小僧寿しが生き残る唯一の条件とは?

かつて持ち帰りすしで一時代を築いた小僧寿しが経営不振に喘いでいます。今回は小僧寿しの凋落の原因を掘り下げ、生き残るための条件を浮き彫りにしていきます。

自分より優秀な部下にはどう対応するか?

こんなときは上司としてどうする?ケーススタディ第6回

自分より優秀な部下にはどう対応するか?

優秀な部下でも、上司は部下の能力を最大限に引き出すことを第一に考えなくてはいけません。成果を上手く引き出せれば上司自身も部下と共に出世の階段を上っていけます。

「生活のためにしかたなく仕事」では一流になれない

「一流」になるためのビジネス理論第1回

「生活のためにしかたなく仕事」では一流になれない

世界で一流と呼ばれる人たちと、二流以下の凡人にはどのような違いがあるのでしょうか。それを明確にするべく、一流のトップ1,000人が語る「一流理論」を紹介します。