Bizコンパス

ビジネス

ServiceNowで故障発生から復旧までの全プロセスを自動化する「ゼロタッチオペレーション」

DXを加速させるITシステムの運用改革第8回

ServiceNowで故障発生から復旧までの全プロセスを自動化する「ゼロタッチオペレーション」

NTTコミュニケーションズは、自社のクラウドサービスに運用課題を抱えていました。解決のために同社がとったのが「ServiceNow」導入による保守運用の“自動化”でした。

優秀な人材を採用したいなら、面接で「直球」の質問をすべし

マネージャーの極意第4回

優秀な人材を採用したいなら、面接で「直球」の質問をすべし

採用面接のとき、最も大事なのは「相手の人となりを見極められるかどうか」です。そのためには、冒頭で「志望理由は?」を聞くことは、最もやってはいけないことの1つです。

新しくなった「ITIL 4」で、何が変わるのか?

新しいITサービスの品質改善の指針が登場

新しくなった「ITIL 4」で、何が変わるのか?

ITILの新バージョン「ITIL4」の最初の書籍「ITIL4ファンデーション」の英語版が2019年2月に公開されました。いままでのITILと比べ、どのように変わったのでしょうか?

AIの導入がうまくいかない企業、うまくいく企業の違いとは?

「AIのプロフェッショナル集団」が語る

AIの導入がうまくいかない企業、うまくいく企業の違いとは?

AIの導入がうまくいく企業もあれば、うまくいかない企業もあります。その両者を分けるものは何なのか?“AIのプロフェッショナル集団”Laboro.AI社のメンバーに話を聞きました。

コールセンターの運営に本当に必要な要員数とは

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第7回

コールセンターの運営に本当に必要な要員数とは

コールセンターの要員数は、顧客応対のための「実働人数」に、トレーニングや休暇など「シュリンケージ」の要素を加味した「在籍人数」で考える必要があります。そのための考え方や算出方法について解説します。

「わかる」と「できる」の差を埋める、5つの習慣

今すぐできる組織の改善第81回

「わかる」と「できる」の差を埋める、5つの習慣

研修を受けた際、頭では理解したものの、行動にうまく移せないという人も多いでしょう。今回は研修を実行に移すための方法を、5つの習慣に分けて解説したいと思います。

日本人は好奇心がリーダーシップに結びつかない。なぜ?

海外論文に学ぶビジネスのコツ第12回

日本人は好奇心がリーダーシップに結びつかない。なぜ?

好奇心が強い人は優れたリーダーになる資質があるという研究結果があります。しかし日本では、好奇心の強さを上手くリーダーシップに活用できていないようです。

デキの悪い部下は、新入社員の意気込みで変わる

マネージャーの極意第3回

デキの悪い部下は、新入社員の意気込みで変わる

ダメな社員を変えるには、彼らのやる気を自発的に引き出すことが大切です。そのためには、「新入社員」の力を借りるのが、一番手っ取り早い方法です。

等身大の自分を受け入れ、自己評価を高める3つの習慣

今すぐできる組織の改善第80回

等身大の自分を受け入れ、自己評価を高める3つの習慣

「自信がないから挑戦できない、落ち込みやすい」という悩みは、若手社員が抱えがちな問題です。等身大の自分を受け入れ、自己評価を高める3つの習慣を紹介します。

教育熱心なリーダーは、かえって部下に悪影響を与えている?

海外論文に学ぶビジネスのコツ第11回

教育熱心なリーダーは、かえって部下に悪影響を与えている?

企業における人手不足が深刻化していますが、一部の企業ではAIなどデジタルテクノロジーを活用し、一歩進んだ“デジタルなおもてなし”で新たな価値を作り出しています。

なぜ優良企業は新世代の技術競争に敗れ去るのか

人気のビジネス書から学ぶ第1回

なぜ優良企業は新世代の技術競争に敗れ去るのか

なぜ優良企業は、新世代の技術競争に敗れ去ってしまうのか。「イノベーターのジレンマ」の理論の裏側を、人気のビジネス書から読み解く。

成果を出したいなら、「自分流のこだわり」は捨てなさい

マネージャーの極意第2回

成果を出したいなら、「自分流のこだわり」は捨てなさい

上司はとかく自分の成功体験を部下に押し付けがちです。しかし、“伝説の営業マン”八木昌実氏は、「自分流にこだわるのは時間の無駄」と断言します。

「愛のムチ」に効果はあるのか? 高校野球の監督、プロのコーチに聞く

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第29回

「愛のムチ」に効果はあるのか? 高校野球の監督、プロのコーチに聞く

昭和の時代では「愛のムチ」と称した暴力的な指導方法が存在したが、効果はあったのだろうか?高校野球の監督、プロのコーチに、当時と今の指導方法の違いを聞いてみた。

サイバー攻撃を迎え撃つために、最も効果的な演習とは

サイバー攻撃に企業はどう準備すべきか第3回

サイバー攻撃を迎え撃つために、最も効果的な演習とは

サイバー攻撃で被害が発生した時は、組織的な動きが求められる。たとえばDDoS攻撃によって自社サイトにアクセスできないという苦情が殺到した場合、どう対応すべきなのか。

「自分がやった方が早い」では、残業はなくならない

今すぐできる組織の改善第77回

「自分がやった方が早い」では、残業はなくならない

「自分でやった方が早い」と仕事を抱える人がいますが、仕事の総量を減らさなければ、残業は減りませんし、より価値の高い仕事に集中できません。対策を紹介します。