経営・組織

新しいアイディアを生み出す「デザイン思考」とは

デジタルビジネスのつくりかた(第1回)

新しいアイディアを生み出す「デザイン思考」とは

デジタルビジネスを創るときの方法論として「デザイン思考」が注目されている。「デザイン思考」がなぜ新しいアイディアを生み出すのか、その理由を3つの観点から解説する。2018.09.26

習慣は「感情にフォーカス」すれば続けられる

今すぐできる組織の改善(第65回)

習慣は「感情にフォーカス」すれば続けられる

「夜更かし」や「お酒の飲み過ぎ」など悪い習慣は続くのに、ジョギングや早起きのような良い習慣が続かない……。その背景には、「感情」が存在します。2018.09.23

その情報漏えいは、初期設定ミスが原因かもしれない

現場から見た“危険”なクラウドの使い方(第2回)

その情報漏えいは、初期設定ミスが原因かもしれない

クラウド導入時の初期設定にミスがあれば、いくらシャドーITに気を配ろうとも、機密情報を部外者に閲覧されるリスクがあります。今回は初期設定ミスを防ぐ方法を考えます。2018.09.20

なぜ「研修」は効果が出ないのか

現場の“残念な”実態を変える

なぜ「研修」は効果が出ないのか

「研修」を講じたからといって、その成果が現場に活かされるとは限らないからである。それでは、成果が出る研修とは、一体どのようなものなのか。2018.09.19

消費者は喜んでサイバーセキュリティに対価を払う

経営者のサイバーセキュリティ:パンドラの箱の開け方(第3回)

消費者は喜んでサイバーセキュリティに対価を払う

「サイバーセキュリティに積極的に投資をすべき」と考えているのは、企業の経営者よりも、その企業にお金を出す投資家や消費者の方がが多いかもしれない。2018.09.12

成長スイッチは、危機的な状況でONになる

今すぐできる組織の改善(第64回)

成長スイッチは、危機的な状況でONになる

「後輩がめきめきと頭角を現してきた」「同期が成果を上げている。マズイ」こんな時、人は本気になります。今のままではマズイという危機感が飛躍的な成長を促すのです。2018.09.11

なぜパスワードに数字・記号を強制すべきでないのか

今知っておきたいITセキュリティスキルワンランクアップ講座(第3回)

なぜパスワードに数字・記号を強制すべきでないのか

米国国立標準技術研究所(NIST)のガイドラインには「パスワードの定期的な変更を要求すべきではない」以外にも従来は有効とされていた指針から変更されたものがあります。2018.09.07

ITが保証する「登校しなくても教育を受ける権利」

海外発!最新ITトレンド情報2018(豪州・ブリスベン)

ITが保証する「登校しなくても教育を受ける権利」

オーストラリアでは、たとえ不登校だったとしても、通学する児童や生徒とまったく変わらないレベルの充実した教育を受けられる環境がある。キーとなるのは「IT」だ。2018.09.04

高木浩光氏が提言「パスワードの文字数制限は不要」

情報セキュリティの「常識」を検証する(後編)

高木浩光氏が提言「パスワードの文字数制限は不要」

銀行のインターネットバンキングのサイトでは、パスワードが8文字以下の長さでしか設定できないケースがありますが、この長さ制限は撤廃した方が良いでしょう。2018.09.03

『DMM Okan』もうアカン!成長途上で撤退する謎

経営者が知っておきたいビジネス理論入門(第107回)

『DMM Okan』もうアカン!成長途上で撤退する謎

家事代行サービス「DMM OKAN(オカン)」が、9月30日にサービスを終了します。成長を続ける家事代行サービス市場にあって、なぜ同社はサービスを終えるのでしょうか?2018.08.31

消防士に学ぶ、後回しにしがちな仕事を回すコツ

今すぐできる組織の改善(第63回)

消防士に学ぶ、後回しにしがちな仕事を回すコツ

後回しにしてしまいがちな仕事は、実は重要なものでもあります。消防士が火事ではない時に防火の啓蒙活動に勤しむように、予め準備をしておくことが求められます。2018.08.28

高木浩光氏が解説「パスワード定期変更は都市伝説」

情報セキュリティの「常識」を検証する(前編)

高木浩光氏が解説「パスワード定期変更は都市伝説」

パスワードの定期変更は意味がない? パスワードを作る際に辞書を用いるのはOK? NG? パスワードに関する“常識”“都市伝説”を産総研の高木浩光氏が検証します。2018.08.27

転職に大成功、中間管理職・大村益次郎の悲しい最期

日本を支えた“中間管理職”の苦悩(第29回)

転職に大成功、中間管理職・大村益次郎の悲しい最期

江戸時代末期に活躍した兵学者・大村益次郎は、元々は医者であったが、“転職”で大成功を収めた。しかし、その徹底した合理主義が、後に自らの命を奪うことになってしまう。2018.08.24

人材派遣/人材紹介会社の良し悪しを見分けるには

社労士が語る、人手不足時代に人材を確保する方法(第1回)

人材派遣/人材紹介会社の良し悪しを見分けるには

企業が人手不足を乗り切るためには、人材派遣/人材紹介会社の助けが不可欠です。そうした会社と上手に付き合っていくためには、どうすれば良いのでしょうか?2018.08.22

誰もが参加できるスポーツを通じ、共生社会を目指す

“企業×スポーツ”の新しいカタチ(第2回)

誰もが参加できるスポーツを通じ、共生社会を目指す

企業がスポーツに関与する形が変化しつつある中、年間150~180ものスポーツイベントを開催・支援する朝日新聞社は、どのようにスポーツに関わっていくのでしょうか。2018.08.22

突発的な仕事に振り回されない5つの対処法

今すぐできる組織の改善(第62回)

突発的な仕事に振り回されない5つの対処法

上司や他部署、顧客からの突発的な仕事に振り回されてしまう人は、仕事を受ける/受けないのルールが確立できていません。5つの対処法を紹介します。2018.08.19

ベイスターズが考えるベンチャーとのビジネス共創とは

“企業×スポーツ”の新しいカタチ(第1回)

ベイスターズが考えるベンチャーとのビジネス共創とは

横浜DeNAベイスターズが取り組んでいる、スポーツ業界を盛り上げるためのベンチャー企業との共創プログラム「BAYSTARS Sports Accelerator」について、お話を伺いました。2018.08.16

“突然のキャッシュレス化”に人々はどう反応するのか

海外発!最新ITトレンド情報2018(インドネシア・ジャカルタ)

“突然のキャッシュレス化”に人々はどう反応するのか

インドネシアでは、ここ数年のうちに急速にキャッシュレスが進んでいる。おおむねスムーズに移行できているようだが、中には混乱が起きているケースもあるようだ。2018.08.14

“お前はもう死んでいる”から始める失敗しない思考法

絶対に失敗できない仕事を乗り切るには

“お前はもう死んでいる”から始める失敗しない思考法

絶対に失敗できない仕事に臨む際には、「絶対に失敗する」事態を想定し、そのような失敗が起こらないように準備する「プレモータム・シンキング」という思考法が重要です。2018.08.13

違反してる?してない?ケーススタディで見るGDPR

間違いやすいビジネスの“基準”

違反してる?してない?ケーススタディで見るGDPR

2018年5月にGDPRの施行が開始されたが、企業側の対策は未だ進んでいない。経営者が押さえるべきGDPRのポイントとは何か。ビジネス場面を紹介して解説する。2018.08.10

このページの先頭へ
Bizコンパス公式Facebook Bizコンパス公式Twitter