Bizコンパス

経営

テキストによる問い合わせが急増!コールセンターに必要な要員数の算出法とは

AI時代を生き抜く「本物」のコールセンター運営法第9回

テキストによる問い合わせが急増!コールセンターに必要な要員数の算出法とは

コールセンターのマルチチャネル化の進行により急増する、メールなどテキストによるコミュニケーションに必要な要員数の算出方法を解説します。

新しくなった「ITIL 4」で、何が変わるのか?

新しいITサービスの品質改善の指針が登場第1回

新しくなった「ITIL 4」で、何が変わるのか?

ITILの新バージョン「ITIL4」の最初の書籍「ITIL4ファンデーション」の英語版が2019年2月に公開されました。いままでのITILと比べ、どのように変わったのでしょうか?

AIの導入がうまくいかない企業、うまくいく企業の違いとは?

「AIのプロフェッショナル集団」が語る

AIの導入がうまくいかない企業、うまくいく企業の違いとは?

AIの導入がうまくいく企業もあれば、うまくいかない企業もあります。その両者を分けるものは何なのか?“AIのプロフェッショナル集団”Laboro.AI社のメンバーに話を聞きました。

サイバーセキュリティに「演習」が有効な理由とは

サイバー攻撃に企業はどう準備すべきか第1回

サイバーセキュリティに「演習」が有効な理由とは

昨今、サイバーセキュリティの取り組みのなかで「演習」に注目が集まっているが、特に実際に手を動かす「ハンズオン形式」の演習の効果は非常に高い。それはなぜか。

「データ活用で利益を出す方法」は3通りしかない

“未来の石油”データで結果を残すには

「データ活用で利益を出す方法」は3通りしかない

データに対し多額の資金を投入したものの、失敗する企業がある。データで成果を出す企業と、成果を出せない企業は、いったい何が違うのか?ポイントはわずか3点に絞られる。

「セキュリティ対策はやったじゃないか、もういいだろ」

経営層にセキュリティの価値をわかってもらう方法第3回

「セキュリティ対策はやったじゃないか、もういいだろ」

セキュリティの予算が経営層から降りないケースとして「この前やったばかりじゃないか」と断られるケースがあります。この場合、伝え方がキーになります。

「クラウドはセキュリティが心配」は本当か?

「クラウドは○○だからダメ」を検証する第2回

「クラウドはセキュリティが心配」は本当か?

「クラウドはセキュリティが心配」を理由に、クラウドの導入を控えているユーザーは多いかもしれません。ですが、この認識は誤りです。

「そんなセキュリティ対策に効果はあるのか?」

経営層にセキュリティの価値をわかってもらう方法第1回

「そんなセキュリティ対策に効果はあるのか?」

セキュリティ対策を経営層に上申しても「効果はあるのか?」と断られてしまった経験がある人もいるかもしれません。上司への申請を通すためには、ある「コツ」が必要です。

料金所もETCもない高速道路の秘密

海外発!最新ITトレンド情報2018豪州・ブリスベン

料金所もETCもない高速道路の秘密

オーストラリアのブリスベンでは、有料道路の出口に、現金で精算する窓口が存在していない。それでは、通行料はどこで精算するのだろうか?

効果ゼロ「なんちゃってセキュリティ」の恐怖

こんなセキュリティ対策は機能しない第1回

効果ゼロ「なんちゃってセキュリティ」の恐怖

セキュリティ対策をしているつもりでも、実際には何ら効果を出していないケースがある。今回はそんな“なんちゃってセキュリティ”で失敗した企業の例を紹介しよう。

大塚家具、久しぶりの最終黒字計上も前途多難なワケ

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第104回

大塚家具、久しぶりの最終黒字計上も前途多難なワケ

5月11日、大塚家具は9四半期振りに最終利益が黒字になったことを発表。ですが、財務分析を行ってみると、決して手放しで喜べる状況にはないことがわかります。

コカ・コーラ社の缶酎ハイへの挑戦は成功するか?

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第102回

コカ・コーラ社の缶酎ハイへの挑戦は成功するか?

コカ・コーラ社が日本でアルコール飲料の発売を計画しています。長らく清涼飲料水だけを販売していた同社ですが、新しい市場に参入する裏には何があるのでしょうか。

悩みや問題にぶつかった時こそ、「具体的に」動く

今すぐできる組織の改善第53回

悩みや問題にぶつかった時こそ、「具体的に」動く

仕事を続けていくうえで、どうしても悩みやトラブルは生まれてしまうものです。足をとめてしまいそうなその時こそ、「具体的」に行動することが必要になります。

制裁金26億円!?EUの個人情報保護法にどう対応する?

日本も例外じゃない!5月スタート「GDPR」とは何か前編

制裁金26億円!?EUの個人情報保護法にどう対応する?

2018年5月25日からEUでスタートする「EU一般データ保護規則(GDPR)」は、実は日本の企業にも大きく関係しており、違反すると巨額の制裁金を支払うケースもある。

CSRで社会問題を解決しつつ売上を伸ばす企業がある

CSRの「リアル」な活用法

CSRで社会問題を解決しつつ売上を伸ばす企業がある

CSRは「利益を目的としない寄付やボランティアなどの慈善事業」ではありません。海外ではCSRを巧みに活用し、社会貢献しつつ売上を伸ばしている企業もあります。