Bizコンパス

ライフ

「嫌われ役」でリーダーを支えた頑固な軍師・張昭

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第57回

「嫌われ役」でリーダーを支えた頑固な軍師・張昭

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第56回は孫権の軍師、張昭(ちょうしょう)。頑固な性格で主君に疎まれたといわれる彼の思惑に迫ります。

大崎裕史が選ぶ、2018年上半期の地方良店20軒!

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第104回

大崎裕史が選ぶ、2018年上半期の地方良店20軒!

ラーメン評論家・大崎裕史氏が、東京以外で2018年上半期に食べた名店を20店紹介する。文字数はなんと7000文字オーバー!どれも美味しい店ばかりなのでぜひご一読を!

「エナジードリンク」で疲れは取れるのか?

アンケートから読み解くビジネスの課題第3回

「エナジードリンク」で疲れは取れるのか?

コンビニや自販機で購入できる「エナジードリンク」。医薬品ではなく清涼飲料水のカテゴリに入りますが、実際に疲労回復効果はあるのでしょうか?アンケートから読み解きます。

スキルは身を助ける!中間管理職・榎本武揚の生き様

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第28回

スキルは身を助ける!中間管理職・榎本武揚の生き様

戊辰戦争で最後まで明治新政府軍と戦った幕臣・榎本武揚。敗軍の将ながら多彩なスキルを評価され、明治時代に入ると、敵だった新政府のスカウトを受けて大臣職を歴任する。

革靴は定期的にケアしないと「老け顔」になる

「見た目」でビジネスマンの価値を変える第6回

革靴は定期的にケアしないと「老け顔」になる

革靴や財布など、レザー(皮革)を使ったアイテムは、装いの品格を上げ、ビジネスチャンスに繋がります。今回は、革製品の価値をアップする手入れ方法を紹介します。

西野朗が実践した、短期間で成果を出すマネジメント

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第14回

西野朗が実践した、短期間で成果を出すマネジメント

サッカー日本代表の2018年W杯は、ベスト16敗退で終わった。開幕直前に監督に就任した西野朗は、限られた時間のなかで、どうチームをマネジメントしていったのか。

藤田東湖/西郷どんが心酔したカリスマの非業な死

幕末志士、散り際の美学第6回

藤田東湖/西郷どんが心酔したカリスマの非業な死

NHK大河ドラマ「西郷どん」で描かれるような幕末志士たちの散りざまを紹介する本連載。今回は幕末史に大きなうねりをもたらした水戸学の第一人者、藤田東湖を取り上げる。

大崎裕史が選ぶ、2018年上半期の東京新店ベスト10

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第103回

大崎裕史が選ぶ、2018年上半期の東京新店ベスト10

2018年も上半期終了。全店を食べ尽くしたわけではないが、話題店はほぼ食べている。そこで、私・大崎裕史がオススメする、東京の上半期における新店10軒を選んでみた。

“すべてが口コミで決まる国”UAEの文化とは

海外発!最新の文化・食事情2018UAE・アルアイン

“すべてが口コミで決まる国”UAEの文化とは

「口コミ」が意思決定の重要な要素であり、家族や親戚の間で交わされる口コミは強力だというUAE(アラブ首長国連邦)。それには、アラブの国ならではの歴史が影響している。

スーツはクリーニングに出すべき?出さざるべき?

「見た目」でビジネスマンの価値を変える第5回

スーツはクリーニングに出すべき?出さざるべき?

スーツはクリーニングに出してメンテナンスするのがよくある選択肢ですが、実はクリーニングを使わなくても、自宅でお手入れできてしまうケースもあります。

「うなぎ」を食べ続けるために必要なこととは

経営者が知っておきたいビジネス理論入門第105回

「うなぎ」を食べ続けるために必要なこととは

資源量の低下や流通ルートの不明瞭さによって、危機的な状況に陥っている「うなぎ」。今後もうなぎを食べ続けるためにはどのような対策が求められるのでしょうか。

パートナー選びで成功、公家の中間管理職・岩倉具視

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第27回

パートナー選びで成功、公家の中間管理職・岩倉具視

大河ドラマ「西郷どん」では笑福亭鶴瓶が演じる岩倉具視。公家の復権のため幕府をパートナーとしたものの、やがて薩摩藩をはじめとする新政府軍に鞍替えする。その狙いとは。

山形の隠れご当地ラーメン「鶴岡」の名店5軒

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第102回

山形の隠れご当地ラーメン「鶴岡」の名店5軒

ラーメン消費量日本一といわれる山形で「鶴岡ラーメン」はあまり有名ではない。しかし「久太」や「琴平荘」の活躍や若手の台頭でいい店が増えた。その中から5軒紹介する。

危険タックル問題に見る「指導者のあるべき姿」とは

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第13回

危険タックル問題に見る「指導者のあるべき姿」とは

5月は日大アメフト部の危険タックル問題がマスコミを賑わせたが、この騒動からは、逆説的に「理想的な指導者のあるべき姿」が見えてくる。

吉田松陰/長州志士たちを目覚めさせた29年の生涯

幕末志士、散り際の美学第5回

吉田松陰/長州志士たちを目覚めさせた29年の生涯

幕末志士の散りざまを紹介する本連載。第5回目は吉田松陰です。後に明治維新を成し遂げた多くの志士を育てた松陰は、その散り際もまた彼らしいものでした。