Bizコンパス

ライフ

昭和の雰囲気を残す「町中華」のラーメン5軒

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第125回

昭和の雰囲気を残す「町中華」のラーメン5軒

ラーメンや炒飯や餃子を提供する、安くていろんな料理が食べられる中華料理屋を、飲食業界では「町中華」と呼ぶ。今回は昭和から存続する昔ながらの町中華を5軒紹介する。

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」を生み出したラガーマンの矜持

スポーツ・フロントライン第3回

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」を生み出したラガーマンの矜持

「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」ラグビーワールドカップ2019日本大会の公式キャッチコピーを生み出した、吉谷吾郎氏にキャッチコピーに込められた思いを聞きました。

独特な店が大集合!「秋田県」の個性派ラーメン5軒

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第124回

独特な店が大集合!「秋田県」の個性派ラーメン5軒

秋田県は、人口に対するラーメン店の割合が全国4位と高く、しかも個性的な店が多い。ラーメン評論家の大崎裕史氏が、その中でも特に個性的な店を紹介する。

周囲を巻き込みラクして勝つ、中間管理職・板垣退助の効率的仕事術

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第38回

周囲を巻き込みラクして勝つ、中間管理職・板垣退助の効率的仕事術

明治時代に自由民権運動の主導者として活躍した板垣退助は、戊辰戦争では土佐藩の中間管理職として戦場に立ち、連戦連勝を重ねていた。勝利の裏には何があったのだろうか。

渋沢栄一が新一万円札に描かれる意味とは

なぜ新札に選ばれたのか? 日本を変えた三人の肖像第1回

渋沢栄一が新一万円札に描かれる意味とは

渋沢栄一は500もの企業設立に携わった、日本を代表する実業家の一人であるが、一方でお金を独占することを嫌い、財閥を築かなかったことでも知られる。

地味ながら生涯現役!呉を支え続けた名脇役・韓当

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第67回

地味ながら生涯現役!呉を支え続けた名脇役・韓当

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第67回の登場人物は韓当(かんとう)。孫子三代に仕えた宿老ならではの決断とは?

「褒める指導」を貫いた小出義雄監督の哲学

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第34回

「褒める指導」を貫いた小出義雄監督の哲学

4月に亡くなったマラソンの名指導者・小出義雄監督は、叱咤する指導が当たり前だった時代に褒める指導を実践していた。メダリストを育てた“褒める力”とは何だったのか。

2019年にオープンしたばかり!ラーメン新店ベスト12(セカンドブランド編)

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第123回

2019年にオープンしたばかり!ラーメン新店ベスト12(セカンドブランド編)

2019年に入って4月までにオープンした店の数は176軒。今回はその中から、人気店の支店や、既存店のセカンドブランドなど、ラーメン業界を騒がせている新店を紹介しよう。

川内優輝に学ぶ、練習量を減らしてもスキルアップする方法

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第33回

川内優輝に学ぶ、練習量を減らしてもスキルアップする方法

「史上最強の市民ランナー」こと川内優輝は、大学までは注目を集める選手ではなかった。それにも関わらず、どうやってプロ選手に負けないスキルを身につけていったのか。

甲子園の「サイン盗み」騒動に見る“マナーを守ること”の価値

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第32回

甲子園の「サイン盗み」騒動に見る“マナーを守ること”の価値

春のセンバツでは「サイン盗み」を巡る騒動が話題となった。なぜこの騒動は起こったのか? こうしたトラブルを防ぐためにはどうすれば良いのか?取材結果を元に提言する。

城よりも庶民を優先した心優しき中間管理職・保科正之

日本を支えた“中間管理職”の苦悩第37回

城よりも庶民を優先した心優しき中間管理職・保科正之

江戸幕府2代将軍・秀忠の非嫡出子だった保科正之。兄の3代将軍・家光に見出されて会津藩主と4代将軍・家綱の後見役となり、特に非常事態への対応に手腕を発揮した。

2019年にオープンしたばかりのラーメン新店ベスト9

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第122回

2019年にオープンしたばかりのラーメン新店ベスト9

まもなく令和元年を迎えるが、この平成31年(2019年1月~4月)の間にも、都内では多くのラーメン店がオープンした。今回はその中から厳選した9軒を紹介しよう。

オリンピックがプロパガンダの場に。1936年ベルリン五輪と幻の東京五輪

オリンピックと日本人第3回

オリンピックがプロパガンダの場に。1936年ベルリン五輪と幻の東京五輪

1936年のベルリン五輪は、ナチスドイツ統治のもと、政治的な色合いが強い大会となった。東京五輪の開催が決定していた日本選手団は奮闘。女性初の金メダル獲得に成功する。

劉備も諸葛亮も司馬懿も絶賛!主君を変えても愛された快男子・黄権

上永哲矢の「三国志、歴史を変えた決断」第66回

劉備も諸葛亮も司馬懿も絶賛!主君を変えても愛された快男子・黄権

「三国志」で活躍する英雄たちの「決断の瞬間」を紹介する連載。第66回の登場人物は黄権(こうけん)。蜀の忠臣ながら二度も主君を代えざるを得なかった、その決断とは?

横浜家系の本流「吉村家」と直系3軒のラーメン店を巡る

ラーメン評論家・大崎裕史の「ラーメン最前線」第121回

横浜家系の本流「吉村家」と直系3軒のラーメン店を巡る

「横浜家系ラーメン」を名乗るラーメン店は多いが、総本山「吉村家」の直系の店は少ない。今回はラーメン評論家の大崎裕史が、吉村家とその直系の店を食べ比べてみた。