Bizコンパス

上司・部下

等身大の自分を受け入れ、自己評価を高める3つの習慣

今すぐできる組織の改善第80回

等身大の自分を受け入れ、自己評価を高める3つの習慣

「自信がないから挑戦できない、落ち込みやすい」という悩みは、若手社員が抱えがちな問題です。等身大の自分を受け入れ、自己評価を高める3つの習慣を紹介します。

「愛のムチ」に効果はあるのか? 高校野球の監督、プロのコーチに聞く

小山宣宏の「勝利の裏にあるもの」第29回

「愛のムチ」に効果はあるのか? 高校野球の監督、プロのコーチに聞く

昭和の時代では「愛のムチ」と称した暴力的な指導方法が存在したが、効果はあったのだろうか?高校野球の監督、プロのコーチに、当時と今の指導方法の違いを聞いてみた。

「会社の数字」を部下に堂々と伝えるのはやめなさい

マネージャーの極意第1回

「会社の数字」を部下に堂々と伝えるのはやめなさい

多くの管理職は「会社から与えられた目標」をゴールとし、数値目標をチームのメンバーに伝えていることでしょう。しかしこれは、あまり効果がないかもしれません。

部下の好奇心を組織運営に活かす、リーダーの振る舞い方とは

海外論文に学ぶビジネスのコツ第10回

部下の好奇心を組織運営に活かす、リーダーの振る舞い方とは

好奇心が企業の業績に大きな役割を果たすことが、最近の研究で明らかになっています。好奇心の効果と、それを活かすために効果的なリーダーの振る舞い方を紹介します。

リーダーの「敬意」の使い方で組織や部下が変わる

海外論文に学ぶビジネスのコツ第9回

リーダーの「敬意」の使い方で組織や部下が変わる

組織内に敬意が存在していると、従業員が安心してモチベーション高く働くことができます。リーダーの組織運営を助ける敬意の使いこなし方について紹介します。

利益が増えて残業が減る!?「イクボス」で働き方改革する方法

人生は「仕事だけ」ではもったいない

利益が増えて残業が減る!?「イクボス」で働き方改革する方法

いくら働き方改革を進めようとしても、それに理解を示さない上司がいるだけで、導入は遅れてしまいます。今回は「イクボス」で働き方改革を進める方法を紹介します。

リーダー必見、部下が好感を抱く「質問」とは

海外論文に学ぶビジネスのコツ第8回

リーダー必見、部下が好感を抱く「質問」とは

リーダーにとって「質問する」ことは部下との関係を築く重要な要素です。リーダーが武器として身に着けるべき質問力を、行動科学分野の研究論文を基に紹介します。

イライラしたら「期待を変える」と楽になる

今すぐできる組織の改善第71回

イライラしたら「期待を変える」と楽になる

仕事でも、プライベートでも、ついイライラしてしまう時があります。こうしたイライラを解放するには、「期待を変える」という習慣が効果的です。

部下を活かしたいなら「4つのタイプ」に分類すべし

海外論文に学ぶビジネスのコツ第7回

部下を活かしたいなら「4つのタイプ」に分類すべし

脳科学に基づき人の性格を「パイオニア」「インテグレーター」「ドライバー」「ガーディアン」の4つに分け、その多様性を引き出すチームマネジメント方法を紹介します。

アマゾンが採用の際に重視する3つのポイントとは

Amazonの「中の人」が語る第2回

アマゾンが採用の際に重視する3つのポイントとは

自分より優秀な人を採用することを恐れてはいけない。アマゾン創始者のジェフ・ベゾス氏はこのように語っています。同社は採用に関し、どのような基準を設けているのでしょうか。

「予算はないが、絶対にセキュリティ事故を防いでくれよ!」

経営層にセキュリティの価値をわかってもらう方法第2回

「予算はないが、絶対にセキュリティ事故を防いでくれよ!」

企業のセキュリティ対策は、予算との戦いでもあります。今回は「予算はないが、絶対にセキュリティ事故を防いでくれよ!」と経営陣に言われた際の対策を取り上げます。

自ら動かない部下を「書く習慣」で変える

今すぐできる組織の改善第68回

自ら動かない部下を「書く習慣」で変える

自分で考えない、自発的に動かない部下は、どう教えれば自発的に動く習慣を身につけられるのでしょうか。そのためには「書く習慣」が重要になります。

どんな環境でも結果を残すリーダーシップとは?

安部徹也のMBAエッセンス講座第9回

どんな環境でも結果を残すリーダーシップとは?

効率的な組織を作り、適切な人材を配置しても、結果を出すためにはリーダーの存在が重要になってきます。今回は、結果を残す優れたリーダーになるための方法を紹介します。

今の若手は「やる気はあるけど2年目に辞めたがる」

アンケートから読み解くビジネスの課題第2回

今の若手は「やる気はあるけど2年目に辞めたがる」

今時の新入社員は、仕事に対するやる気は十分に持っているものの、あることが理由で2年目以降に「辞めたい」と思ってしまう傾向にあるようです。

生きている会社は「課長」がひと味ちがう

生きている/死んでいる会社の違いとは後編

生きている会社は「課長」がひと味ちがう

ビジネス書「生きている会社、死んでいる会社」では、生きている会社のキーパーソンは課長と述べられています。なぜ部長でも係長でもなく、課長が鍵なのでしょうか?