NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

業務効率化

クラウド化といったIT活用による、業務効率化・生産性向上

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

DXを加速させるITシステムの運用改革第41回

インフラ試験の継続実行は、本当に必要なのか?

ソフトウェアと比較すると変更が少ないインフラ試験においても「試験の継続実行」は必要なのでしょうか。筆者の経験をもとに解説します。

3

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第38回

在宅勤務を加速するカギはどこにある?読者アンケートまとめ

在宅勤務をより推進し、効率化するための次の一手とはなにか?Bizコンパス編集部が読者に対して実施したアンケート調査結果をもとに、有識者が考察します。

11

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

これからの時代に求められるデータ利活用第10回

AIが営業のネクストアクションを示唆! 〇〇〇で営業の生産性向上を目指す

NTT Comでは、営業活動の高度化を目指し、あらゆるデータの活用やセールスイネーブルメントによる「セールスDX」を進めています。それらの具体的な取り組みについて聞きます。

10

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

DXを加速させるITシステムの運用改革第40回

エンジニアを、繰り返し作業から解放しよう!インフラ試験の自動化への挑戦

情報システム部門が、ITインフラを進化させ、業務プロセスを改善し、さらなる付加価値を提供し続けるためには「自動化」が重要になります。今回は自動化のメリットを紹介します。

6

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第65回

専門家が解説する「SaaSではじめるコーポレート部門の業務改革」

NTT Comのコミュニケーションプラットフォーム「Fesaas」において、「業務SaaS」と言われるクラウドサービスをテーマに、有識者2名が登壇するオンラインセミナーが開催されました。

5

読者の知りたいことNo.1「業務効率化」はどう進めるべきか?

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第36回

読者の知りたいことNo.1「業務効率化」はどう進めるべきか?

働き方改革の核ともいえる業務効率化を進めるためには、どうすれば良いのでしょうか?Bizコンパスで注目度の高かった記事から、業務効率化を推進する方法を紹介します。

13

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

いま求められる“顧客接点の強化”第34回

受付業務を自動でこなす、“ヒトに近い”チャットボットが登場

コンタクトセンターに導入されているチャットボット(AI自動応答)は進化し続け、人間のオペレーターに近い感覚での応対も可能になっています。具体的にどう進化しているのでしょうか。

14

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

INDUSTRY REVIEW~業界有識者が「DXの現在と未来」を語る第10回

三菱ケミカルHD浦本CDO「製造業DXは、現場改善と全体変革の“両利き”で加速する」

DXのトップランナーである三菱ケミカルホールディングスは、どのような取り組みを進めているのでしょうか?同社CDO浦本直彦氏とNTT Comエバンジェリストが語り合います。

23

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

DXを加速させるITシステムの運用改革第39回

増え続けるデータは“Wasabi漬け”で解決!オブジェクトストレージ活用術

テクノロジーの進化に合わせ、データも増加し続けています。ファイルサーバーのコストの問題に困ったら、オブジェクトストレージによる “Wasabi漬け”という解決法があるようです。

9

「1LDK で2人暮らし」はテレワークに不向き?働き方の質は“診断”で解決

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある?第34回

「1LDK で2人暮らし」はテレワークに不向き?働き方の質は“診断”で解決

PHONE APPLIでは、理想的なテレワークが実践できているかを診断するサ―ビスをスタート。同社はどのようにしてニューノーマル時代の働き方の質を診断しているのでしょうか?

9

生産性向上とは?日本の企業が生産性を向上させるためのポイント

働き方改革&生産性向上のカギはどこにある

生産性向上とは?日本の企業が生産性を向上させるためのポイント

「生産性」とは、企業の経営資源(投資)に対する成果を表す言葉で、要は「効率」のことです。本記事では生産性を向上させるためのポイントを説明します。

2

テレワーク環境を2020年の“急場しのぎ”のまま放置してはいけない

テレワーク導入の“壁”を解決第10回

テレワーク環境を2020年の“急場しのぎ”のまま放置してはいけない

“急場しのぎ”のテレワーク環境では、ニューノーマル時代に適した働き方はできません。自社導入の経験を通じた打開策を、リモートワーク推進のキーマンが解説します。

15

テレワーク化でビジネススピードを加速させる!ServiceNow活用術

DXを加速させるITシステムの運用改革第36回

テレワーク化でビジネススピードを加速させる!ServiceNow活用術

コロナ禍が続く中、ニューノーマル時代の働き方をアップデートするには、急場しのぎの初動対応では不十分です。さらに一歩、二歩踏み込んだ推進のポイントを紹介します。

2

「今の会社で働き続けたい」、日本は世界より低く–ガートナーのCIO提言

IT&ビジネス最新ニュース第116回

「今の会社で働き続けたい」、日本は世界より低く–ガートナーのCIO提言

ガートナーは、日本企業の従業員は「今の会社で働き続けたい」という意思を持つ人の割合が世界平均より少ないという調査結果を明らかにした。

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第20回

働き方に新しい価値を生み出す「デジタルワーカー」とは

RPAは、これまで定型作業を自動化することが主な目的でした。しかし昨今では、AIを用いて幅広い業務の自動化も可能になっています。それは、働き方にどんな価値をもたらすのでしょう。

2