NTTコミュニケーションズ

Bizコンパス

イノベーション・共創

ステークホルダーと協働しながら価値を創りイノベーションを創出

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第31回

デザイン思考は、イノベーションを生みだす魔法の杖ではない

デザイン思考は、どのように導入するのが正解なのでしょうか。今回は、実際に成果を挙げている企業の事例を交えて、本来あるべきデザイン思考について考えてみます。

18

企業のDXを動かす“キーワード”「スケールフリーネットワーク」が、いま日本の大企業に効く理由

共創によるビジネスイノベーション第9回

企業のDXを動かす“キーワード”「スケールフリーネットワーク」が、いま日本の大企業に効く理由

独シーメンス社から東芝へ移籍した島田太郎氏は、スケールフリーネットワークの概念を東芝に持ち込み、DXを推進しています。大企業の“空気の変え方”について同氏に聞きました。

10

未来の食を守り抜く食産業のDX、拡大中!ワールドピーコム×NTT Comから広がる共創の輪

共創によるビジネスイノベーション第9回

未来の食を守り抜く食産業のDX、拡大中!ワールドピーコム×NTT Comから広がる共創の輪

コロナ禍で最も大きな打撃を受けた業界の一つ、外食産業。その困難な状況を共創による「食産業のDX」によって解決しようとしているキーパーソン3名が語ります。

9

なぜ日本企業は先陣を切らないのか。スマートシティ開発3つの課題と最大の壁

IT&ビジネスコラム第11回

なぜ日本企業は先陣を切らないのか。スマートシティ開発3つの課題と最大の壁

スマートシティ──これからの社会課題を語る上での最重要ワードであり、ビジネスにおける計り知れない可能性を秘めた“新大陸”だ。しかし、あなたはこの言葉の実態をどこまで理解できているだろうか……

6

【投資即決】待ってました、と千葉功太郎が投資したディープテックの巨大な可能性

IT&ビジネスコラム第10回

【投資即決】待ってました、と千葉功太郎が投資したディープテックの巨大な可能性

2020年4月に、風況データ提供事業においてNTTコミュニケーションズと提携した京大発のテクノロジーベンチャーのメトロウェザー。 超高性能「ドップラーライダー」のテクノロジーのプレゼンを受けた瞬間……

3

気象学最後の謎が、巨大なビジネスチャンスに。超高精度に風を測る京大発テックベンチャーの躍進

IT&ビジネスコラム第9回

気象学最後の謎が、巨大なビジネスチャンスに。超高精度に風を測る京大発テックベンチャーの躍進

周囲約10kmの風の動きを、簡便にスキャニングできる技術。 そんなテクノロジー、世にいう「DeepTech」を開発できたとしたら、あなたはどんなビジネスが思い浮かぶだろうか…

8

なぜ日本の“強い現場力”が、DXの足かせになるのか?『Why Digital Matters? ー“なぜ”デジタルなのか』著書・村田聡一郎さんインタビュー

共創によるビジネスイノベーション第7回

なぜ日本の“強い現場力”が、DXの足かせになるのか?『Why Digital Matters? ー“なぜ”デジタルなのか』著書・村田聡一郎さんインタビュー

日本が世界の経済成長から取り残されている背景には“優秀すぎる現場”があるからかもしれません。SAPジャパンの村田聡一郎氏が、その理由と解決策を語ります。

27

経済効率化を目指さない生き方へ。スマートシティに宿る「人間の可能性」【The UPDATE特別版ダイジェスト】

IT&ビジネスコラム第8回

経済効率化を目指さない生き方へ。スマートシティに宿る「人間の可能性」【The UPDATE特別版ダイジェスト】

NewsPicksがお届けする知の格闘技『The UPDATE』。今回のテーマは「スマートシティ化で我々の生活はどう変わるのか?」。スマートシティの未来を担うテクノロジーや都市開発に詳しい……

4

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第66回

企業の価値を高める「SX」とは何か?有識者が解説

社会の急激な変化に対し、企業が新たな価値を創出し続けることは簡単ではありませんが、課題解決の鍵は「SX」にあるかもしれません。有識者3名が解説します。

22

デザイン思考だけじゃ「企業変革」はできないのか

IT&ビジネスコラム第7回

デザイン思考だけじゃ「企業変革」はできないのか

問題解決のアプローチとして、熱い視線を集め続けている「デザイン思考」。近年は企業経営にもデザイン思考を取り入れる動きが活発化しており、ビジネスを加速させる力として……

14

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

シリコンバレー通信第37回

咳の音でコロナ感染が分かるアプリが登場

2021年度最初のシリコンバレー通信では、咳の音で新型コロナウイルスの感染を判定するアプリなど、3月から4月にかけて話を聞いたスタートアップを、テーマ別に紹介します。

3

【大盛況】新規事業に挑むカルチャーをどう育むか

IT&ビジネスコラム第5回

【大盛況】新規事業に挑むカルチャーをどう育むか

新規事業の創出の重要性が加速度的に増している。コロナ禍を機に、日本企業を取り巻く変化の潮目が露わになってきた。 変化に対応するには事業創出が何よりも必要となる。しかし…

4

セコムがオープンイノベーションで開発、5GとAIによる公共空間の警備システムとは

新しいテクノロジーの波第4回

セコムがオープンイノベーションで開発、5GとAIによる公共空間の警備システムとは

セコムが開発中の公共空間の警備システムは、開発手法としてオープンイノベーションが活用され、テクノロジーとしては5GとAIが採用されています。どのように生まれたのか、担当者が語ります。

19

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

ニューノーマル時代にビジネスはどう変わるのか第25回

岸博幸氏が語る「スマートシティは“課題先進国”日本を変革する処方箋になる」

元経済産業省(通産省)官僚で現在もさまざまな政策提言を行っている岸博幸氏が、スマートシティを軸に日本のデジタル化やコロナ禍以降の経済・社会の変化について直言する。

84

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

デジタルトランスフォーメーションの実現へ向けて第63回

味の素社のDX戦略「規模を追う経営から、DXで社会を変革するパーパス経営へ」

規模拡大路線を変更し社会のデジタル変容をリードするパーパス経営へ生まれ変わると宣言した味の素グループのDX戦略を「Japan CDO of The Year 2020」受賞者の福士博司氏に聞きました。

27