Bizコンパス

顧客接点

様々なチャネル・方法で実現する、顧客接点強化の最前線

一流の営業マンは、見込み客を2パターンに分類する

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第4回

一流の営業マンは、見込み客を2パターンに分類する

一流の営業マンは、「ぐいぐい押すべき客」と、「そこまで押す必要はない」客の2種類に見分けて、対応を変えています。このアプローチの違いはどこにあるのでしょうか?

自社のSEOを成功させる心理テクニック

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第9回

自社のSEOを成功させる心理テクニック

もはやウェブサイト運営では欠かせないSEO(検索エンジン最適化)。このSEOに心理テクニックに則ったキーワードを織り込むことで、検索順位を上昇させることができるのです。

「勘定奉行」のOBCが推進する電話サポート改革

コール受付の実態を知りたいという長年の課題を解決

「勘定奉行」のOBCが推進する電話サポート改革

サポートセンターの運営においては、話し中のコール数などを把握することが不可欠。OBCではどのようにしてそれらを把握し、センターの体制整備につなげていったのでしょうか。

一流の営業マンは「腹の探り合い」をしない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第3回

一流の営業マンは「腹の探り合い」をしない

客のニーズを知るには「腹の探り合い」と、勘違いしている営業マンが多くいます。ところが一流営業マンは「探り」ではなく、「合意」で客のニーズを引き出しているのです。

その発言はウソ?本当?言葉の裏を読むテクニック

弁護士に学ぶ、社内トラブルの対処法

その発言はウソ?本当?言葉の裏を読むテクニック

社内でセクハラ等の問題が生じたとき誰の発言を信用すればいいのでしょうか。見極めを誤るとビジネスリーダーの責任問題となります。ビジネスで参考にすべき弁護士の証拠分析術とは。

人間関係を悪化させず、議論に勝つための7つの手法

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第78回

人間関係を悪化させず、議論に勝つための7つの手法

議論でスマートに自分の意見を通したい、そんな人は必読です。どうすれば人間関係を保ちながら議論に勝つことができるか、7つの戦術を科学者が説明します。

相手の本音を聞き出す3つの心理テクニック

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第7回

相手の本音を聞き出す3つの心理テクニック

顧客や上司、部下の本音は、聞き出そうとしてもなかなか聞けないものです。そのようなとき、相手の本音を聞き出す心理テクニックについて紹介します。

一流の営業マンは顧客の要望を鵜呑みにしない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第2回

一流の営業マンは顧客の要望を鵜呑みにしない

顧客の要望を鵜呑みにしては、一流の営業マンと言えません。要望の裏にある原因を聞き出し、解決策を提案するのが一流です。一流ならではのヒアリング術を紹介します。

「AIDMA」はもう古い!顧客の購買を促進する心理術

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第5回

「AIDMA」はもう古い!顧客の購買を促進する心理術

「AIDMA理論」を今も信じている人もいるようですが、約100年前の理論なので通用しない可能性が高いです。今回は現代に通じる、顧客の購買を促進する心理術を紹介します。

一流の営業マンは最初の一歩を軽視しない

営業のプロが教える、一流と二流の差とは第1回

一流の営業マンは最初の一歩を軽視しない

一流の営業マンは、営業のセールス・ドミノ法則を理解して活用しています。だからこそ、成績が悪い営業マンのように、取り返しのつかない失敗をしないのです。

「やりたくない仕事」をうまく断る方法

今日から使える!3つの改革で変える効率的仕事術第20回

「やりたくない仕事」をうまく断る方法

「やりたくない仕事」を頼まれると断るのにも一苦労です。そのためにどうすればいいかも重要ですが、「やりたくない仕事は頼まれない状況」を作るのも重要です。

相手の話を遮る人はコミュニケーション能力が低い!

海外発!デキるビジネスマンになるためのコラム第74回

相手の話を遮る人はコミュニケーション能力が低い!

コミュニケーション=会話の良し悪しとなる分かれ目は、日常の何気ない会話に潜むクセかもしれません。会話においての悪いクセは相手の話を遮ることです。

営業マン必見!相手を逃げ道に誘う心理テクニック

心理士が教える、ビジネスをうまく運ぶためのテクニック第4回

営業マン必見!相手を逃げ道に誘う心理テクニック

顧客からの断りに対して、顧客の主張(逃げ道)を受け止め、逆に相手をそこに誘い込み、商談を成立させる心理テクニック「イエス・アンド法」についてご説明します。

成功したければ、100%の企画書を作ってはいけない

ポイントを押さえて資料を作る方法

成功したければ、100%の企画書を作ってはいけない

企画書を作成する際は、完璧なものを仕上げようとするのではなく、あえて8割程度の完成度で、余地を残しておくことが重要です。本記事ではそのコツを紹介します。

「デジタルマーケティングは万能」の誤解を暴く!

売上拡大!デジタルマーケティング入門導入編

「デジタルマーケティングは万能」の誤解を暴く!

デジタルマーケティングを成功させる秘訣は多々ありますが、まずはベンダーのセールストークを鵜呑みにしないこと。そこで、成功と失敗を分けるポイントを解説していきます。